« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014/04/30

春のカイ&カイ2

のいち動物公園の続きです。

カイくんの熱い視線の先は…

Dsc_07732

キーパーさんが持つリンゴ! 

Dsc_07762

のいちZOOでは土・日・祝のお昼に「レッサーパンダのお食事タイム」が開かれます。


リンゴを大事そうに手にしてモグモグするカイくん。

Dsc_07901

食べる前にクンクン。

Dsc_07951

リンゴが全部なくなっても、満足できないふたりは並んでキーパーさんに視線を送ります。

Dsc_08131

普段はおとなしい淑女のカイちゃんも「もっとちょーだい!」のサイン。

Dsc_08102

我慢できずにキーパーさんの足元まで来て訴えてます。

Dsc_081921

どこのレッサーパンダもリンゴのことになるともれなく目の色が変わりますね~


リンゴの後は笹です。

Dsc_001121

左がカイくん、右が(顔が隠れちゃってますが)カイちゃん。 


カイちゃんはあまり姿勢を変えずに、黙々と笹を食します。

Dsc_002521

こちらはカイくん。 寝ていることも多いカイくんですが、笹を食べるときはよ~く動きます。

Dsc_00021

品定めをするような真面目な表情がかわいいですね。

Dsc_00721

とにかく必死で食べます。

Dsc_00851

「うまい!!!」 

Dsc_006421

テンション上がって、立ちあがっちゃいました~


カイちゃん(前)の後ろをこっそり追尾するカイくん。

Dsc_018521

カイちゃんは時々立ち止まって、後ろをつけてくるカイくんのことを不思議そうに眺めるんですが、カイくんはその度に踵を返します(笑)

Dsc_018531

上の写真はカイくんがまさにUターンしようとしている瞬間です。
カイくんは恥ずかしがり屋さんなのかな? ^^;

でもお互い穏やかな関係を築けているようで、仲は良さそうでした。
おそらく全国でここだけの同じ名前のペア、カイちゃん&カイくん。 うれしい知らせがいつか聞けるといいなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/04/27

春のカイ&カイ

お久しぶりなカイ。 こっちはカイちゃん。

Dsc_018021

で、こちらもカイ。 こっちはカイくん。

Dsc_00571

同じ名前のかわいいペアに会いに行ってきました。
(忙しくてアップが遅れちゃいましたが、3月下旬の写真です。)


春の陽気に誘われて、南国土佐へ。 高知県立のいち動物公園です。

Dsc_03711

管理人の家からだとのいちまでは車で片道3時間くらい。 ちょっとハードでしたが日帰りでドライブ旅行してきました。


レッサーパンダ屋外放飼場です。

Dsc_04171

それほど広くはありませんが、中木が1本立っていてその周りをアスレチック(シーソーや吊り橋もあります)が囲む楽しげな構造。
のいち動物公園では「自然の姿を可能な限り再現」をコンセプトにしているため、レッサーパンダに限らず、基本的にどの動物の展示施設にも柵・檻の類はほとんどありません。
とても観察しやすいです。


カイちゃん・カイくん、仲良く同居していました。

Dsc_02381

上がカイくん、下がカイちゃんです。

のいち動物公園ではペアの同居展示を行っているのは繁殖期とその前後だけ。それ以外のシーズンは単独展示です。
また、高知の暑い夏を考慮して、6~9月はそもそも屋外展示は行っていないので(屋内では見られます)、こうやって2匹同時に外で見られるのは限られたシーズンだけなのです。


のいち生まれ・のいち育ちのカイちゃんです。

Dsc_049521

2005年のいち動物公園生まれ。 母はフウ、父はヨウヨウ(いずれも今は天国へ)。
双子の兄にタイチ(天王寺動物園を経て、今は茶臼山動物園)がいます。


のいちを訪れたのは今回が5回目だったんですが、2~4回目はカイちゃんは屋内展示だったので、お日さまの下で会えたのは2年近くぶり。 

Dsc_043421

慣れ親しんだ放飼場をお散歩。

Dsc_043921

クリっとした優しそうな瞳がかわいいです。

Dsc_04431

美パンダさんですね~

Dsc_018821

舌出しながら、後ろ足で体をカキカキしてます。 

Dsc_022121

寝顔もかわいいカイちゃん。

Dsc_09711

カイちゃんにとって、今のカイくんは3番目のパートナー。
その前は陸(現:池田ZOO)、さらにその前はレン(現:ズーラシア)とペアを組んでいましたが、相性の問題もあって繁殖には至りませんでした。
「カイちゃんにかわいい子どもを」は動物園関係者の悲願のようですので、今度こそ!と期待せずにはいられません。


カイちゃんとペアを組む市川生まれのカイくん。

Dsc_08393

2008年市川市動植物園生まれ。 母はナミ、父は天天。
双子の妹にソラがいます。
のいちには昨年の3月に"婿入り"してきました。


なんとも愛らしいタヌキ顔をしたカイくん。 

Dsc_053921

双子のソラとは顔の印象がかなり違いますね ^^;

Dsc_080121

高知に来てからもう1年。 放飼場を楽しそうに行ったり来たりして、のいちでの生活にも完全に慣れた感じでした。

Dsc_07411

地面をクンクン。 

Dsc_09871

おっとカメラ目線(?)。

Dsc_082221

カイくんは「よく寝る子」です。 かわいいタレ姿。

Dsc_055121

のいち動物公園ではカイくんを市川から受け入れた際、ペアの名前が同じになってしまうことを気にして「名前を変えようか」という話も出たようです。
でも結局は「やっぱり市川で親しまれてきた名前でいこう」ということになったそうです。
管理人も名前は変えなくて絶対正解!だったと思います。
ファンの方々にずっとその名前で愛されてきたわけですからね、カイくんはどこに行ってもカイくんですよ。

そういえは、先日、夢見ヶ崎動物公園で、オスだと思われていた昨年生まれの「ギンガ」が実はメスだった(!)ということが分かりましたが、名前は改名しない方針と発表されていました。
動物園としては内心やっちゃった~って思いはあるのかもしれませんが、名前に込められたエピソードもそのパンダにとっての個性ですし、ぜひこれからも「ギンガちゃん」として愛されてほしいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/04/23

キャラ、5月2日から公開

埼玉県こども動物自然公園から4月21日に福知山市動物園に移動した「キャラ」の一般公開が5月2日から始まるそうです。

福知山市長 4月定例記者会見(福知山市HP)
お知らせ「レッサーパンダがやってきました!」(福知山市HP)

風太の孫・レッサーパンダ来る 京都・福知山市動物園(京都新聞)
直立レッサーパンダ、「風太」の孫がデビューへ(読売新聞)
レッサーパンダ近くお目見え 福知山市動物園(朝日新聞)

5月2日の公開日には「お披露目式」も開催されるようです。
管理人は公開日は残念ながらお仕事。。。ですが、ぜひ近いうちに会いに行きたいと思います。

ところで、報道によると、キャラは鯖江市西山動物園から福知山市動物園に貸与されるといった旨の内容になっています。
形式上は西山動物園の所有ということになっているのかもしれません。
キャラはもちろん、その父母や祖父母も西山動物園との直接的つながりはないはず(と思う)なので、ちょっと???ですが。

それにしても、やっぱりこういう報道の際は"「風太」の孫"として紹介されるんですね ^^;

体重がまだ3kgちょっとと、かなり小柄なキャラですが、早く新しい環境に慣れて、福知山の人気者になってほしいですね。
来春にはお嫁さんも来る予定とのことで楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/04/19

お久しぶりなひなた&バナナ

お久しぶりの姫路市立動物園。 (アップが遅れちゃいましたが先月の写真です。)

ひなた。

Dsc_034221

ん~、いつ見てもイケメン!


バナナ。

Dsc_012221

キリっとした印象のひなたに対してバナナはほんわか系のタヌキ顔。 
毛の白い部分にもうっすらと茶色が混ざっているのがバナナの特徴です。


2匹のプロフィール。

Dsc_013721

ひなたは池田動物園の生まれ、昨年天国に行ったひよりの双子の兄(弟)です。

バナナは市原ぞうの国の生まれですが、市原ぞうの国のレッサーパンダって謎なんですよね~。
HP見ても情報がないし、レサパンファンの方のプログにも市原ぞうの国はほとんど登場しないしで、どんな名前のパンダが何匹いるのかとか、ミステリーに包まれています。
バナナにも兄弟・姉妹がいるのかな?

ちなみに2匹の行動パターンを見る限りは、個体紹介にあるようにひなたの方が活発、バナナはおとなしめに見えますが、キーパーさんのお話では、実は「バナナの方が強い」関係なんだそうです。
そういえばひなたの生まれ故郷、池田動物園のキーパーさんも「ひなたは気が弱いところがある」とおっしゃっていました。


この日のひなたの写真を何枚か。 個人的に関西屈指のイケパンくんだと思っています。

Dsc_000221

Dsc_004221

Dsc_005021

Dsc_009121

Dsc_023621

Dsc_032621

横顔とか見てたら、やっぱりひよりと似てるなぁと改めて思いました。
性格が穏やかでやさしいところもひよりと一緒です。
ひなたにはどうかひよりの分までいつまでも元気に生きてほしいです。


こちらはバナナの写真。 (バナナは寝てる時間が多くて、あまり写真が撮れませんでした…)

Dsc_003921

Dsc_011921

Dsc_012521

Dsc_01861

Dsc_019631

リンゴへの情熱はひなたよりも上のバナナ。
キーパーさんの持つリンゴに釣られて柵に登って、リンゴをゲットした後も柵に足をかけた状態でモグモグ食べてました。


こんなひなたとバナナにかわいい赤ちゃんを!といつも思うのですが、残念ながら今年もあまり期待できなさそうとのことでした。
う~ん、同居の様子を見ている限り、ケンカもしないし、決して仲は悪くなさそうなんですが・・・
まぁ、こればっかりは外野の人間にはどうしようもないですからね、2匹が元気に穏やかに暮らせているのならそれでよしなのかもしれません。


レッサーパンダ舎内の小部屋の扉にかわいいイラストが描かれていました。

Dsc_002721

上はひなた、下がバナナです。 キーパーさんの愛のこもった手描きです。
姫路を中心にした播磨地方が舞台になっているNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』にあやかったのでしょう、ひなたは兜をかぶった戦国仕様です。 かわいいですね。


「平成の大修理」中の国宝・世界遺産、姫路城。
大天守の本体工事が昨年末に概ね完了し、大天守を覆っていた工事用建屋の解体が始まっています。(写真奥)

Dsc_026821

このまま順調にいけば、7月末には外から大天守の全貌が望めるようになるようです(お城自体の公開は来年3月下旬からの予定)。
ちなみに写真で赤く囲っているのがレッサーパンダ舎。 ひなたとバナナは姫路城の文字通りお膝元で暮らしています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014/04/16

富士サファリパークと福知山市動物園でレッサーパンダの展示開始

レッサーパンダを飼育する動物園がこの春、二つ増えることになりました!

埼玉県こども動物自然公園で昨年生まれた「カフェ」(♂/母:ナツ/父:ミンミン)が静岡県の富士サファリパークに、同じく「キャラ」(♂/母:リリィ/父:コウタ)が京都府の福知山市動物園に、それぞれお引っ越しです。

埼玉県こども動物自然公園HP ニュース (2014.4.16の「レッサーパンダが2頭お引越し」を参照ください。)

「カフェ」の移動日は4月17日(木)(明日!)、「キャラ」の移動日は4月21日(月)とのことです。 (急ですね~)

富士サファリパークも福知山市動物園もレッサーパンダの飼育は今回が初めてとなります。
福知山市動物園が今年からレッサーパンダを展示することは以前から発表されていましたが、富士サファリパークにも導入計画があったことは知りませんでした。
ちなみに一昨年の報道では福知山市動物園に導入するレッサーパンダは西山動物園から借り受ける予定となっていましたので、その後、計画が変わったようです。

福知山市動物園は管理人の自宅から車で2時間ほどですので、一般公開が始まったらぜひ「キャラ」に会いに行きたいと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014/04/12

熱川バナナワニ園の兄妹パンダ、オランダへ

少し前のニュースですが…熱川パナナワニ園で2012年に生まれたレッサーパンダの兄妹が3月27日にオランダに旅立ちました。

学芸員の独り言
※植物を専門にされてる熱川バナナワニ園の学芸員さんのプログです。トップページにリンクを貼ってますので、2014年3月27日の記事「レッサーパンダの兄妹がオランダヘ」を参照ください。

記事を読んで一番びっくりしたのは熱川バナナワニ園では1998年以来、15年以上も他園とパンダの交換が行われていなかったという話です。
ニシレッサーパンダ(ネパールレッサーパンダ)を飼育している動物園は国内には熱川バナナワニ園以外にはないので、近親交配を避け、遺伝的多様性を確保するためには、必然的に海外の動物園を頼るしかないのですが、国際トレードがさまざまな事情でうまくいっていなかったようです。

このたび、日本のレッサーパンダの血統管理をしている日本平動物園の尽力もあり、オランダのロッテルダム動物園とうまく話がまとまったようで、2012年生まれの双子兄妹が日本を旅立ちました。
(30時間の長旅を経て、無事、オランダに到着したようです。)
代わりにオランダからオス・メスの2匹がやって来るとのことです。

国内各地の動物園で飼育されているシセンレッサーパンダでも最近は血統的偏りを防ぐために海外の動物園との交流がみられるようになりましたが、熱川バナナワニ園のニシレッサーパンダにおいても今回のトレードがきっかけとなって国際交流が再び活発になることを願いたいです。


写真はオランダに旅立った双子兄妹です。(2013年2月撮影)
100%の自信はありませんが、上がメス、下がオスだと思います。

Dsc_016621

Dsc_023121

管理人がこの兄妹に会ったのは生後8カ月くらいの時期でしたが、体もまだ小さく、行動や仕草にも仔パンダらしさが残っていて、とにかくかわいかったです。


どうかいつまでも元気で!
オランダでもみんなに愛されて、幸せなパン生を送ってください。
(オランダではぜひかわいい愛称(名前)を付けてあげてほしいなと思います。)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014/04/06

春の王子動物園

3月末の王子動物園。 

Dsc_049821

天気が悪かったので写真はアレですが、桜がとてもきれいでした(このときは7分咲きって感じ)。


ミンファにそろそろ会えるかな?と思ったんですが…

Dsc_029621

残念ながらまだ非公開でした~。
新しい環境に慣れるための練習(っていうか脱走の危険がないことの見極め?^^;)をもう少し続けるようです。

時間を区切ってキーパーさん立ち合いのもと、練習のため放飼場には時々出ているとのことなので、タイミングがよかったら外でミンファに会えるかもです。


遺伝子の多様性の保全、つまりは日本のレッサーパンダの将来のために神戸に来てくれたミンファですが、鯖江のPRも忘れていません。

Dsc_029321

鯖江は「眼鏡のまち」。 鯖江産のメガネフレームは国内で圧倒的シェアを誇ってます。


外ではミンファには会えなかったけど、姿はチラリと見ることができました。
レッサーパンダ舎の隣、「リスと小鳥の森」の中にあるガラス窓からガイアの寝室(下の写真)が覗けるようになってるんですが、そのさらに奥、目を凝らしてみるとミンファの寝室の様子もかすかに窺うことができるんです。

Dsc_03881

いました、ミンファ! (本来は写真を撮るような場所ではないんですが、強引にカメラを向けてみました。)

Dsc_034321

笹を食べるミンファ(のシルエット) ↓

Dsc_038621

元気そうだったので、とりあえずはひと安心。
柵を縦横無尽に登ったりして、運動神経のよさもまじまじと見せてくれました。


西山動物園時代の写真がいっぱいの展示パネル。 

Dsc_028721

神戸でのミンファの新しい暮らしが、鯖江のときと同様に幸せなのものになりますように。


ミンファは非公開でしたが、王子ZOOの王子さまガイアはいつものように笑顔で迎えてくれました。

Dsc_030721

とびっきりの美パンダさんがお嫁に来てくれて、なんだかうれしそうなガイア。


例によってガイアは常に元気に歩き回っています。 この日もあっち行ったり、こっち行ったり、ギャラリーを楽しませてくれました。

Dsc_028621

Dsc_029921

Dsc_036721

Dsc_041321

ここだけの話、王子動物園の中でギャラリーから一番「かわいい!」って歓声を浴びている動物は、ジャイアントパンダでもなく、コアラでもなく、レッサーパンダだと思います(笑)


頭カキカキ。

Dsc_035721

横顔もかわいいガイア。

Dsc_04571

それにしても、まさかガイアとミンファがペアになるとは・・・
2匹が一緒に外に出ているシーンをまだ見てないこともあって、いまだに実感が湧きません(笑)


ガイアはいつも閉園時間が近くなると自分の寝室の扉の前をウロウロし始めるんですが、そのときによく立ち姿を披露してくれます。

Dsc_04881

見事な二足立ち。 ミンファと同様、ガイアもかなり身体能力が高い方だと思います。


ガイアが寝室に収容された後は「リスと小鳥の森」の中から、こんなふうにお食事風景が観察できます。

Dsc_049121

顔はなかなか上げてくれないんですけどね ^^;


ところで、ガイアとミンファ、繁殖は来年に期待…のはずだったんですが、なんとミンファの放飼訓練中にガイアとの交尾がみられた(!)ようで、早速今年から期待できる状況になってしまいました (^-^)
きっと動物園関係者もびっくりしてるんじゃないでしょうか。
ガイアとミンファの子ども…考えただけでワクワクします。 うまく赤ちゃん誕生となればうれしいですが、さてどうでしょう?
初夏の頃を楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/04/01

お知らせ

「Red Panda NAVI」 最新号はミンファ特集です。

Dsc_05492

…というのはエイプリルフールのジョークですが(書店やamazonで探さないでください^^;)、以下はマジメな話。

新年度、会社で大きな組織改編と人事異動がありました。
管理人は異動はなかったのですが、周りの環境が激変したことで、結果的に自分の役割・負担がモーレツに大きくなってしまいました。

仕事量が増える上に新入社員の教育係も仰せつかってしまったので、落ち着くまで、しばらくブログの更新ペースが落ちると思います。
どうかあたたかい目で見守ってくださいませ。

当面は目の前に積まれた仕事をレッサーパンダだと思って、かわいがることにします(笑)

しばらく手抜きな感じのプログになるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m

管理人 SHIN

***

春ですね~。

写真は先週末、王子動物園の桜です。 (王子動物園は桜の名所でもあります。)

Dsc_050321

ミンファに会いに行ったんですが、まだ非公開でした…(;ω;)
(今はキーパーさん立ち合いの下、不定期に放飼場に出る練習をしているようです。) 


ミンファ対策(脱走対策)、なんだかすごいことに(笑)

Dsc_026921

最初はガラスの仕切りにまっすぐに板を被せただけだったんですが、抜群の運動神経を持つミンファはそれを乗り越えてしまったようで(西山動物園facebook参照)、さらにその上にV字型の"忍び返し"まで付いちゃいました。 
もう見た目なんか気にしちゃいられません。


「なんだ、あれは?」 

Dsc_043821

ガイアもびっくり。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »