« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015/02/26

ソウソウ、埼玉へ!

おめでたい話が続きます。

西山動物園のソウソウが、埼玉県こども動物自然公園に婿入りすることになりました。

西山動物園HP

西山動物園Facebook

ソウソウ、おめでとう!

(2013年5月撮影)Dsc_020021
(2014年5月撮影)Dsc_006631

ソウソウ
2012年7月8日西山動物園生まれ 
母はミンファ(王子動物園に長期出張中)、父はチャタ(2014年12月天国へ)。

ミンファに育てられていたソウソウですが、ミンファの愛が深すぎて尻尾を舐めすぎてしまったようで、尻尾の一部の毛が抜けて傷ができてしまい、生後2カ月を過ぎた頃に人工哺育に切り替えられました。
レッサーパンダの繁殖実績が豊富な西山動物園ですが、人工哺育を行ったのは1993年以来、19年ぶり2度目だったようです。


ソウソウの特徴は顔の白さ。 ミンファ&チャタの子の中では、断トツで白いと思います。
毛色が白いというよりは、白い毛の部分の面積が大きいといった方がいいかもしれません。
顔の毛の配色の感じは、ミンファにもチャタにも似てないので、不思議だなぁと思います。

ビジュアル的には理知的でクールな印象のソウソウですが、実はとても人懐っこくてフレンドリーな性格のようです。
キーパーさんにもよく遊んでもらっていました。

(2013年11月撮影)Dsc_046821

ソウソウは、埼玉県こども動物自然公園ではハナビとペアを組むものと思われます。
関東のレサパンファンの方々からはハナビに早くお婿さんを!という声がよく聞かれていましたので、これでひと安心(?)ですね。

ソウソウ&ハナビのペアって、血統的には夢見ヶ崎動物公園のファファ&アンのペアとよく似ています。
ソウソウとファファは兄弟で、ともにミンミファ・チャタの子。
ハナビとアンは姉妹で、ともにナツ・ミンミンの子。
ファファ&アンは相性抜群で、すでにカリン、ギンガというかわいい子どもが生まれていますので、お兄さん・お姉さんカップルにあやかって、ぜひソウソウ&ハナビも仲良く幸せに暮らしてほしいです(^-^)

埼玉への出発は3月2日の予定。 それまで西山動物園のFacebookではソウソウの思い出の写真を掲載するようですので、要チェック!です。


<追記>2015.2.27
「ソウソウ」婿入り 埼玉へ (読売新聞)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2015/02/21

ひなたにお嫁さん!

姫路市立動物園のひなた。 今月初めの写真です。

Dsc_003521

いつ見てもイケメンっすなぁ。


昨年秋にパートナーのバナナを亡くしてからひとり暮らしが続いていたひなたですが、うれしいニュース!
日本平動物園のミホがお嫁に来てくれることになりました!

レッサーパンダの「ミホ」がお嫁入りすることになりました (日本平動物園ホームページ)

いや~、めでたい、めでたい(^-^)
いつか会いたいと思っていたミホ。 結局日本平には行けなかったですが、姫路で会えるのが今から楽しみです。


久しぶりなのでひなたのプロフイールをご紹介。

Dsc_003931

ひなた
2009年7月8日池田動物園生まれ。 姫路ZOOには2010年6月に来園しました。
母はルナ(現:秋吉台サファリランド)、父はツバサ(2010年4月天国へ)。
双子の妹にひより(2013年10月天国へ)がいます。

いつまでも少年のイメージが抜けないひなたですが今年で6才。 もう立派な青年パンダなんですね。
上の写真を見てたらやっぱりひよりと似てるところがあるなぁと改めて思いました。

性格は優しくてすこぶる穏やか。きっとミホとも仲良く暮らしてくれると思います。


ところでお嫁に来てくれるミホと姫路ZOOとのちょっとしたつながりに最近気付きました。
それは「世界遺産」。
「ミホ」の名前は、世界遺産「富士山」の構成遺産のひとつ「三保の松原」にちなんだもの。(ミホの一つ下の妹「マツバ」もそうですね)
一方、姫路ZOOは、世界遺産「姫路城」の文字通りお膝元、城のお堀の中にあります。

園内からはご覧の通り、姫路城がばっちり鑑賞できます。

Dsc_016921

長らく「平成の大修理」工事が続いていた姫路城ですが、いよいよ来月3月27日にグランドオープン。
お城周辺一帯は桜の名所でもありますので、オープン直後は大大大混雑が予想されています。


姫路城とひなたを1枚の写真に収めようとがんばってみましたが・・・

Dsc_017221

難易度高し、これが精一杯 ^^;   (一応、右下にひなたの姿が見えます・・・)


ひなたはいつも本当に熱心に毛繕いしています。

Dsc_00041

入念なお手入れの効果もあってか、毛並みはいつ見てもきれい。 特に尻尾の美しさでは、西では一、二を争うんじゃないでしょうか。


屋外放飼場がない姫路ZOOですが、開口部がいっぱいに取られた屋内展示場でひなたは元気に暮らしています。

Dsc_011321

時々、ギャラリーの目の前まで来てくれます。

Dsc_014421

超贔屓目な勝手な印象ですが、姫路ZOOで一番「かわいい!」って歓声を浴びているのはひなたのような気がします。


ここで姫路ZOOの環境のことを少し記しておきますね。

現在は多くの動物園が動物の行動展示への移行のため、順次、施設を改修されたりしていますが、姫路ZOOは一言でいうと"昭和"の動物園。 柵や檻が目立ち、飼育スペースも現在の水準から考えると全体的に小さめです。
しかし、これには大きな理由がありました。 調べたり聞いたりして分かったんですが、厳しい法規制があったのです。
姫路ZOOのある城のお堀一帯は文化財保護法に基づく特別史跡に指定されているため、現状からの改変が原則禁止されているのです(改変する場合は文化庁の許可が必要)。

飼育舎の増改築さえまともにできないというこのしがらみから逃れるため、市の中では姫路ZOOは将来的には移転するものという決定がなされているようです。

姫路市立動物園のあり方に関する検討会 (姫路市ホームページ)

ただし具体的な移転先やスケジュールなどは、少なくとも公には一切伝わってきません。
市内部では検討が進められているのかもしれませんが、個人的には、今のこの時代に動物園を丸ごと移転するような巨大事業を実施するのは相当に困難だと思います。

姫路ZOOの今後の運営については、近くにある姫路セントラルパーク(民間経営)との連携・役割分担など、いろいろと個人的な提案はあるのですが、長くなりそうなので、ここではやめておきます(^^;)

・・・えっと、何が言いたいかっていうと(要領悪くてスミマセン)、姫路ZOOを訪問される方には、動物園がこの法的制約の中で運営されているということと、その中で職員さんが工夫を凝らして少しでも動物たちが快適に・楽しく過ごせるよう考えてくださっているということをぜひ知っていただきたいってことです。

節分イベント(ひなたへの恵方巻きプレゼント)の様子 (姫Zooぶろぐ)

姫路ZOOでは恒例イベントになりましたね。 恵方巻きを頬張るひなたがかわいいです。
今年はひなたひとりでしたが、来年の節分の日はミホと並んでカブりつく姿が見られそうです。


姫路城のグランドオープンの頃には、そのお膝元で、ひなたとミホの同居が始まっているかもしれません。
またレポートしに行きたいと思います(^-^)


それにしても、ひまり、しずく、たいよう、しらたま、ひなた・・・西の身近なパンダにすごい勢いでおめでたい話が続いて、目が回りそうです(^^;)
(名前がひらがなだと結婚運がいいんでしょうか 笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015/02/14

しらたまの嫁入り

とくしま動物園のしらたまです。

Dsc_00743

しらたま
2013年6月25日 とくしま動物園生まれ 母:ミンミン 父:ソラ
双子姉妹に「みたらし」がいます。ふたりあわせて"団子姉妹"。


この度、めでたく福知山市動物園への嫁入りが決まりました。 おめでとう!

Dsc_002121

本当は今日(2月14日)開催された「しらたまを送る会」に参加したかったのですが、あいにく日中、用事があったため、その少し前に訪れてひと足先にお見送りをしてきました。


お母さんのミンミンに似て、目鼻立ちがくっきりした美パンダに成長してくれました(^-^)

Dsc_014321

身体能力も抜群です。

Dsc_01291

Dsc_01341

体を器用にくねらせて、東屋の屋根の上に軽々と登ります。
この東屋、制作側にとっては、屋根にパンダを登らせるような意図は全くなかったと思われますが、想定外の使われ方をしています(笑)
この運動神経のよさもミンミン、さらにいえばお婆さんのミンファからの血筋ですね。
お父さんのソラの要素がほとんど感じられないしたらまですが、ややぽっちゃり体型なところだけは唯一、ソラ似かも ^^;


屋根のポリカ(?)の波板と下地のベニヤの間にサンドイッチされるしらたま。

Dsc_091521

自分から進んでこの間に入っていくんです。(こういうところも器用です) 
ここが最近のお気に入りのポジションなんだとか。 落ち着くんでしょうか 笑


しらたま(&みたらし)は、ソラ&ミンミンにとっての初めての子ども。
と同時に、としくま動物園にとっても、開園以来初めて生まれた記念すべきレッサーパンダです。

一昨年の秋、一般公開初日に喜び勇んで会いに行ったことが昨日のようです。

公開初日のしらたま (2013年10月撮影)

Dsc_023331

この頃から既に大人っぽい整った顔立ちをしていました。


今も展示場前の通路にはしらたま・みたらしの成長記録がドカ~ンと掲げられています。

Dsc_025721

どの写真もこれがまた超絶にかわいいのです…1枚だけアップで。

Dsc_042421

まさに団子状態のW天使! 右がしらたまですね。


上の写真のように、とにかくこの姉妹は小さい頃から大の仲良しでした。 

(↓2014年3月撮影・右がしらたま) Dsc_003911

(↓2014年10月撮影・左がしたらま)Dsc_0616211
名前のとおり、団子のようにくっついて遊んだり、タレたり、毛繕いし合ったり。 いつも一緒でした。


そんな団子姉妹の仲良しぶりはこの日も健在でした(^-^)

Dsc_018521

Dsc_03881

Dsc_04082

Dsc_062821

Dsc_089121

あぁ・・・もうなんていうか、この姉妹が離れてしまうことがセツナイですわ、ほんとに。

福知山ZOOは、管理人の自宅からだととくしまZOOに行くよりも時間的にはむしろ近いくらいなので、「遠くに行っちゃって会えなくなる」的なさびしさはないんです。

ただ、もうこの姉妹のツーショットを見られないと思うと・・・、そして何よりしらたまが移動した後の姉妹の気持ちを考えると・・・無性にせつなくなってしまいます。
いくら野生では単独生活を送るレッサーパンダとはいえ、生まれたその日からこれだけ毎日一緒に仲良く暮らしてきた相手が突然いなくなって何も感じないってことはないでしょうからね。

でも、親や兄妹との別れは、これまで多くの先輩パンダたちが通ってきた道。 ソラやミンミンだってそうでした。
しばらくはお互いさびしいかもしれませんが、強く乗り越えてくれるでしょう。


しらたまはキーパーさんのことも大好きです。 じーっと見つめて…

Dsc_02041

エイッて飛び移って、抱えてもらいます。

Dsc_021421

数日後にはお別れが待っています。 それが分かっているキーパーさんと、そんなこと知る由もないしらたま。
そんなことを考えながら、このシーンを見ていると何だかジーンとしてしまいした。。。

ちなみにキーパーさんは今年度にとくしま動物園に入って飼育員になられた方です。
自分が初めて担当した動物を他園に送り出すのは、きっといろんな想いがあるでしょうね。


しらたま2月16日に福知山ZOOに移動。 中3日を挟んで20日から公開予定となっています。

福知山市長2月定例記者会見 (福市山市ホームページ)
2頭目のレッサーパンダが仲間入りします (福知山市動物園ホームページ)

2匹目レッサーパンダ 京都・福知山市動物園に (京都新聞 2月10日)
レッサーパンダの「しらたま」 20日から一般公開 (両丹日日新聞 2月11日)
花嫁候補!?レッサーパンダのメスがお目見え 20日公開 京都・福知山市動物園 (産経WEST 2月13日)

昨日までの寒さで今頃、福知山ZOOの放飼場は雪景色かもしれませんね。

しらたまはとくしまZOOではミンミンとみたらしとしか同居経験がありません。
性格も少し臆病なところもあるので、見知らぬパンダとの同居は最初はびっくりするかもしれませんが、早く新しい環境に慣れて、キャラと仲良く幸せに暮らしてくれることを願ってやみません。


しらたま。 今までたくさん楽しませてくれてありがとう。 

Dsc_052021

仲良かったみたらしとのお別れはさびしいかもしれないけど、福知山では同い年のイケパン、キャラが首を長~くして待ってくれています。

どうか福知山でも元気で。 また今度会いに行くよ。

<追記>2015.2.21
↓福知山に到着後の様子が載っています。 1日も早く福知山の環境に慣れてくれますように。  
レッサーパンダの「しらたま」20日に公開 京都・福知山動物園 (京都新聞 2月18日)
雌の「しらたま」です (朝日新聞デジタル 2月19日)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2015/02/12

たいよう、西山動物園へ!

池田動物園のたいようが2月13日に西山動物園に婿入りすることになりました!

西山動物園Facebook

いや~、めでたい、めでたい(^-^)
ペアのお相手はミルキー。 2013年生まれの同学年カップルの誕生です。

西山ZOOには2月13日の夕方に着いて、翌2月14日から早速公開(!) これは「西山方式」ですね。
一昨年、姫路セントラルパークからキラリを迎えたときも移動日に公開されていました(笑)

西山ZOOが他園からパンダを迎えるのは、Facebookにもあるとおりキラリ以来ですが、オスのパンダを迎えるのは2004年6月にひらかたパークからシュンシュンが移動してきて以来、実に11年ぶりのようです。

関係者の期待を一身に受けて、たいようは鯖江に旅立ちます。


写真は先週末、池田ZOOのリンゴタイムでのたいようです。

Dsc_056021

パンダにもニンゲンにもフレンドリーなたいよう。 
ミルキーやキーパーさんともすぐに打ち解けてくれて、きっと西山ZOOでも人気者になってくれるはずです。 
婿入り、おめでとう!
(池田ZOOでのたいようの思い出はまた改めて振り返りたいと思います)

<追記>2015.2.13
たいよう、無事に西山動物園に着いたようです(^-^)  鯖江の皆さん、どうかよろしくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/02/10

楽しみな新婚さん

かわいいイケパンのんたをお婿さんに迎えたしずく。

Dsc_096821

恋鳴きを連発していました(^-^)


おや~、いつものムスッとした顔が今日は何だかうれしそうじゃありませんか?

Dsc_092821

改めまして、ご結婚おめでとうございます。


しずくとのんた、バックヤードでのお見合いの効果があってか、この日が初めての同居だったにもかかわらず、お互いケンカどころか、威嚇したりも一切なく、関係は良好そのものでした(^-^)

放飼場を探検中ののんたをアスレチックの上のしずくがじーっと見ています。(写真がアレで恐縮です…^^;)

Dsc_074721
凝視とはまさにこのことでしょう 笑 

Dsc_075021

本人はいたって真剣なんでしょうが、笑えてきます。


ここでもじーっと目の前ののんた(左)を観察。 

Dsc_097621

新婚早々、なかなか積極的でした。 時々、自分からのんた(左)に近づいていきます。 

Dsc_071521

「・・・・・」(のんた)  「ち、近い」(しずく)

Dsc_071921

「気まずい、逃げよっと」(しずく)

Dsc_072121
と、まぁこんな感じです。 しずくは結婚してもしずくです 笑


これも写真が・・・ですが、上(しずく)から下(のんた)から仲良く笹を食べるの図です。

Dsc_083421

食べてるうちに、のんた(右)が上に上がってきてしずくの横に~

Dsc_084721

さらにさらに近づいて、ほとんどぶつかりそうになって食べてます。

Dsc_085021

笹を食べることに夢中になっているとはいえ、初めての同居、しかも1時間でこの近さですからね。
お互い相手のことを警戒していたらこんな至近距離では平然としていられないはずです。

あくまでも第一印象ですが、このふたりは相当いい感じだと思います!

今となっては懐かしいですが、陸とフィンフィンの同居開始時、それから大地とルナの同居開始時は、いずれも一触即発のピリピリモードでしたからね ^^; (注:今はそれぞれケンカもせずに平穏に暮らしています)
それに比べると、しずく&のんたは何とまぁ穏やかで平和なことか 笑

しずくもそうですが、のんたも徳山ではファミリーでワラワラ展示をされていました。
もしかすると子パンダ時代からそういう経験を積んだことで、他の個体をすんなり受け入れられる性格になっているのかもしれません。


ってことで、のんた。 池田動物園に来てくれてありがとう。

Dsc_072921_2

しずくは一風変わったパンダですが、憎めないかわいいヤツです。
「もっとフツーの子がよかった!」とか言わずに、どうかよろしくお願いします(笑)


新しい風が入ってきた池田動物園。 しずくとのんたによって、この先、どんな物語が紡がれるのでしょうか。 楽しみです。


まだまだ寒い日が続きますが、園内には春の訪れも感じられました(^-^)

Dsc_068621

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/02/08

のんた、ようこそ岡山へ

ってわけで(?)、早速、池田動物園に突撃。 しずくとのんたの様子を偵察に行ってまいりました。

徳山改め池田のファミリーとなったのんた。 ようこそ岡山へ!

Dsc_094021

2012年生まれのしずくとは同い年のイケパンくん。 たまたまですが顔の毛の配色の感じはしずくとよく似ています。

のんたは1月30日に池田ZOOに来園後、バックヤードでしずくと柵越しの「お見合い中」とのことで、これまでまだ一度も屋外放飼場に出したことがなかったそうです。
実はこの日も最初はしずく&のんたの展示予定はなかったんですが、キーパーさんのご厚意で閉園前の1時間ほど放飼場に出していただきました(^-^)
ちなみに移動してきたパンダを外に出す際は、最初はどんな行動を取るのか分からないので、(脱走のおそれがないかとか見極めたりするため)しばらくはキーパーさんの立ち会いが必要とのことです。
ですので、のんたが外に出ている間は放飼場の脇で担当・副担当のキーパーさんが監視の目を光らせておりました。
業務ご多忙だったにもかかわらず、キーパーさんにはただただ感謝、恐縮ですm(_ _)m 本当にありがとうございました!

ということで、のんたにとってはこの日が正真正銘のお外デビュー。
その記念すべき場面に立ち会えたのは、ファンとしては格別の喜びです(^-^)


出てきた直後は、見慣れぬ池田ZOOの放飼場にやや緊張気味の面持ちにも見えました。

Dsc_078621

でも若さなのか性格なのか、警戒心よりも好奇心の方が圧倒的に勝っている感じ。 

放飼場に生える草木に興味津々。

Dsc_077421

初めてなのにいきなりスカイウォークにも登頂しちゃいます。

Dsc_088421

こうやって見たらお父さんのコタロウによく似てますね。

Dsc_087121

ありとあらゆる箇所をクンクン、

Dsc_087521

ペロペロ、

Dsc_091421

ガジガジ。

Dsc_093621

目に入るもの全てを入念にチェックしていました(^-^) 


キーパーさんが調達してきた採りたての笹をムシャムシャ。 池田の笹もお口に合うようで何よりです。

Dsc_096321

目の前に来てくれました(^-^) 

Dsc_092221

放飼場周囲に柵が巡っているのは徳山と同じ構造なので、のんたには違和感ないはずです。


端正で優しそうな顔立ちののんた。

Dsc_094521

この日初めて目にする未知の世界。 フツーから尻込みしてもおかしくないはずですが、わずか1時間ほどで、放飼場を隅から隅まで歩き回って探検していました。
きっと好奇心が強くて、懐の深いパンダなんだろうと思います。
新しい環境への適応は全く問題なしと断言します。 たった1時間でこれですから、あっという間に慣れてくれるでしょう。


ところで・・・もちろん花嫁(後ろ)と同居しています 笑

Dsc_094921

続きは次回に^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/02/06

婿入り・嫁入り情報!!

レッサーパンダの恋の季節が到来していますが、うれしい婿入り・嫁入りのニュースを2連発!

***

周南市徳山動物園ののんたが1月30日に池田動物園に移動しました!

レッサーパンダののんたが岡山へ引っ越しました (徳山動物園 飼育員のブログ)

あのしずくについに待望のお婿さんが~!
妹ひまりに若干先を越されましたが、しずくの婚活がついに実った形です(^-^)

のんた (2013年9月撮影)

Dsc_048221

のんたは2012年徳山動物園生まれ。 母はリボン、父はコタロウ。
しずくとは同い年ですね。
ちなみに父コタロウの母、花花(現:多摩動物公園)は池田ZOOの生まれ。 つまり、のんたは祖母の故郷に引っ越してきたことになります。
のんたって角度によってはどことなくしずくに似てるんですよね。
さて、どんな恋模様が繰り広げられるんでしょうか。 相手があのしずくだけに想像もつきませんが(笑)、とにかく楽しみです。

***

そしてとくしま動物園のしらたまが2月16日に福知山市動物園に移動!

とくしま動物園のレッサーパンダ、福知山市動物園に嫁入り 14日にお別会 (徳島新聞) 

とくしまのパンダファミリーは個人的にみんなお気に入りなので、移動先がその気になればいつでも行ける福知山ZOOだったのはラッキー(?)でした。
ペアの相手はもちろんキャラです!(^-^)

しらたま (2014年10月撮影)

Dsc_005921

しらたまは2013年とくしま動物園生まれ。 母はミンミン、父はソラ。
キャラも2013年生まれなので、こちらも同学年カップルの誕生です。
衝撃的なネーミングで話題をさらったしらたま・みたらし姉妹もいよいよお別れですね・・・生まれてからずっと一緒でいつも仲良しな姉妹だったので、しばらくはお互いさびしいかもしれませんが、こればかりはしょうがないです。
しらたまは少し臆病なところがあるようですが、基本的には穏やかで芯の強いパンダという印象です。
移動先の福知山ZOOの環境に慣れるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、きっとキャラとも仲良く暮らしてくれると思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015/02/05

西山のララ、安らかに

西山動物園のララが2月2日の朝に亡くなったそうです。

西山動物園HP

西山動物園Facebook

昨年12月に亡くなったふたつ下の弟チャタの後を追うように天国へ旅立ちました。

ララは2000年西山動物園生まれ。 父はタカシ、母はチャチャ。
現在ズーラシアにいるコウセイはララの双子の兄です。
生まれてから14年半を西山ZOOで過ごし、ヒサシとの間にキララ(♀)、シュンシュンとの間にシュララ(♀)、ヤンヤン(♂)、シンシン(♂)の4匹の子どもを残してくれました。

2012年9月、初めて西山ZOOを訪問した際に屋外放飼場に出ていたのがララでした。
長年連れ添ったシュンシュンと一緒に外に出ていて、上品そうなかわいい姿を見せてくれました。
その後は長らく非公開の飼育舎で暮らしていために近くで会うことはできませんでしたが、いつも遠目には元気な姿を見せてくれていました。(西山ZOOの非公開放飼場は遠くから覗くことができます)

大規模な拡張工事を控えている西山動物園ですが、それを待たずに、チャタに続いてララまで・・・残念です。

色白の美パンダさんだったララ (2012年9月撮影)

Dsc0066021

子どもたちの中では、現在アドベンチャーワールドで暮らすシンシンがビジュアル的には一番ララの血を引いている気がします。

ララ、おつかれさまでした。 どうか安らかに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »