« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015/06/24

あんこときなこ

とくしま動物園のあんこ&きなこ姉妹。 今年2月の写真です。

Dsc_083821
えっとですね…この双子姉妹、似すぎてて、どっちがどっちだか分かりません!^^;

この時は2匹の体格に違いが見られて(あんこの体重が約4kg、きなこが約3kgとのことでした)、現地では体の大きさで見分けができたんですが、顔だけだと判別困難です・・・


2匹の体格の違いはこんな感じでした。

Dsc_080821

仲良く顔を突き合わせて笹食べているのが姉妹。 左がきなこ、右があんこです。(きなこの奥は母ミンミン)


横に並ぶとこんな感じ。 奥があんこで、手前がきなこ。

Dsc_072421

あんこの方がひと回り体が大きいです。


草をカミカミ。 自信ないけど、多分あんこ…だと思います。

Dsc_071621

こちらは多分きなこ。 小さくてもお母さんに似て運動神経は抜群で、絶妙のバランス感覚です。

Dsc_065021

あんこ?きなこ?(分からん…) 母の得意技(?)、枝運びもしっかり受け継がれています。

Dsc_078221

あんこ?きなこ? 腹黒さ全開です 笑

Dsc_068321

レッサーパンダ舎前に掲示されているあんこ・きなこの成長記録。

Dsc_00431

キーパーさんが撮ったかわいい写真が満載です。

***

んで、時は流れて、3カ月後。 
先月の写真です。 (屋内展示でガラス越しの撮影のため、写りこみ等多数あり。ご了承ください。)

Dsc_020821

仔パンダだった姉妹は揃って美しく成長していました(^-^)

2月の時点では約1kgあった体重差もなくなって、今はむしろきなこの方が少し重いんだとか。

でも体格差がなくなったために、見分けが一層困難に・・・^^;


以下、判別は放棄します(笑)が、美パンダに成長した姉妹の姿をご覧ください。

Dsc_008721

Dsc_013021

Dsc_014221

Dsc_017821

Dsc_020521

Dsc_017521

この姉妹は分かりやすくお母さんのミンミン似ですね。 体型もスマートで、本当に美パンダさんだと思います。
観察する限り、身体能力も高そうです。 (…あれ?お父さんの血は一体どこに?^^;)

今度はぜひ屋外で駆け回るところが見てみたいです。
お父さん含めてファミリーで一緒に展示なんて楽しいと思うんですが、いかがでしょう???

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/06/21

ソラとミンミン

この日、としくまZOOのメインの屋外放飼場は午前中がソラの単独展示。
お昼過ぎにパートナーのミンミンが加わって、ペアでの展示となりました。


笹ムシャムシャ、ミンミンです。

Dsc_093321

ソラも笹をムシャムシャ。

Dsc_09951

お食事タイムでの2匹の位置関係はこんな感じ。

Dsc_094921

下がミンミン、上がソラ。 それぞれに1本ずつ竹の枝が出されています。

でも、2匹の食べる速さはもう笑っちゃうくらいに全然違います。
ソラは食べるときもいつものようにそれはそれはのんびり、ゆっくりなのに対して、シャキシャキ派のミンミンは次から次へと凄いスピードで笹を口に入れていきます。
上の写真を見ても、笹の葉の減り具合が違うのが分かっていただけるでしょうか。


そうそう、メイン放飼場ではちょっとした模様替えがありました。

これが以前の風景↓ (顔が見えているのはお昼寝中のソラです)

Dsc_003731

で、これが模様替え後の風景↓

Dsc_055721

ソラのお気に入りの木小屋が無くなってしまいました~^^; (木が腐ってきて危なくなったので撤去されたそうです)
代わりに2段ベッドのようなものができて、上段からは向こう側の木にも移動できるようになりました。


さて、あっという間に自分の分の笹を食べ尽くしてしまったミンミン。
ソラが食べている笹に狙いを定めます(笑)

Dsc_001321

持ち前の高い身体能力でグイッと懸垂上がり。 

Dsc_001921

優しいソラはそんなミンミンのために、まるでそうするのが当然といった感じでそっと場所を空けてあげます。

Dsc_002121

で、おいしいポジションはミンミンに譲って、隅の方で控えめに笹をかじります。

Dsc_002921

「ミンミンちゃん、笹おいしいね。 いっぱい食べてね」  そんなソラの声が聞こえてきそうな光景。 


2匹のツーショット。 ミンミンは片時も笹を手放しません。

Dsc_00331

それにしてもミンミンの笹を食べるスピードは物凄いです。 ソラの3倍速でもきかないくらい(笑)

Dsc_005231

あっという間にソラの目の前にまで迫って来ました ^^;

Dsc_004621
「ボ、ボクの笹が・・・」 さすがのソラもちょっぴり切なそうです 笑

並のオスパンダなら、「それは俺の笹だぁ!」とかってパンチを喰らわすところでしょうが、もちろん優しいソラはそんなことはしません。


そっと自分から身を引いて、自分が食べるはずだった笹をミンミンが食べるのをじーっと見つめています。

Dsc_007321

きっと本当は自分も食べたいんでしょうが、そんな気持ちを抑えて、ミンミンが完食するまで優しげな眼差しでひたすら見守っていました。

Dsc_007721

優しい・・・優しすぎるぞ、ソラっち。 

ソラのもうひとつのキャッチフレーズ「日本一腰の低いレッサーパンダ」に嘘偽りはありません。
毎日、接しているキーパーさんですら、ソラが怒っている場面は一度も見たことがないそうです。
こんな優しさ溢れるレッサーパンダはそうそういないでしょう。


結局、この位置でそのまま眠りに落ちてしまったソラ。

Dsc_021421

ソラの心遣いのおかげで(?)お腹いっぱいになったミンミンもまったりモード。

Dsc_008921

この後、雨脚が強くなってきて・・・

Dsc_023021

雨を凌げるベッドで寝るミンミンと、雨に打たれ放題のソラ ^^; 


・・・って記事を読み返したら、なんだかミンミンが微妙にヒール役になっちゃってますね(笑)
でもこのペアは2年連続でベビーが誕生したようになんだかんだで相性がいいんです(^-^) どうか誤解なきよう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015/06/20

かわいいお父さん

とくしま動物園のソラ。 先月の写真です。

Dsc_063921

毎度毎度のことですが、やっぱりソラはわかりやすくカワイイ。


ぽけーっと空を見上げる

Dsc_056831

眠たい? ちょっぴりけだるそう

Dsc_076521

木の皮をガジッ

Dsc_056221

いつもの庭をのっそのっそと散策

Dsc_066121

キリリとした表情もかわいい

Dsc_086421

たまに見せる切なそうな表情もかわいい

Dsc_00611

茶色いつぶらな瞳ときれいな毛並み

Dsc_064121

何かを見つめる真剣な横顔

Dsc_067421

大好きなリンゴを食べている時のたまらなくうれしそうな表情

Dsc_091421

「日本一カワイい」のキャッチフレーズはダテじゃありません(^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/06/14

お婿さん募集中

とくしま動物園のみたらし。 先月の写真です。

Dsc_072721

お父さん・お母さんのいいところ取り(?)をして、本当に美パンダに成長しました(^-^)


時々見せるぽけーっとした愛嬌ある表情はお父さん譲り。

Dsc_079421

シュッとした鼻筋と濃いアイラインはお母さん譲り。

Dsc_077721

可愛さと美しさが見事に同居しています。


一緒に生まれ育った仲良し姉妹のしらたまは2月に福知山市動物園に嫁入り。

Dsc_056621

これ以降、みたらしはひとりで暮らしています。

しらたまの移動直後は、しらたまを探すような素振りが見えたりして、少し元気がなかったそうです。

でも、今はもう完全復活。 キーパーさんに遊び相手になってもらったりして、元気いっぱい!です。

Dsc_085421_2

Dsc_058821

Dsc_085721

Dsc_098821

お婿さん募集中ですよ~(^-^)


お昼寝中のみたらし・・・ですが、何かに打ちひしがれているように見えます 笑

Dsc_01911

変わった寝方にギャラリーは大爆笑でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/06/13

みさき公園のじぃちゃん・ばぁちゃん

アップできていない過去のストック写真から。
昨年11月、久しぶりに訪問したみさき公園で撮った写真です。

みさき公園ではおじいちゃん・おばあちゃんパンダ、計3匹が仲良く同居しています。

おじいちゃんパンダ、フウフウ(風風)

Dsc_016731

コウコウ(光光)

Dsc_005921_2

フウフウとコウコウは、1999年ひらかたパーク生まれの双子兄弟です。
みさき公園に来たのは…いつでしょう、調べたけどよく分かりませんでした^^;
もう10年くらいはここにいるようです。

(フウフウとコウコウの見分け…多分合っていると思うのですが絶対の自信はありません(^^;)万が一、逆に認識していましたら、ご指摘くださいませ)


レッサーパンダ舎に掲示されていたフウフウ・コウコウの若い頃の写真。

Dsc_005821

素敵な写真です。 2匹の仲良しぶりが伝わってきますね(^-^)

レサパンファン歴の浅い管理人は、フウフウ・コウコウがこれまでどんなパン生を送ってきたのかよく知りません。
でも、繁殖のため、動物園間での移動が頻繁に行われるレッサーパンダ界において、双子で生まれた兄弟がこの年令になるまで一緒に暮らし続けているのは相当珍しいのではと思います。
日本平動物園にいるアーヤ・アーニャ姉妹の♂版ともいえそうです。


続いて、おばあちゃんパンダ、コウセイ

Dsc_028731

コウセイは2000年ズーラシア生まれ。 ひらかたパークを経て、2011年にみさき公園にやって来ました。

「コウセイ」ってオスっぽい名前だなぁと思われた方、なかなか鋭いです。
実はコウセイは生まれてしばらくオスだと思われていたそうで、メスだと判ったのはひらかたパークに移動してからなんだそうです。

コウセイは王子動物園のガイアとなんとなく顔の造りが似てる気がするんですよね。
ガイアもズーラシア出身なので、姉・弟の関係なのかもしれません。


3匹の個体紹介ボード。

Dsc_004421

全員、20世紀の生まれですね。
「顔で見分けて」とありますが、この写真を参考に見比べるのはなかなか難しいです(色褪せが^^;)
コウセイはすぐに分かりますが、双子のコウコウ・フウフウの見分けはパッと見だと難しいかもしれません。
フウフウの方がコウコウよりも全体的に少し色が濃いです。

みさき公園には以前はもう1匹、ヨウヨウ(陽陽)(♂)というおじいちゃんパンダがいたのですが、残念ながら亡くなったそうです。
ちなみにヨウヨウは1995年ひらかたパーク生まれ。コウコウ・フウフウの兄でもありました。大往生でしたね。


みさき公園の放飼場はこんな感じです。

Dsc_00091

この日は3匹みんな外に出ていました。

みさき公園は、関西以外の地域の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、大阪府の岬町、位置的にいうと関西国際空港のまだ南、和歌山県と目と鼻の先にあります。
動物園のほかには、遊園地、夏季にはプールも併設する総合レジャーランドで(イルカショーもあり)、南海電鉄が経営していています。


フウフウ

Dsc_008821
コウコウ

Dsc_025621

どちらも毛並みは年相応、佇まいからも一見して高齢パンダだと分かりますが、木登りも難なくこなして、まだまだ元気いっぱいです。


コウセイ

Dsc_027821

背中に部分的に毛が薄くなっている箇所がありましたが、若々しいです。 顔立ちも端正。


そのコウセイですが、コウコウ(下)をずっと毛繕いしていました。

Dsc_006821
角度を変えて。

Dsc_008221

コウコウはなされるがままって感じで、気持ちよさそうに身を委ねていました(^-^)
普段は気が強くておてんばというコウセイですが、全然そんなふうには見えませんでした。
微笑ましいシーンにほっこり。


キーパーさんの話しぶりでは若いパンダがいないことを気にされている感じでしたが、こんなにかわいいおじいちゃん・おばあちゃんパンダが、みんなで一緒にのんびりと仲良く暮らしているってだけでも十分に素敵なことだと思います。
フウフウ、コウコウ、コウセイ。 みんな揃って、いつまでも元気に長生きしてほしいです。


<追記>2015.6.15
昨年11月の時点では上の写真のように元気だった3匹ですが、ファンの方からの情報によると、この後、フウフウ(風風)が病気で亡くなったそうです。(ろばさん、情報ありがとうございました)
3匹仲良くこれからも元気に暮らしてほしいと思っていただけに、本当に残念です。。。
もっともっと長生きしてほしかった・・・コウコウ(光光)とコウセイにはフウフウの分まで長生きしてほしいと心から願っています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015/06/06

京都のムータン、鯖江へ

京都市動物園のムータンが鯖江市西山動物園に移動することになりました!

レッサーパンダの移動について (京都市動物園HP)

2014年生まれの同級生たちの中では、ムータンが最初の移動です(ですよね?)


ムータン  (2014年12月撮影)

Dsc_082321
2014年6月19日 京都市動物園生まれ  母:ジャスミン 父:ウーロン 


母ジャスミンの体調不良のため、生後1カ月で人工哺育となったムータンですが、今年に入ってからは母や長老・茶々と同居するなどの"社会勉強"を重ねてきました。

ムータンのお勉強?? (京都市動物園HP)

西山ZOOでは誰がパートナーになるのか分かりませんが(ミルキー?ひかり?)、きっとパートナー含めて西山の先輩パンダたちと楽しく仲良く暮らしてくれるはずです。

中国出身のジャスミンとウーロンの間に生まれたムータン。
今後、日本国内で安定的にレッサーパンダの種の保存を図っていくためには、遺伝的多様性の確保が求められており、その意味において、国内の個体と血縁関係のないムータンはとても貴重な存在だといえます。
1才の誕生日前という早い時期での移動、そして移動先が繁殖実績豊富な西山ZOOというところも、動物園関係者の大きな期待の表れといえるかもしれません。

大規模なリニューアル工事が予定されている西山ZOOですが、ムータンの移動でますます楽しみが増えました(^-^)

ムータンの鯖江での新しいパン生にどうか幸あれ。


<追記>2015.6.8
西山動物園Facebookによると、ムータンはしばらくは非公開施設で飼育されるようです。
来シーズン以降に繁殖を目指すとのことです(ペアの相手は未定とのこと)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015/06/01

天王寺のシュウナ

ブログ休眠中の間に埼玉県こども動物自然公園からメルが天王寺動物園に婿入り。
5月30日から公開が始まっています。

天王寺動物園Facebook
天王寺動物園でレッサーパンダお披露目 ブリーディングローンで来園 (みんなの経済新聞)

メルにはまだ会いに行けていませんが、メルのお嫁さんシュウナの未アップ写真を何枚か。
今年1月の写真です。

Dsc_014821

(ガラス(アクリル?)越しの撮影なので写りはご容赦…^^;


シュウナは日本平動物園の生まれです。父はシュウシュウ、母はナラ(今は天国)。

Dsc_00251

以前は天王寺ZOOのレッサーパンダ舎にはネームプレートが無かったんですが、いつの間にか改善されていました。うれしいですね。
こういう個体紹介は絶対にあった方がいいと思います。来園者にも愛着持って見てもらえますしね。


気が付いたら超久しぶりだった天王寺。 でもシュウナはお変わりなくでした。

Dsc_024421

Dsc_014321

Dsc_021221

Dsc_02091

Dsc_023421

眼光が鋭くて、いかにも気が強そうに見えるシュウナですが、実際の性格もその通りなようです。
シュウナには怒られそうですが、勝手に"小悪魔系パンダ"と呼んでいます。
この日も一心不乱にリンゴを食べるシュウナの形相を見たギャラリーから「顔がこわ~い」という声が上がっていました ^^;


天王寺ZOOでは昨年1月にパンパン、10月にはシュウナとペアを組んでいたテンテンが亡くなり、それ以降はシュウナのひとり暮らしが続いていました。
広い放飼場にシュウナがひとりでいるのはさびしい感じがして、そろそろ新しい仲間がほしいなぁと思っていたところに、メルが婿入り(^-^)

メルからするとシュウナは7つ年上。 シュウナの気の強い性格を考えると、文字通りの姉さん女房になりそうです。
シュウナにとっては、メルはタイチ(現:茶臼山ZOO)、テンテンに続く3頭目のお婿さん。
どうか気に入ってもらえますように。 3度目の正直に期待です。


そうそう、こんなのも新しくできていました。

Dsc_00401_2

天王寺のおやつタイム(リンゴタイム)は日によって時間がまちまちだったので(ずっと待ってても結局ない日もあった・・・)、こういうのを掲げてくれると、見る側としてはありがたいですね。

今年、記念すべき開園100周年を迎えた天王寺ZOO。
これまではやや旧態依然としたところもありましたが、最近は改革が進められていて、細かい部分でファンへのサーピス向上を感じることができます。


ところで、天王寺ZOOのレッサーパンダ放飼場に来る度に気になるのがこれ。

Dsc_025621

放飼場内の木とその上を走る電線が近いんですよ。
神戸にいる某脱走女王とかだったら、難なく電線に飛び移れるくらいの距離です。

この木にシュウナが登っている場面はあまり見たことないですが、大きなクスノキがある埼玉で育ったメルは登るかもしれません。

当然、電線には絶縁処理がされていると思うんですが、やっぱり少し気になります…
万が一、絶縁処理されてなかったとしても、鳥のように1本の電線に掴まっていると感電はしないでしょうが、もしも木に足をかけた状態で電線に触れたりすると・・・うーん、考えるのはやめときましょう ^^;


それともうひとつ気になること。 レッサーパンダの生態紹介の一節。

Dsc_00311

Dsc_003121

「集団で生活するのが普通で、つがいか家族群をつくります」とな。

・・・ほんまかいな?(笑)


帰りはあべのハルカスに寄ってみました(動物園からは徒歩10分くらい) 高層ビルとしては日本一の高さです。

Dsc_04131

地上300mの展望台からの眺め。

Dsc_041921

Dsc_042721

待ち時間の間に天気が悪くなってしまったのが何とも残念。。。
こうして上から見ても、ぶっちゃけ、街は東京の方がずっときれいだなぁと思います。(大阪は緑も少ない・・・)

遠くに明石海峡大橋も望めました。

Dsc_047121

橋の左が淡路島、右が本州(神戸・明石)です。


ちなみにあべのハルカスを動物園内から見るとこんな感じ。

Dsc_031121

アジアゾウと超高層ビル。何とも不思議な光景です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »