カテゴリー「【王子動物園】」の32件の記事

2015/11/08

(仮)ミン子改めティアラ!

王子動物園のレッサーパンダの赤ちゃんの名前が決まりました!

レッサーパンダの赤ちゃん公開と名前決定(王子動物園HP)


(仮)ミン子改め、crownティアラcrownです。

Dsc_040821

ティアラ(♀)
2015年7月6日 王子動物園生まれ 父:ガイア 母:ミンファ


王子(ガイア)と王女(ミンファ)の間に生まれたお姫様ってわけで、イメージにもよく合うかわいい名前になりました(^-^)

まぁ、ぶっちゃけ投票結果はティアラになりそうな気がしてましたが、2位以下に大差を付けての圧倒的人気でしたね。

「ティアラ」って、レッサーパンダではありそうでなかった名前じゃないでしょうか。
父と母の血を引いて、生後4カ月にしてこの整った顔立ち。
名前に負けない超絶な美パンダに成長してくれること間違いなし!です。

***

公開初日のティアラの写真を追加でアップします。

母のミンファを追っかけてたら木の股に体が挟まっちゃったティアラ。

Dsc_041321

で、出られない。。。

Dsc_041721

ジタバタ格闘~

Dsc_042021

やっと出られた~

Dsc_042421

…と思ったら、ズリッ

Dsc_042621

でもうまくバランスを取って、ちゃんと体制を立て直しました。

Dsc_043021

公開初日ということを考えると(それまでに多少の練習はしていたとしても)、身体能力は母に似て相当なモノだと思いました。
写真の後ろに写っている黄色い(通称)"ミンファ返し"は、今後予定されている脱走防止工事により撤去されるようですが、工事の重要性がますます増しそうです(^^;)


一匹で育ったこともあり、屋内では少しおとなしい印象だったというティアラですが、屋外に出るようになってからは、俄然、活発になったんだそうです。
とにかく木の上で遊ぶのが大好きなようで、細い枝にも平気で乗っかろうとします。(見ている方はヒヤヒヤ ^^;)

Dsc_012321

何度か落ちそうになって、その度にギャラリーからは「キャー」とか「ワー」とか悲鳴が上がってましたが、本人は至って涼しい顔をしていました(笑) 大物かもしれません。


ティアラは母のミンファに激似というもっぱらの評判。

Dsc_044721

まぁ、母似か父似かといわれると、どこからどう見ても母似なわけなんですが、地元のガイアファンとしては父の要素もどうにか探したくなるわけでして…

じーっと一点を見つめるティアラ。

Dsc_049721

この表情なんて、ちょっとガイアっぽいような気がしないでもない。


早く娘に会いたいねぇ、ガイア。

Dsc_079421

将来は、王子・王女・姫の同居が見られたらうれしいんだけどなぁ・・・とここでリクエストしておきましょう(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015/11/03

王子動物園の(仮)ミン子!

王子動物園のレッサーパンダの赤ちゃん、11月2日から公開が始まっています!

レッサーパンダの赤ちゃん公開と名前募集 (王子動物園HP)

ガイアとミンファの待望の赤ちゃん。
公開初日は平日でしたが、地元ファンとして一刻も早く見に行きたくて、昼休みに職場をこっそり抜け出して(ウソ、ちゃんと時間休を取って)、会いに行きました。


はじめまして! 女の子です。 以下(仮)ミン子。 

Dsc_018121

ミンファに似てる~ 将来は美形になる予感(^-^)


鼻先がシュッとしています。 これは誰に似たのかな?

Dsc_017021

かわいい寸詰まりな生き物が木の上をどてどて横切ります。

Dsc_019121

とにかく木登りが大好きなミン子。 好奇心や運動神経の高さはママ譲りです。

Dsc_043621

(職員さんが恐怖にかられる脅威の運動能力は、王子ZOOスタッフブログで)


たくさんのギャラリーとカメラの放列を興味津津で見つめています。

Dsc_025521

ミン子とミンファ。 毛色もそっくりです。

Dsc_032321

お顔プルプルッ。 

Dsc_032121

ますます美しさに磨きがかかった感のある母ミンファ。

Dsc_057921

ミンファの子育ては安定の放任主義です(笑)

この日も我が子のことはあまり気に掛けずに(^^;)、モートをスタスタ散歩したり、

Dsc_020221

キーパーさんにリンゴをおねだりしたり、

Dsc_048521

いつもと変わらぬマイペースなミンファでした。


ミン子の方は母の近くにいたいようで、よくミンファの方に駆け寄っていきます。

Dsc_053821

ママの後ろを付いていくミン子。

Dsc_03011

待って、待って~

Dsc_027721

待ってったら~

Dsc_062421

母は類まれな身体能力の持ち主。 さすがのミン子もなかなか追いつけません(^^;)
それでも一生懸命、どてどてとミンファの後を付いていこうとする姿のまぁかわいいこと。

基本的に放任主義のミンファですが、要所要所では、思い出したように我が子のことを気にする素振りも見えました(^-^)

Dsc_044421

ベテランママさんの子育てに王子ZOOも全幅の信頼を寄せているようです(^-^)


そして・・・ただ今、旧レッサーパンダ舎で単身赴任中のガイア。

Dsc_084621

11才にして見事にお父さんになりました。 おめでとう!


「待て」の姿勢でじーっとギャラリーを見上げるガイア。子犬のようです。

Dsc_081331

子どもはできたけど、若さとかわいさは全く変わらない永遠の王子さまですね。


ミン子は基本ミンファ似ですが、小さなめの白まゆやフサフサの耳毛など、ガイアの血を感じる部分もあります。

Dsc_065821

赤ちゃんの顔は成長するにつれて変わってきたりもしますからね。 この先が楽しみです。


この日は公開初日ということもあり、たくさんのテレビカメラや記者さんの姿が見られました。

Dsc_05941

25年ぶり レッサーパンダの赤ちゃん公開 (MBS NEWS) ※動画あり

レッサーパンダの赤ちゃん公開始まる 神戸・王子動物園 (神戸新聞NEXT) ※動画あり

兵庫)レッサーパンダの赤ちゃんお披露目 王子動物園 (朝日新聞DIGITAL)


赤ちゃんの公開は当面は13:10~14:00。 少しずつ延長予定とのことです。

Dsc_001121

11月8日まで名前投票も受付中です。

Dsc_00131

投票は王子ZOO恒例の三つの候補名から選ぶ形式。
①ティアラ :「王子」動物園の「お姫様」のイメージから
②ミンジュ(明珠) : 母親「ミンファ(明花)」から一文字を取って。「明珠」は中国語で「まな娘」の意味もある。
③サラダ :歌人・俵万智が詠んだ「サラダ記念日」の7月6日に生まれたことから
さ~て、あなたならどれに投票しますか?
このブログを見ていただいているディープなレサパンファンの間では②が人気になりそうですが、一般の方、特にお子さんが好きそうなのは…アレかなぁ。

ちなみに、ルナ(現:池田動物園)のときは、「小夏」、「寧寧(ニンニン)」、「ルナ」の候補名の中から投票で「ルナ」になりました。 


王子動物園にレッサーパンダの赤ちゃん。

Dsc_035221

レッサーパンダを愛する地元ファンとして、この日を本当に待ち焦がれていました。

来園後、ずっと隠居暮らしが続いたミンファの件で厳しい意見を書いたこともありましたが、こうしてこの日を迎えることができた今、王子ZOOの関係者の方々にはありがとうの気持ちでいっぱいです。
人気者だったミンファを送り出していただいた鯖江市や西山動物園にも本当に感謝です。

レッサーパンダの繁殖は王子ZOOにとっては実に25年ぶり。
この日は担当キーパーさん以外の職員の方々も放飼場に集まり、公開の様子を温かく笑顔で見守っておられました。
これからも多くの人たちに愛されながら、この子はすくすく元気に、美しく育ってくれることでしょう。

ガイアとミンファにも改めて感謝!
これからもベビーの成長を追っていけたらと思います(^-^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015/07/28

祝!!! 王子ZOOに赤ちゃん誕生!

apple ミンファ&ガイア、おめでとう!!! apple

当ブログ史上、(確か)初めてフォントの大きさをいじってみました(ついでにリンゴも添えて)笑

そうせずにはいられないくらいうれしいニュースが地元の王子動物園から届きました。

25年ぶりにレッサーパンダの赤ちゃん誕生 (王子動物園HP)

いや~、うれしい。 うれしすぎです。 


長期出張での重要任務を見事に果たしてくれたミンファ (^-^)  おめでとう!

Dsc_012231

11才にして初めての子を授かったガイア(^-^)  おめでとう!

Dsc_063531

王子動物園にとってレッサーパンダの赤ちゃんが誕生するのはなんと25年ぶり(!)とのこと。
昨年来、何かとおめでたいニュースが続く王子ZOOですが、我らがレッサーパンダもそれに仲間入りです。

ミンファを快く送り出してくださった西山動物園の方々も含めて、関係者の皆さまに心から感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。 引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


残念ながら双子で生まれたうちの1頭はすぐに亡くなってしまったようですが、その仔の分までどうか元気にすくすく育ってくれますように。

ミンファ&ガイアの仔ですから、どっちに似てもベビーのかわいさは保証付きです。
ついでに運動神経も高そうな仔になりそうな予感・・・脱走防止工事の重要度がますます増しそうです(笑)

今から公開が待ち遠しいです (^-^)


<追記>2015.7.29
シセンレッサーパンダ誕生 神戸・王子動物園で25年ぶり (神戸新聞NEXT)

<追記>2015.8.2
今朝、何気なく朝刊読んでたら…地域版に大きくカラー記事が!

News_oji_2

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2015/07/23

ガイアのプチ移動

なかなか更新ができませんが、地元、王子動物園の近況を報告します。
(といっても、10日以上前の写真ですが。。。)

久しぶり、ガイア!

Dsc_002121_2

実は…今、ガイアは「お引っ越し」しています。


こちらは王子動物園のレッサーパンダ展示場。

Dsc_09421
いつも休日には人だかりができるレッサーパンダ展示場ですが、ギャラリーはゼロ。
レッサーパンダも姿も見えません。

その理由は…

Dsc_09371

ミンファが妊娠の可能性あり(!)ってことで非公開に。
昨年の同時期も非公開でしたが(昨年は結果的に妊娠していなかったようです)、昨年と違うのは、おそらくミンファにできるだけ静かな環境を提供したいっていう配慮からでしょう、なんとパートナーのガイアが園内移動しちゃいました。

ガイアの移動先がマップに案内されています。

Dsc_09361

「現在地」と書かれているところがレッサーパンダ舎。
矢印の先がガイアの仮住まいの場所です。 カバ舎横の展示場にお引っ越しです。


近くまで行くと、案内サインのかわいいガイアが迎えてくれます。

Dsc_09301

こちらがガイアの仮住まいの展示場。

Dsc_08441

あ!と思われた方は、きっと古くからのレッサーパンダファンでしょう。
ここは、今は亡き洋洋(ヤンヤン・♀)と太郎(♂)の飼育展示を最後に使われなくなった旧のレッサーパンダ舎なんです。
(ちなみに洋洋は2007年に22才で、太郎は2009年に20才で天国へ。どちらも大往生でした。洋洋は当時としては日本一長寿のレッサーパンダだったそうです。)

しばらく使われていなかったとはいえ、何しろ元は正真正銘の(?)レッサーパンダ舎です。
展示場内には高木や東屋が設置されていて、広さも十分。 観察や写真撮影もとてもしやすい構造になっています。
背後には小さな竹林があって、視覚的にもいい雰囲気です。


ガイアは仮住まいにも既に慣れた様子。 展示場内をテクテクお散歩。

Dsc_089021

童顔でかわいいガイア。 毛並みもよくて、11才とは思えない若々しさです。

Dsc_000821

とはいっても、さすがに今の季節はキツそうです。 口開けてハァハァ。

Dsc_00361

訪問したのは関西が急に暑くなった日。 ガイアもややバテ気味?

Dsc_008821

口開けてる写真が多い・・・きっと暑さのせいですね ^^;

Dsc_00971

ひんやりしたコンクリートの上でタレタレ~

Dsc_01051

暮らし慣れたマイホームを離れて、しばらく単身赴任が続きそうなガイア王子ですが、これも全てはミンファ姫のため。
どうかもう少しの間ガマンしてください。


日本のレッサーパンダの未来のため、鯖江から神戸に長期出張してくれているミンファ。

Dsc_094321

妊娠の可能性のあるパンダの出産に備えて、他の個体を別の離れた場所に移すってのはかなりレアなケースだと思います。
バックヤードではミンファの部屋とガイアの部屋は当然分かれていて、その間には職員用の通路も通っているので、素人目にはここまでしなくても出産・子育てに大きな影響があるようには思えませんが(ましてミンファは子育て経験豊富なベテランお母さんですし)、念には念を入れて、ってことなんでしょう。
今年こそ!の王子動物園の期待と本気が伝わってきます。

あとは神さま! どうかよろしくお願いします


・・・ちなみに余談ですが、今年度に入ってから実施される予定だったミンファの脱走防止工事は、こういう状況ですので延期されています。
公表されている発注予定工事の情報(※)によると、当初は第2四半期に発注予定だったのが、第3四半期に延期されていますので、工事着手は早くても10月以降になりそうです。

※マニアックな方はこちらでご確認ください(笑)→ 神戸市の発注予定工事一覧(平成27年7月公表)
PDFファイルの13ページ目、下から4行目を参照。
工事名称はその名も「レッサーパンダ放飼場脱出防止柵設置工事」。

***

今年4月8日に生まれたアムールヒョウの赤ちゃんに会えました(^-^)  女の子です。

Dsc_073621

双子で生まれたもう1頭の子は生まれて数日後に亡くなってしまいましたが、その子の分まですくすくと元気に育ってくれました。

Dsc_081521

単独写真じゃスケール感が分からないので、お母さんの「ポン」と一緒の写真を載せときます。

Dsc_076621

赤ちゃんの名前は、3つの候補名からの投票によって、先日「セイラ」に決まりました。
ちなみにお父さんの名前は「アムロ」です 笑

現在、セイラは開園直後の9:00~10:00と、閉園前の16:00~16:30に公開されています。

***

昨年6月、誕生日が1日違いで2頭のコアラが誕生しています。

こちらはメスの「ウミ」。 1才になりましたが、親と比べたらまだ全然小さくてめちゃかわいいです。

Dsc_096421

こちらはオスの「ミナト」。 爆睡中で、長い間ピクリともしませんでした ^^;

Dsc_097021

王子ZOOではアムールヒョウの赤ちゃんが成育するのは19年ぶり、コアラの赤ちゃんが成育するのは17年ぶりとのことで、おめでたいニュースが続いています。

ということで次はレッサーパンダの番!

***

Gパンダの「旦旦(タンタン)」(メス)。 寝ながら竹をかじりつつ、そのまま眠りに落ちてしまいました(笑)

Dsc_000721

王子ZOOでは2000年より中国からレンタルする形でGパンダの飼育を続けています。
7月15日までだったレンタル期限が、先日、5年間延長されることが決まりました。

パンダの日中共同飼育繁殖研究延長(王子動物園スタッフブログ)

2010年にオスの「興興(コウコウ)」が亡くなって以来、旦旦は5年近くひとり暮らしが続いています。
神戸市から中国に対しては新しいオスのパンダを要望しているようですが、昨今の日中関係などもあって、現実にはなかなか難しい状況のようです。
「飼育繁殖研究」を目的としながら、オスパンダがいない状態での5年間延長は、個人的にはいろいろと思うところがありますが、とにかく新しいパートナーを受け入れることができるよう願うばかりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/03/24

脱走王→脱走女王

以前、地元の神戸新聞の記事「"脱走王"のレッサーパンダ 王子動物園の攻防戦」を紹介しましたが、今度は今日の産経新聞から。

“脱走女王”対策に400万円の「壁」設置へ レッサーパンダと飼育員の知恵比べ、勝負は? 神戸市立王子動物園 (産経WEST)

前回はまさかの"脱走王"でしたが、今回はちゃんと"脱走女王"と書いてくれました(笑)

ただ、前の神戸新聞のときと同じで、記事に書かれてる状況がだいぶ古い時点のような。。。

記事中の写真だとガイアとミンファが別々に展示されていますが、今は左側のメイン放飼場で同居中。
「現在は、・・・脱走する気配がないか、展示スペースを飼育員が監視している状態」ってありますが、管理人が知る限り、今は飼育員さんがずっと張り付いているような状況にはありません。
前の神戸新聞と同様、記者さんが取材されたのが昨年だったのかもしれませんね。
ついでに細かいですが、「ガイヤ」じゃなくて正しくは「ガイア」です^^;

でも、なかなか有益な情報を得ることもできました。
動物園からは「本格的な改修工事は来年度に入ってから」と聞いていましたが、この記事のおかげでその概要が分かりましたので。

素人的には仕切りのアクリル板をポリカに変えただけで百戦錬磨のミンファに勝利することができるのか若干不安ですが、400万円が無駄にならないよう祈るばかりです(笑)
(それにしても仕切り板を変えるだけで結構高くつくんですね…^^;)

完成予定は来年1~2月とのことで、まだ当分先ですが、「ミンファ返し」が「ミンファの壁」に変わるのを楽しみにしたいと思います。

脱走女王、ミンファ

Dsc_007021

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015/01/31

脱走王?

ミンファの話題です。 地元の神戸新聞の今日(1月31日)の記事から。

"脱走王"のレッサーパンダ 王子動物園の攻防戦 (神戸新聞NEXT)

「脱走王」って(^^;) せめて「王女」くらいにしてあげて~。
ミンファと動物園の「攻防」がよく分かりますね。 最終的に勝利したのはミンファだったようですが(笑)

ただ、この記事の内容だと、王子動物園に行ってもまだミンファが見られないみたいに誤解されちゃいますよね。。。
多分、記者さんが取材されたのがかなり前だったんじゃないかと思われます。
で、実際に記事になったのが遅れて今の時期になったのでは…と。
(こういう類の記事は、新聞紙面のスペースの都合上、取材後しばらく時間が経ってから掲載されることも結構ありますからね)

地元ファンから補足させていただきますと、このブログでもレポートした通り、現在、ミンファは公開状態。
向かって左側のメインの放飼場でガイアと同居しています。
王子動物園のスタッフブログにもそのことが書かれています。

ミンファの抜群の運動神経を楽しい記事にしていただいてレサパンファンとしてもうれしいですが、贅沢言うなら最新の状況も伝えてほしかったなぁと思います。

ということで、ファンの皆さま、今はミンファには会えますので、安心して(?)王子動物園にお越しください。

↓ガイア(左)と同居中のミンファ

Dsc_000621

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015/01/10

ミンファ!!!!!(その2)

王子動物園では初めて外で会えたミンファ。 せっかくなので写真をもう少し。 

Dsc_000121

Dsc_006621

Dsc_012921

Dsc_016421

Dsc_016821

Dsc_020621

ミンファは本当に体が軽やかですね。 身体能力が高いのが見ていても伝わってきます。

抜群の運動神経に加えて好奇心旺盛な性格・・・動物園にとってはこの上なく危険なパンダかもしれません ^^;


ちなみに右目の左にあるホクロのような部分を拡大しますと、

Dsc_01173

ん~やっぱりホクロに見える・・・何なんでしょうね。


この日は閉園前30分だけの滞在でしたが、その間ほぼひたすらミンファを見てました。
なのでガイアの写真はあまりないです。。。 (ごめんよ~)

Dsc_014721

ルナと同居してたときはガイアの動きが速く見えましたが、ミンファと同居するとガイアの動きがゆっくりに見えちゃいます(笑)


ガイア(手前)はミンファに興味津々。

Dsc_022421

ミンファが動くと思わず付いていってしまいます(笑)

Dsc_022621

ガイア(手前)とミンファが散歩中に鉢合わせ。

Dsc_024721

そのまま行き交うかと思いきや、

Dsc_024921

踵を返すガイア。 やっぱりミンファに付いていってしまうのです(笑)

Dsc_025121

ミンファに吸い寄せられるようなガイアの行動がおかしかったです。
ミンファは例によって飄々としていてマイペース。 これは西山動物園のときから変わらないですね。


ちなみに王子ZOOのレッサーパンダ放飼場が今どうなっているかといいますと…

Dsc_017621

実は仕切りフェンスに被せられた黄色いミンファ返しは以前と変わらずです。
ミンファがこれを乗り越えてしまうために仕切りフェンスの改修工事が終わるまで展示ができないものだと思っていましたが、どうも違ったようです。
この日、ミンファは左側のメイン放飼場に展示されていたのですが、職員さんの立ち会いもありませんでしたし(以前はミンファを外に出すときは必ず職員さんが立ち会っていたそうです)、ミンファがミンファ返しを乗り越えようとするような行動も全く見られませんでした。
注目は丸で囲っている部分。
メイン放飼場の中の擬岩の上部にフェンスがあるんですが、ミンファ対策のためにそれが上方向に継ぎ足しされていました。

下の写真が以前のフェンスです↓↓↓

Dsc_041421

で、こちらが今のフェンス↓↓↓

Dsc_002421

上方向に数十センチ継ぎ足されているのが分かっていただけるでしょうか。
以前、王子動物園のスタッフブログに「工事が始まりました」と書かれていましたが、この部分の工事のことを指していたのかもしれません。


角度を変えて。 

Dsc_00211

擬岩はデコボコしながら垂直以上の勾配が付いていて(普通は)登られないようになっていますし、そもそもこの擬岩をレッサーパンダが登ろうとする行動すら自分は見たことがありません。
それがこうして改修工事が行われたということは、ミンファは擬岩を見事に登頂してしまったか、少なくともその可能性があると判断されたということなのでしょう。
恐るべし、ミンファ!


売店にはミンファのかわいいポストカードがありました(^-^)

Dsc_000121
***

年が変わってもバタバタの日々が続いています。 当面はスローペースの更新になりそうですが、ご了承くださいませm(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/01/03

ミンファ!!!!!

・・・・・ミ?

Dsc_000521

・・・ミミ!?

Dsc_019521

ミ、ミ、ミ!

Dsc_012221

ミ、ミ、ミン!!!

Dsc_007221

ミンファ~!!!!!

Dsc_011721

王子動物園の放飼場に明るい花が咲きました(^-^)
待ちに待った(本当に待った!)ミンファ(明花)の公開です。

(ミンファの右目の左に黒いホクロのようなものが見えます。写真を拡大しても何なのかよく分からなかったです。ケガをしている感じは全くなし。本当にホクロに見えた…^^;)


今はレッサーパンダの恋の季節。 もちろんガイア(右)と一緒です。

Dsc_014921_2

ガイア(左)は明らかにミンファのことを気にしている感じ。 一方のミンファはマイペース ^^;

Dsc_010221_2

閉園間際。 仲良く並んで「ご飯まだですか~?」

Dsc_027121_2

まだ少しよそよそしい感じはあったけれど、ふたりの間には穏やかな空気が流れていました。
どっちの声か分からなかったけど(ガイアかな?)恋鳴きも何回か聞こえてきました(^-^)


美女を前にいつも以上にお目目キラキラなガイア王子。

Dsc_018521

性格は本当に優しくて穏やか。 しかもイケパン。 まさに王子さまです。


それにしてもミンファのまぁ元気なこと!
王子ZOOレッサーパンダ史上最強の運動神経というだけあって、ガイアの2倍、前にいたルナに比べると5倍は活動量がありました(笑)
長い隠居生活で体がなまってないかとか心配したりもしましたが、全くの杞憂でございました ^^;

というわけで全国のミンファファンの皆さま、お待たせいたしました。
稀代の美男美女カップルに会いにどうぞ神戸にお越しくださいませ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014/12/26

ミンファ情報

王子動物園のスタッフブログにミンファ情報がアップされていました!

ミンファ元気です

なんとまぁ「ミンファ返し」も軽く乗り越えてしまっていたのですね(^^;)

「工事が始まりました」と書かれていますが、少なくとも目に見える部分(屋外展示場)では変化は見られないので、おそらく寝室の工事から着手しているものと思われます。

「ミンファも越えられない仕切り」。さて、どんなものになるのでしょう。楽しみに待ちましょう。


キーパーさんの自信作「ミンファ返し」でしたが、残念ながらミンファを返すことは叶わなかったようです(^^;) (写真は今年の9月のもの)

Dsc_00041

早く外でミンファの元気な姿が見られますように。 (2013年11月 西山動物園にて)

Dsc_032521

・・・8か月ぶりではありましたが、こうしてミンファの情報を動物園から公式に発信していただき、とりあえずホッとしています。
引き続き定期的な情報発信を望みたいです。よろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/12/12

王子動物園のこと

先日の王子動物園の記事の続きだと思って読んでいただければ幸いです。

ミンファの公開予定等について王子ZOOに問い合わせをされた複数のファンの方から、動物園から返信があった旨とその内容について、コメント欄やメールを通じてご連絡をいただきました。(感謝です)

王子ZOOからの返信内容については特に秘密にしておくような後ろ向きのものではなく、むしろ積極的に公開したいくらいの話ですが、動物園としてはあくまでも個人に対して返信されたものですので、こちらで詳細を公開するのは控えさせていただくことにします。

ただ、先日の記事で皆さまに悪い誤解を与えてしまった責任もありますので、一応、差し障りがないと思われる範囲で現在の状況をごく簡単に書かせていただきます。

○ミンファは職員立ち会いの下で今も不定期ですが屋外に出しているそうです。
○屋内生活が長くなっているミンファが健康でいられるような配慮をなされているようです。
○レッサーパンダ舎の工事については順次実施されるようですが、完成するのはもう少し先になるようです。
○ミンファの状況については随時ホームページ等で発信に努められるということです。

なんとも抽象的なことしか書けずにスミマセン・・・4つ目にあるように、今後、動物園から情報発信をしていただけるはずなので、詳細はその際に確認いただければと思います。
総じていいますと、状況は「思っていたほどは悪くない」という印象です。


先日の記事については、自分自身、今、少し反省しています。
ミンファの紹介バネルが剥がされているのを見て、あまりにミンファが不憫に感じられて、動物園に問い合わせをすることもなく、やや感情的に思いを綴ってしまいました。
もちろん王子ZOOの悪口を言う目的で書いたわけではありませんし、改善いただきたい点があるのも事実ですので、記事の内容自体に間違いはないのですが、せめて動物園に事実確認をしてから書くべきでした。

いずれにしても、情報発信の大切さというものを改めて感じています。
今回のミンファのような状況が続くと、動物園から何も情報も提供されなければ、ファンとしてはどうしても疑心暗鬼になって不信が募っていきます。(自分自身がまさにそうでした)
些細なことでもいいから動物園から何かのアナウンスがあると、たとえ状況は同じであったとしてもファンは安心できるものなのです。
ミンファのことは随時ホームページで発信していただけるという王子ZOOの言葉、信じています。


ミンファが外で伸び伸びと暮らせる日が早く来るように願って。

Dsc_028931
(2013年11月 西山動物園にて)


※前回記事のコメント欄から王子ZOOの返信についてご連絡いただいた○○さん、ありがとうございました! コメントは非公開とした上で、ほんの少しボカして書かせていただきました。どうぞご了承くださいm(_ _)m いただいたコメントの後半、まったくその通りだと思います。それにしても、ミンファファミリーの身体能力の高さは本当にすごいですよね。とくしま動物園でミンミンや団子姉妹を見てると、ソラと同じ動物とは思えません(笑) 

| | コメント (6) | トラックバック (0)