カテゴリー「【西山動物園】」の29件の記事

2015/08/06

祝!!! 西山ZOOに赤ちゃん(×3)誕生!

おめでたいニュースが続きます!

レッサーパンダに3頭の赤ちゃんが誕生しました (西山動物園HP  動物園ニュース)

たいよう&ミルキーのペアから1匹(♂)、ヤンヤン&キラリのペアから2匹(♂・♀)の赤ちゃんが生まれました!


よくやった!たいよう。 おめでとう!

Dsc_01631

(写真がアップできていませんが、今年のGWに鯖江までたいように会いに行ってました。その時の写真です。)

今年の2月に1才で故郷の池田動物園から西山動物園に移動。 先日、2才の誕生日を迎えたと思ったら、なんとまぁ、もうお父さんに。
たいようはベビー時代から成長を見てきただけに感慨もひとしお(^-^) うれしいです。


さすがミンファの子!ミルキー。 お母さんに続いておめでとう!

Dsc_052221

ミルキーもたいようと同級生。 超若いママさんです。
偉大な母ミンファの血はミルキーにもちゃんと受け継がれているようで、今回が初めての出産ですが、この猛暑の中、子育てを一生懸命がんばってくれているようです(^-^)
今回のベビーは鯖江での8世代目とのこと。命のリレーが続きます。

・・・それにしても、ついこの前まで君たちは"仔パンダ"じゃなかったでしたっけ? ^^;
考えられ得る最速スピードでお父さん・お母さんになっちゃいました。


GWのこの日はバックヤードの非公開放飼場にいたキラリ。 今回も双子の誕生、おめでとう!

Dsc_051221

西山ZOOの非公開放飼場は、非公開とはいいながらも遠目に覗くことができます。 やや換毛中な感じでしたが、元気そうな姿を見せてくれました。
ヤンヤンとは相性抜群の仲良しペアです。


しばらく会えていないヤンヤン。(この写真は一昨年のものです) おめでとう!

Dsc_02772

それにしてもヤンヤンはお父さんのシュンシュンに本当にそっくり。ついでに息子のライトにもよく似てる(笑)
今年のベビーもこの系統の顔かな~?と今から楽しみにしています。


動物園HPの写真を見ると、たいよう&ミルキーの仔が"シロ"、ヤンヤン&キラリの仔が"クロ"ですね。
3頭とも順調に成育しているとのこと、どうかこのまますくすく元気に育ってくれますように(^-^)
秋に悪ガキトリオが見られることを楽しみにしましょう。

現在、大規模な拡張工事が行われている西山ZOO。
来年春オープン予定の新レッサーパンダ舎がますます楽しく、賑やかになりそうです。

<追記>2015.9.5
大変、残念なお知らせです。
たいようとミルキーの赤ちゃんが9月3日に亡くなったそうです。(西山動物園HPを参照ください)
赤ちゃん誕生の発表時にはミルキーの仔はオスとされていましたが、今回の発表を見る限りはメスだったようですね。
ミルキーが直前まで子育てがんばっていたようですが・・・本当に無念です。
ヤンヤンとキラリの双子赤ちゃんはこのまま元気に育ってくれるよう願ってやみません。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2015/06/06

京都のムータン、鯖江へ

京都市動物園のムータンが鯖江市西山動物園に移動することになりました!

レッサーパンダの移動について (京都市動物園HP)

2014年生まれの同級生たちの中では、ムータンが最初の移動です(ですよね?)


ムータン  (2014年12月撮影)

Dsc_082321
2014年6月19日 京都市動物園生まれ  母:ジャスミン 父:ウーロン 


母ジャスミンの体調不良のため、生後1カ月で人工哺育となったムータンですが、今年に入ってからは母や長老・茶々と同居するなどの"社会勉強"を重ねてきました。

ムータンのお勉強?? (京都市動物園HP)

西山ZOOでは誰がパートナーになるのか分かりませんが(ミルキー?ひかり?)、きっとパートナー含めて西山の先輩パンダたちと楽しく仲良く暮らしてくれるはずです。

中国出身のジャスミンとウーロンの間に生まれたムータン。
今後、日本国内で安定的にレッサーパンダの種の保存を図っていくためには、遺伝的多様性の確保が求められており、その意味において、国内の個体と血縁関係のないムータンはとても貴重な存在だといえます。
1才の誕生日前という早い時期での移動、そして移動先が繁殖実績豊富な西山ZOOというところも、動物園関係者の大きな期待の表れといえるかもしれません。

大規模なリニューアル工事が予定されている西山ZOOですが、ムータンの移動でますます楽しみが増えました(^-^)

ムータンの鯖江での新しいパン生にどうか幸あれ。


<追記>2015.6.8
西山動物園Facebookによると、ムータンはしばらくは非公開施設で飼育されるようです。
来シーズン以降に繁殖を目指すとのことです(ペアの相手は未定とのこと)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015/02/26

ソウソウ、埼玉へ!

おめでたい話が続きます。

西山動物園のソウソウが、埼玉県こども動物自然公園に婿入りすることになりました。

西山動物園HP

西山動物園Facebook

ソウソウ、おめでとう!

(2013年5月撮影)Dsc_020021
(2014年5月撮影)Dsc_006631

ソウソウ
2012年7月8日西山動物園生まれ 
母はミンファ(王子動物園に長期出張中)、父はチャタ(2014年12月天国へ)。

ミンファに育てられていたソウソウですが、ミンファの愛が深すぎて尻尾を舐めすぎてしまったようで、尻尾の一部の毛が抜けて傷ができてしまい、生後2カ月を過ぎた頃に人工哺育に切り替えられました。
レッサーパンダの繁殖実績が豊富な西山動物園ですが、人工哺育を行ったのは1993年以来、19年ぶり2度目だったようです。


ソウソウの特徴は顔の白さ。 ミンファ&チャタの子の中では、断トツで白いと思います。
毛色が白いというよりは、白い毛の部分の面積が大きいといった方がいいかもしれません。
顔の毛の配色の感じは、ミンファにもチャタにも似てないので、不思議だなぁと思います。

ビジュアル的には理知的でクールな印象のソウソウですが、実はとても人懐っこくてフレンドリーな性格のようです。
キーパーさんにもよく遊んでもらっていました。

(2013年11月撮影)Dsc_046821

ソウソウは、埼玉県こども動物自然公園ではハナビとペアを組むものと思われます。
関東のレサパンファンの方々からはハナビに早くお婿さんを!という声がよく聞かれていましたので、これでひと安心(?)ですね。

ソウソウ&ハナビのペアって、血統的には夢見ヶ崎動物公園のファファ&アンのペアとよく似ています。
ソウソウとファファは兄弟で、ともにミンミファ・チャタの子。
ハナビとアンは姉妹で、ともにナツ・ミンミンの子。
ファファ&アンは相性抜群で、すでにカリン、ギンガというかわいい子どもが生まれていますので、お兄さん・お姉さんカップルにあやかって、ぜひソウソウ&ハナビも仲良く幸せに暮らしてほしいです(^-^)

埼玉への出発は3月2日の予定。 それまで西山動物園のFacebookではソウソウの思い出の写真を掲載するようですので、要チェック!です。


<追記>2015.2.27
「ソウソウ」婿入り 埼玉へ (読売新聞)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2015/02/12

たいよう、西山動物園へ!

池田動物園のたいようが2月13日に西山動物園に婿入りすることになりました!

西山動物園Facebook

いや~、めでたい、めでたい(^-^)
ペアのお相手はミルキー。 2013年生まれの同学年カップルの誕生です。

西山ZOOには2月13日の夕方に着いて、翌2月14日から早速公開(!) これは「西山方式」ですね。
一昨年、姫路セントラルパークからキラリを迎えたときも移動日に公開されていました(笑)

西山ZOOが他園からパンダを迎えるのは、Facebookにもあるとおりキラリ以来ですが、オスのパンダを迎えるのは2004年6月にひらかたパークからシュンシュンが移動してきて以来、実に11年ぶりのようです。

関係者の期待を一身に受けて、たいようは鯖江に旅立ちます。


写真は先週末、池田ZOOのリンゴタイムでのたいようです。

Dsc_056021

パンダにもニンゲンにもフレンドリーなたいよう。 
ミルキーやキーパーさんともすぐに打ち解けてくれて、きっと西山ZOOでも人気者になってくれるはずです。 
婿入り、おめでとう!
(池田ZOOでのたいようの思い出はまた改めて振り返りたいと思います)

<追記>2015.2.13
たいよう、無事に西山動物園に着いたようです(^-^)  鯖江の皆さん、どうかよろしくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/02/05

西山のララ、安らかに

西山動物園のララが2月2日の朝に亡くなったそうです。

西山動物園HP

西山動物園Facebook

昨年12月に亡くなったふたつ下の弟チャタの後を追うように天国へ旅立ちました。

ララは2000年西山動物園生まれ。 父はタカシ、母はチャチャ。
現在ズーラシアにいるコウセイはララの双子の兄です。
生まれてから14年半を西山ZOOで過ごし、ヒサシとの間にキララ(♀)、シュンシュンとの間にシュララ(♀)、ヤンヤン(♂)、シンシン(♂)の4匹の子どもを残してくれました。

2012年9月、初めて西山ZOOを訪問した際に屋外放飼場に出ていたのがララでした。
長年連れ添ったシュンシュンと一緒に外に出ていて、上品そうなかわいい姿を見せてくれました。
その後は長らく非公開の飼育舎で暮らしていために近くで会うことはできませんでしたが、いつも遠目には元気な姿を見せてくれていました。(西山ZOOの非公開放飼場は遠くから覗くことができます)

大規模な拡張工事を控えている西山動物園ですが、それを待たずに、チャタに続いてララまで・・・残念です。

色白の美パンダさんだったララ (2012年9月撮影)

Dsc0066021

子どもたちの中では、現在アドベンチャーワールドで暮らすシンシンがビジュアル的には一番ララの血を引いている気がします。

ララ、おつかれさまでした。 どうか安らかに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/12/20

チャタ、ありがとう。

西山動物園のチャタが12月18日の朝に亡くなったそうです。

西山動物園HP

西山動物園Facebook

レッサーパンダ「チャタ」、天国へ 西山動物園(朝日新聞DIGITAL)

新聞記事には「高齢による衰弱死とみられる」と書かれていますが、まだ12才・・・
12月17・18日といえば日本列島が寒波・大雪に見舞われた日。
寒さには強いレッサーパンダですが、やはり高齢になると体温の調節機能が低下するようなので、急な寒さに体調を崩してしまったのかもしれません。

チャタは2002年西山動物園生まれ。父はタカシ、母はチャチャ。
ペアを組んだミンファとは抜群の相性で、
2010年 ファファ(♂・現:夢見ヶ崎動物公園)、ミンミン(♀・現:とくしま動物園)
2011年 チャーミン(♂・現:旭山動物園)
2012年 ソウソウ(♂)
2013年 ミルキー(♀)
の5匹の子どもを残してくれました。

ここ最近は展示スペースの関係で非公開になっていたチャタでしたが、計画されている施設拡張の後はまた元気な姿を見られることを楽しみにしてました。本当に残念です。

(2013年2月、西山動物園にて)

Chata

これからは天国から、ミンファのこと、子どもたち・孫たちのことを見守ってください。
本当にありがとう。 どうか安らかに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/12/02

西山動物園拡張計画

マニアの方なら既にチェックなされているかもしれませんが、西山動物園の新レッサーパンダ舎の基本計画・基本設計が、11月19日の鯖江市の定例記者会見の場で発表されています。

こちら(定例記者会見資料・PDFファイル(サイズ大)です)をご覧ください。

福井大学との連携により、アンケートや市民ワークショップ、茶臼山動物園等の他園の視察を経て、ついに計画がまとまりました!

資料の3ページ目に注目です。
どうですか、これ。 見れば見るほどニヤニヤが止まりません(笑)

西山動物園に拡張計画があることはかなり前から伺っていたのですが、予想のはるか上をいく、レッサーパンダにとってもニンゲンにとっても素晴らしい施設が誕生しそうです。

西山動物園には現在、9匹のレッサーパンダが暮らしていますが、スペースの関係から現在の展示はミルキー、ライト、ひかり、ソウソウの若パンダ4匹だけと、何とももったいなく感じられる状況が続いていました。
実は非展示のバックヤード組も遠目には覗けたりはするんですが、このたびの拡張により、屋外運動場が3つ、屋内運動場が2つも増設されるようなので、完成後はフルメンバーに間近で会えるんじゃないかと思われます。

写真は西山動物園で暮らすかわいい面々の紹介ボードです。

(現在の展示組↓)

Dsc_055021
(現在のバックヤード組↓)

Dsc_066121
あ~、完成が待ち遠しい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/05/28

道の駅とレッサーパンダ

最近の西山公園の話題といえば、これ。 
道の駅「西山公園」が4月にオープンしました!

Dsc_05181

この日はGW中、しかもつづじ祭り開催中ということもあってすごい混雑でした。

管理人はドライブが趣味なんですが、車で遠出したときは、道中、各地の道の駅をよく利用させてもらっているので、ここも完成前から興味津々だったのでした。
道の駅って郊外にあることが多いんですが、道の駅「西山公園」は市街地の真ん中にあります。かなり珍しいと思います。 

建物の中は各種おみやげや地元産野菜の売り場のほかに、鯖江市の名産である眼鏡フレームや漆器の展示コーナーもありました。

Dsc_00071

レッサーパンダも至る所にいます(笑)

Dsc_00181

Dsc_00201

こんなにレッサーパンダに出会える道の駅は全国でここだけでしょう。

こういう場所に来たときは地域経済が少しでも潤えばと思って、わずかでもお金を落とすようにしているので、今回もおみやげやパンダグッズをいくつか買わせていただきました。

食堂もあったので、入ってみました。
せっかくだから福井っぽいメニューを…と思って頼んだのがこれ。

Dscn201521

福井名物ソーツかつ丼とおそばのセットです。
おいしかったですが、自分にはちょっとカロリー過多でした。。。^^; 


道の駅からはエレベーターとブリッジが出ていて、建物内から西山公園へアクセスできるようになっています。

Dsc_05201

(↑上の写真は公園へ上がる大階段に立って撮ったものです。)


建物前に設置されていた福井県の特大マップ。

Dsc_023221

写真じゃ分かりにくいですが、地形や観光名所なんかが全部手の込んだイラストで描かれてるんです。 かなり凝ってます。

そんなこんなで、道の駅「西山公園」、なかかな素敵な施設に仕上がっておりました。

***

鯖江市内に泊まって翌日も西山公園へ。  

Dsc_003721

天気は雨でしたが、雨の中で見るつつじもしっとりしていていいものですね。

GW中でしたが、つつじ祭りも前日で終わり、朝の早い時間帯、あいにくの天気、ということもあって、前日の混雑が嘘のように公園内は人がまばらでした。


もちろん雨なんか関係なく、ヤングパンダたちは今日も元気。

子犬が木に登っている感じがするライトと、

Dsc_004421

ひかり。

Dsc_005821

目鼻立ちの雰囲気はよく似た兄妹ですが、顔の毛の色が違うのが分かっていただけるでしょうか。


まん丸なミルキーも元気いっぱい。

Dsc_005421

とにかくパワフルで見ていて頼もしいです。


ソウソウは外の仔パンダトリオに興味津々。

Dsc_006621

ミンファの子とあってさすがの美少年(青年?)です。 それにしても色が白いね。


非公開組のパンダの個体紹介ボードも掲示されていました。

Dsc_066121

それにしても、シュンシュン、ヤンヤン、ライトの男3代はほんとによく似てると思います。


西山動物園では非公開のバックヤードにも立派な放飼場があるんですが、園内から遠目に覗くことができます。
そんなバックヤードの放飼場に、ライト・ひかりのお母さん、キラリを発見! 

Dsc_011721

少し換毛中かな?
キラリは2011年姫路セントラルパーク生まれ。 2013年の冬に1才で西山動物園に嫁入り。その年の夏にライト・ひかりを出産。と、考えられうる最短のスピードでお母さんになりました。

姫センのキーパーさん曰く、「キラリはほんとに怖がり」なんだそうで、それは西山動物園に来てからも変わってないようですが、個体紹介には「子どもを産んで落ち着いてきました」とありました。
出産・子育てを経験して少し肝が据わってきたのかもしれません。


写真はブレブレですが、ライト・ひかりのお父さん、ヤンヤン。 キラリと同居してました。

Dsc_015121

ヤンヤンは2010年西山動物園生まれ。 双子兄弟のシンシンはアドベンチャーワールドに引っ越してライラとペアを組んでいます。

キラリとヤンヤン、今年のペアリングはどうだったんでしょうね~。
ミンファは神戸に長期出張中、ララは年齢的に厳しそう…ということで、今年、西山ZOOで繁殖の可能性があるとすればこのペアだけなので、期待したいところです。 


ミルキー、だんご虫みたいに丸まって、ひとりで遊んでます。

Dsc_007221

全身びしょびしょだ~。


ライト・ひかり兄妹(右)は今日も仲良くじゃれじゃれ。

Dsc_013521

ミルキー(左)も一緒に遊びたそうに近づきますが、バトルに夢中な2匹は気付いてくれませんでした ^^;


雨の中、場所を変えてライト・ひかりのバトルは延々と続きます。 

Dsc_019321

Dsc_022321

この双子兄妹、めちゃくちゃ仲いいです(^-^) (あ、ミルキーとも遊んであげてね ^^;)


そうそう、西山動物園、拡張計画があるようですよ。
平成26年度 西山動物園拡張整備計画ワークショップ事業について (鯖江市定例記者会見資料)
※リンク先はPDFファイルになっています
今年度、市民とともにワークショップをしながら基本計画が作られるようです。 さて、どんな計画になるんでしょうか、今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/24

西山動物園ヤングパンダたち

前回記事からまたまた時間が空いてしまいましたが、GWの西山動物園の続きです。

思い思いの場所で過ごす仔パンダトリオたち。 左からひかり、ミルキー、ライトです。 

Dsc_065121

ミルキーは仰向けになって葉っぱをガジガジしてます。


放飼場の周囲を巡る溝の中を歩くライト。

Dsc_067721_2

父ヤンヤンに似て、顔の毛の色が黒め。

Dsc_092021

ライトは木登りが好きみたいです。 枝から枝に軽やかに飛び移ったりして、運動神経もかなりよさそう。 

Dsc_056621

性格は母キラリに似て、ちょっと怖がりなところもあるようですが、木の上で休んでいる時に下からやって来たミルキーにパンチをくらわしたりして、男らしい一面も見せていました。

動きが活発ということもあって、若い女の子からの一番人気はこのライトだったように思います。

Dsc_059921

ライトがギャラリーの方に顔を向けるたびに、キャー!とか、ワー!とか黄色い歓声が飛び交っていました(^-^)


立ち止まってぽけーっとするひかり。 兄ライトと同じく優しそうな童顔です。 

Dsc_062031

眠たそうな目がかわいいです。 穏やかでのんびり屋さんのように見えました。 

Dsc_072521

ギャラリーの方を見上げながら後ろ足で体をカキカキ。

Dsc_093221

この角度で見るとやっぱり母キラリの面影があるなぁと思います。


そんなライト・ひかり兄妹とは幼なじみ、ミルキー。 母ミンファに似て運動神経は抜群のようで、木登りも大の得意。

Dsc_085521

威風堂々とした体格(^^;)で、仔パンダトリオの中ではお姉ちゃん的存在。

Dsc_066321

目鼻立ちがくっきりしていて聡明な顔立ちは母の血筋ですね。

Dsc_086321

あどけなさが残るライト・ひかり兄妹に比べると、ミルキーの貫禄はすごいものがあります(笑)
お客さんから「きっとあのふたり(=ライト・ひかり)のお母さんだよ」って言われてました ^^;


いつもは16時30分が閉園の西山動物園ですが、この日はGW中ということもあって閉園時間が18時まで延長されていました。
本来の閉園時間を過ぎると飼育舎の前にパンダが全員集合して、ワラワラと行ったり来たり。
でも、いつもならお家(バックヤード)に帰る時間なのに、この日は扉がなかなか開きません。

Dsc_062921

ライトはドアをよじ登って「お腹空いたよ~」ってアピールしてます。


結局、辺りが薄暗くなってきてもなかなか扉が開かないので、ライト・ひかりは放飼場に戻って、また遊び始めました。
兄妹仲良くじゃれじゃれ。 (奥:ライト、手前:ひかり)

Dsc_095021

麗しき兄妹愛(笑)  (左:ライト、右ひかり)

Dsc_098221

そうこうしてるうちにスイッチオン! 激しいバトルに突入していきます。 (左:ライト、右:ひかり)

Dsc_099721

かわいい兄妹がもみくちゃになる姿にギャラリーみんな大喜びでした。


この日は屋内当番だったソウソウ。 毛繕いしたり、

Dsc_070821

仰向けにひっくり返って笹と格闘したり、

Dsc_071121

まったりしたり、

Dsc_093521

騒がしい(?)外の放飼場を横目にマイペースに過ごしていました(^-^) 
それにしても、ソウソウ、いつの間にかずいぶんと大人っぽくなっていました。
ファファ、ミンミン、チャーミンと、兄・姉たちはみんな婿入り・嫁入りしましたので、ソウソウもそろそろお嫁さんがほしいところですね。


そんなソウソウの部屋をガラス越しに熱心に覗く1匹のパンダ。 ライトです。

Dsc_087421_2

中に入って一緒に遊びたそうにしてました (^-^)  (続く)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2014/05/18

初めまして、ライト兄妹

この兄妹、かわいすぎる・・・

初めまして!のライト(♂)と

Dsc_055821

ひかり(♀)。

Dsc_058621

2013年西山動物園生まれ。 母キラリ、父ヤンヤン。

西山動物園のライト・ひかり兄妹(勝手に「ライト兄妹」と呼んでます ^^;)に会いに行って来ました。


今年もGW中のつつじ祭りの期間中に訪問。

Dsc_05261

西山動物園のある西山公園は色鮮やかなつづじが満開でした。 きれいですね~。


西山動物園内のレッサーパンダ舎の前にも大勢のお客さん。

Dsc_053021

この日は閉園時間が18時まで延長されていました。
ちなみに西山動物園のfacebookによると、この日の入場者は8279人で過去最高(!)の人出だったとのこと。
記録更新にささやかながら貢献できたようでうれしいです。

でも入場無料でお客さんが自由に出入りできる西山動物園では入場者数ってどうやってカウントしてるんでしょう? ちょっとした謎です(笑)


カメラに視線をくれたライト。

Dsc_089521

お父さんのヤンヤンに似すぎなんですけど(笑) ついでに言えばおじいちゃんのシュンシュンにもよく似てます。
ライトは「小熊猫」っていうよりは「小熊犬」のイメージです。
性格は「慎重派で甘えん坊」なんだとか。


同じくカメラ目線のひかり。

Dsc_089721

ひかりはお母さんのキラリとお父さんのヤンヤンがうまくミックスされた感じですね。
ライトに比べるとひかりの方が目の上が白くて、ほっぺの白い部分が広いです。
トロ~ンとした目がかわいいですね。
性格は「好奇心旺盛で物怖じしない」んだそうです。

ライトとひかりの母キラリは管理人の地元ZOOのひとつ姫路セントラルパークの出身。
個人的にもお気に入りのパンダなので、初めての仔であるライトとひかりには早く会いたいと思っていました。
同じ年に生まれたミンファの仔、ミルキーが丸まると大きくなっていったのに対して、ライトとひかりは体重がなかなか増えない時期もあったようで心配もしましたが、こうして元気な姿を見ることができて本当にうれしく思います。

ちにみに「ライト」・「ひかり」というネーミングは、母の名「キラリ」から連想される星空にちなんで名付けられています。


この日の西山動物園の営業部隊。

Dsc_055021

全員2才以下という若い布陣ですが、あり余るかわいさで営業能力は抜群です。


こちらは秋以来、半年ぶりにご対面、ますます大きくなった感のある(^^;)ミルキー。  

Dsc_059021

七夕生まれのミルキー、名前の由来は「天の川(ミルキー・ウェイ)」です。
お母さんは神戸で元気に暮らしてるよ。


ライト・ひかり・ミルキーの仔パンダトリオは屋外放飼場で仲良く同居。

Dsc_090021

仔パンダらしく時々じゃれ合ったりして楽しげに過ごしていました。
写真じゃ分かりにくいけど、ミルキー(一番右)は明らかに体がひと回り大きかったです。


屋内展示場にはソウソウ。 ミルキーのひとつ上のお兄ちゃんです。

Dsc_091521

ソウソウは向かって左の屋内展示場にいました(右の屋内展示場は空室でした)。
顔の白い毛の部分が広いのがソウソウの特徴です。 ミルキーに比べると体はシュッとしていてスマート。 


営業部隊の若パンダ、全員集合の4ショット。

Dsc_090421

屋内展示場のソウソウはガラス越しに外の仔パンダトリオをジーッと見てます。 一緒に遊びたいのかな?

***

「やぁやぁ、元気かい?」  「うん、じいちゃん。今日はお散歩?」

Dsc_052221

そんな会話が聞こえてきそうな、初夏の香りがする西山公園でした。(続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)