« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015/07/28

祝!!! 王子ZOOに赤ちゃん誕生!

apple ミンファ&ガイア、おめでとう!!! apple

当ブログ史上、(確か)初めてフォントの大きさをいじってみました(ついでにリンゴも添えて)笑

そうせずにはいられないくらいうれしいニュースが地元の王子動物園から届きました。

25年ぶりにレッサーパンダの赤ちゃん誕生 (王子動物園HP)

いや~、うれしい。 うれしすぎです。 


長期出張での重要任務を見事に果たしてくれたミンファ (^-^)  おめでとう!

Dsc_012231

11才にして初めての子を授かったガイア(^-^)  おめでとう!

Dsc_063531

王子動物園にとってレッサーパンダの赤ちゃんが誕生するのはなんと25年ぶり(!)とのこと。
昨年来、何かとおめでたいニュースが続く王子ZOOですが、我らがレッサーパンダもそれに仲間入りです。

ミンファを快く送り出してくださった西山動物園の方々も含めて、関係者の皆さまに心から感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。 引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


残念ながら双子で生まれたうちの1頭はすぐに亡くなってしまったようですが、その仔の分までどうか元気にすくすく育ってくれますように。

ミンファ&ガイアの仔ですから、どっちに似てもベビーのかわいさは保証付きです。
ついでに運動神経も高そうな仔になりそうな予感・・・脱走防止工事の重要度がますます増しそうです(笑)

今から公開が待ち遠しいです (^-^)


<追記>2015.7.29
シセンレッサーパンダ誕生 神戸・王子動物園で25年ぶり (神戸新聞NEXT)

<追記>2015.8.2
今朝、何気なく朝刊読んでたら…地域版に大きくカラー記事が!

News_oji_2

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2015/07/23

ガイアのプチ移動

なかなか更新ができませんが、地元、王子動物園の近況を報告します。
(といっても、10日以上前の写真ですが。。。)

久しぶり、ガイア!

Dsc_002121_2

実は…今、ガイアは「お引っ越し」しています。


こちらは王子動物園のレッサーパンダ展示場。

Dsc_09421
いつも休日には人だかりができるレッサーパンダ展示場ですが、ギャラリーはゼロ。
レッサーパンダも姿も見えません。

その理由は…

Dsc_09371

ミンファが妊娠の可能性あり(!)ってことで非公開に。
昨年の同時期も非公開でしたが(昨年は結果的に妊娠していなかったようです)、昨年と違うのは、おそらくミンファにできるだけ静かな環境を提供したいっていう配慮からでしょう、なんとパートナーのガイアが園内移動しちゃいました。

ガイアの移動先がマップに案内されています。

Dsc_09361

「現在地」と書かれているところがレッサーパンダ舎。
矢印の先がガイアの仮住まいの場所です。 カバ舎横の展示場にお引っ越しです。


近くまで行くと、案内サインのかわいいガイアが迎えてくれます。

Dsc_09301

こちらがガイアの仮住まいの展示場。

Dsc_08441

あ!と思われた方は、きっと古くからのレッサーパンダファンでしょう。
ここは、今は亡き洋洋(ヤンヤン・♀)と太郎(♂)の飼育展示を最後に使われなくなった旧のレッサーパンダ舎なんです。
(ちなみに洋洋は2007年に22才で、太郎は2009年に20才で天国へ。どちらも大往生でした。洋洋は当時としては日本一長寿のレッサーパンダだったそうです。)

しばらく使われていなかったとはいえ、何しろ元は正真正銘の(?)レッサーパンダ舎です。
展示場内には高木や東屋が設置されていて、広さも十分。 観察や写真撮影もとてもしやすい構造になっています。
背後には小さな竹林があって、視覚的にもいい雰囲気です。


ガイアは仮住まいにも既に慣れた様子。 展示場内をテクテクお散歩。

Dsc_089021

童顔でかわいいガイア。 毛並みもよくて、11才とは思えない若々しさです。

Dsc_000821

とはいっても、さすがに今の季節はキツそうです。 口開けてハァハァ。

Dsc_00361

訪問したのは関西が急に暑くなった日。 ガイアもややバテ気味?

Dsc_008821

口開けてる写真が多い・・・きっと暑さのせいですね ^^;

Dsc_00971

ひんやりしたコンクリートの上でタレタレ~

Dsc_01051

暮らし慣れたマイホームを離れて、しばらく単身赴任が続きそうなガイア王子ですが、これも全てはミンファ姫のため。
どうかもう少しの間ガマンしてください。


日本のレッサーパンダの未来のため、鯖江から神戸に長期出張してくれているミンファ。

Dsc_094321

妊娠の可能性のあるパンダの出産に備えて、他の個体を別の離れた場所に移すってのはかなりレアなケースだと思います。
バックヤードではミンファの部屋とガイアの部屋は当然分かれていて、その間には職員用の通路も通っているので、素人目にはここまでしなくても出産・子育てに大きな影響があるようには思えませんが(ましてミンファは子育て経験豊富なベテランお母さんですし)、念には念を入れて、ってことなんでしょう。
今年こそ!の王子動物園の期待と本気が伝わってきます。

あとは神さま! どうかよろしくお願いします


・・・ちなみに余談ですが、今年度に入ってから実施される予定だったミンファの脱走防止工事は、こういう状況ですので延期されています。
公表されている発注予定工事の情報(※)によると、当初は第2四半期に発注予定だったのが、第3四半期に延期されていますので、工事着手は早くても10月以降になりそうです。

※マニアックな方はこちらでご確認ください(笑)→ 神戸市の発注予定工事一覧(平成27年7月公表)
PDFファイルの13ページ目、下から4行目を参照。
工事名称はその名も「レッサーパンダ放飼場脱出防止柵設置工事」。

***

今年4月8日に生まれたアムールヒョウの赤ちゃんに会えました(^-^)  女の子です。

Dsc_073621

双子で生まれたもう1頭の子は生まれて数日後に亡くなってしまいましたが、その子の分まですくすくと元気に育ってくれました。

Dsc_081521

単独写真じゃスケール感が分からないので、お母さんの「ポン」と一緒の写真を載せときます。

Dsc_076621

赤ちゃんの名前は、3つの候補名からの投票によって、先日「セイラ」に決まりました。
ちなみにお父さんの名前は「アムロ」です 笑

現在、セイラは開園直後の9:00~10:00と、閉園前の16:00~16:30に公開されています。

***

昨年6月、誕生日が1日違いで2頭のコアラが誕生しています。

こちらはメスの「ウミ」。 1才になりましたが、親と比べたらまだ全然小さくてめちゃかわいいです。

Dsc_096421

こちらはオスの「ミナト」。 爆睡中で、長い間ピクリともしませんでした ^^;

Dsc_097021

王子ZOOではアムールヒョウの赤ちゃんが成育するのは19年ぶり、コアラの赤ちゃんが成育するのは17年ぶりとのことで、おめでたいニュースが続いています。

ということで次はレッサーパンダの番!

***

Gパンダの「旦旦(タンタン)」(メス)。 寝ながら竹をかじりつつ、そのまま眠りに落ちてしまいました(笑)

Dsc_000721

王子ZOOでは2000年より中国からレンタルする形でGパンダの飼育を続けています。
7月15日までだったレンタル期限が、先日、5年間延長されることが決まりました。

パンダの日中共同飼育繁殖研究延長(王子動物園スタッフブログ)

2010年にオスの「興興(コウコウ)」が亡くなって以来、旦旦は5年近くひとり暮らしが続いています。
神戸市から中国に対しては新しいオスのパンダを要望しているようですが、昨今の日中関係などもあって、現実にはなかなか難しい状況のようです。
「飼育繁殖研究」を目的としながら、オスパンダがいない状態での5年間延長は、個人的にはいろいろと思うところがありますが、とにかく新しいパートナーを受け入れることができるよう願うばかりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/07/19

チィチィさん

レッサーパンダの「チィチィ」が亡くなりました。 (千葉市動物公園HP)


一時代を築いたパンダさんの訃報が続きます…

チィチィさん。 偉大な母でした。

Photo

チィチィ ♀
2003年6月16日 長野市茶臼山動物園生まれ
 (ノンノン(♂・現:台湾)、チヒロ(♀・現:東武動物公園)は兄妹)
2005年3月7日 千葉市動物公園に移動
 風太のパートナーになり、計8頭(※)の子どもを育て上げる
2015年7月18日 天国へ

※チィチィと風太の子どもたち
 ○ユウタ(♂・2006年生まれ・→大森山動物園)
 ○風花(♀・2006年生まれ・→徳山動物園→到津の森公園)
 ○風鈴(♀・2007年生まれ・→茶臼山動物園)
 ○風美(♀・2007年生まれ・→平川動物公園)
 ○チイタ(♂・2008年生まれ・→浜松市動物園)
 ○クウタ(♂・2008年生まれ・→千葉市動物公園)
 ○コウタ(♂・2010年生まれ・→埼玉県こども動物自然公園→チリ・サンティアゴ動物園)
 ○エイタ(♂・2010年生まれ・→円山動物園)

日本のみならず世界で活躍するチィチィの子どもたち。
風太の名があまりにも有名なために「風太ファミリー」などと呼ばれますが、孫や曾孫も含めてこれだけの大ファミリーが形成されたのは、紛れもなくチィチィがいてくれたからこそ。
ただただ感謝です。

これからは天国からファミリーのことを見守っていてください。

今までありがとう。 どうか安らかに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015/07/16

楠さん

最高齢レッサーパンダ、天国へ 北九州市の人気者「クス」 [福岡県] (西日本新聞)


楠さん。 長い間、おつかれさま。 本当にありがとう。

Kusu24

楠(クス) ♂
1991年6月24日 鯖江市西山動物園生まれ
1993年 広島市安佐動物公園に移動 
1998年 到津遊園(現:到津の森公園)に移動
2014年 「世界最高齢」の認定
2015年7月15日 天国へ 


世界中のレッサーパンダが楠さんみたいに幸せに長生きできますように。


<追記>2015.7.17
レッサーパンダの「楠」が永眠しました。 (到津の森公園HP)

<追記>2015.7.24
ありがとう楠くん (到津の森公園HP(公園だより))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »