« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013/11/21

到津の森、会いたかった2匹

撮影:2013年10月

先月、密かに(?)北九州と中国地方の動物園に遠征してきました。
早くアップしなきゃと思っていたのですが、とくしまZOOで団子兄妹が公開されたり、池田ZOOのひよりのことがあったり、そうこうしているうちに北陸遠征…と、すっかりほったらかしになってしまっていました。。。

というわけで、遅ればせながら・・・(^^;)
秋のレサパン遠征記第1弾は北九州市の到津の森公園。

Dsc_032721
今回が初めての訪問。前から会いたかった若いペアに会うことができました!


娘娘(ニャンニャン)の忘れ形見、凌凌(リンリン)(♂)

Dsc_06383

2007年旭山動物園生まれ。 母は娘娘(今年の夏、天国に)、父はノノ。


そしてフィンフィン(池田ZOO)の娘、野風(♀)

Dsc_047021

2009年池田動物園生まれ。 母はフィンフィン、父はツバサ(今は天国に)。


う~ん、この2匹、かわいすぎる。


お母さんとそっくりな赤茶色の毛並みが綺麗な凌凌。

Dsc_058821

優しい眼差しのイケパンくんです。性格も穏やかそうな感じです。

Dsc_044821

お顔プルルン。

Dsc_044921

北海道から九州まで大移動した凌凌。旭山のことは覚えてるかな?お母さんの分まで長生きしてほしいですね。


こちらはお母さん・お父さん両方の血を感じる、キュート極まる野風。

Dsc_04171

エヘ。

Dsc_047121

野風もプルルン。

Dsc_047721

「野風」っていうかわいい名前…きっとあの某ドラマからだと思うんですがどうなんでしよう~(笑)


到津の森公園のレッサーパンダ舎はこんな感じでした。

Dsc_04821

デザイナーズハウスみたいなお洒落な造り。かなりカッコイイです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/11/20

タンタン&メロン

撮影:2013年11月

バタバタしてて更新が遅れてしまいましたが、いしかわ動物園の続きです。

新しくやって来た若いペアを先に記事にしましたが、昔からのファンの方にとっては、いしかわZOOのレッサーパンダといえばこの2匹ですね。

Dsc_078721

タンタンとメロンのペアです。 管理人は今回が初めまして。


タンタン(オス)です。 2001年いしかわ動物園生まれ。

Dsc_088421

この日はバスの時間の関係で、レッサーパンダ舎には1時間ちょっとしか居れなかったんですが、その間、タンタンはずーっとこんな感じで気持ちよさそうに寝てました。
個体紹介の写真のようにお目目パッチリなイケパンさんのようですが、この日は起きている姿にはお目にかかれず。
でも、毛並みも毛艶もよくて、元気そうでした。


メロン(メス)です。 1999年安佐動物公園生まれ。

Dsc_09803

メロンは、安佐から群馬サファリパークを経て、2008年にいしかわZOOにやって来ました。
タンタンとは相性も悪くなかったみたいですが、残念ながら子どもには恵まれなかったようです。
14才、人間でいうとそろそろお婆ちゃんの年齢ですので、繁殖の役目は新しく来たアヤメに譲ることになりました。


アヤメとアクアが引っ越してきため、タンタンとメロンは新しい展示場で一緒に暮らしています。

Dsc_08121_2

アライグマ舎を改装したという放飼場。渡り木とかが縦横に巡らされていてなかなか楽しげ。面積もかなり広いです。


ウィーンって伸びをするメロン。 猫みたいです。

Dsc_079221

トロ~ンと脱力した顔がかわいいですね。

Dsc_080121

メロンって、何とも言えない味のあるかわいさがあります (^-^)

Dsc_00181

若くて活きのいいアクア&アヤメが来てくれたことだし、これからはタンタンと一緒に、仲良くのんびりと暮らしてください。

***

北陸遠征のオマケです。
金沢は前から一度、じっくり歩いて見て回りたいと思っていた街だったので、今回は一泊してゆっくり観光してみました。
(ゆっくりしすぎて動物園の時間が少なくなっちゃいました… ^^;)

夜の武家屋敷。土塀や長屋門が連なります。Dsc_057321

幻想的にライトアップされた石川四高記念文化交流館。国指定の重要文化財になっています。Dsc_063321

ひがし茶屋街。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている美しい町並みが広がります。Dsc_06451

金沢といえば…やっぱりここ。言わずと知れた日本三大名園のひとつ、兼六園。Dsc_071421

兼六園の向かいには金沢城の石川門。 城下町金沢のシンボルですね。Dsc_070521

こちらは現代建築。金沢21世紀美術館です。平面は円形で、四方向から自由に出入り可能という斬新なプランです。Dsc_07371_2

尾山神社の神門(重要文化財)。和漢洋折衷の珍しいデザインをしています。Dsc_07541

金沢駅の東広場。近代的なガラスドームの構造になっています。2015年春の北陸新幹線開通を見越して、駅周辺はものすごく綺麗に整備されています。Dsc_077221_3
(オマケのオマケ)
おや? どこかで見たことのある名前のラーメン屋さんです(笑)

Dsc_07631

観光ガイドブックにも載っていた、金沢駅近くの「らーめん風花」。 名前に惹かれて(^^;) 入ってみました。
ちなみにお店の名前は「ふうか」ではなく「かざはな」って読むんだそうです。
良質な素材を使った、あっさりしてシンプルな味。とてもおいしかったです。

***

ところで、いしかわ動物園は金沢市内ではなく、少し南の能美市にあります。
今回の遠征は金沢観光も兼ねていたので、金沢駅から出ている路線バスに乗りましたが、動物園に行くバスは本数がめちゃくちゃ少なくて(休日は1日3本、平日は1日1本!)、所要時間も約1時間と長め。

福井方面からいしかわ動物園を目指す場合は、特に金沢に用事がないのなら、福井駅や小松駅あたりでレンタカーを借りてアクセスした方がはるかに早く着いて、バスの時間も気にせず動物園でゆっくりできると思います。

レサパンファンなら、ぜひ西山動物園とセットで訪れたい動物園です。
ズングリムックリなアクアも待ってますよ~。

Dsc_099721

来年はアクアとアヤメのかわいい子どもが見られるといいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/11/16

『たいよう』と『ひまり』

池田動物園のツインズ、本日、名前が決まりました! (池田ZOO Facebook) 

(※写真は先月のものです)

男の子が「たいよう」

111

お父さんの「大地」と同じく、スケールの大きな男らしい名前になりました☆


女の子が「ひまり」

121

お母さんの「ひより」とは一字違い。こちらは女の子らしい、やわらかくてかわいい名前になりました☆


ひよりの残した忘れ形見。いつも兄妹仲良しです。 (左がひまり、右がたいよう)

131

天国でひよりも見守ってくれていることでしょう。
兄妹揃って、元気にすくすく育ってくれますように。

<追記>2013.11.17
太陽&ひまりです 岡山・池田動物園のレッサーパンダ(朝日新聞デジタル)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013/11/14

アクア&アヤメ

撮影:2013年11月

北陸旅行、鯖江の後は特急サンダーバードで北へ。
金沢に泊まって、翌日はウワサの2匹に会いにいしかわ動物園を初訪問です。

Dsc_07771

動物園の入口近くに掲げられてたポスター。 この秋、いしかわZOOに新しいレッサーパンダがやって来ました。

Dsc_077421_2

「新しいなかま」はこの2匹! アヤメとアクアの若いペアです。

Dsc_078221

今年の10月に、アヤメは周南市徳山動物園から、アクアは市川市動植物園から、それぞれここ石川に引っ越してきました。
・・・アクアって神経質なの? 顔に似合わないですね(笑)


アクアです。 2010年市川市動植物園生まれ。 母:ナミ、父:天天。

Dsc_089921

初めて会ったアクア。ファンの方のプログで見て、勝手にイメージを描いてたんですが、あまりにもイメージ通りだったので笑ってしまいました。
このちょっとふてぶてしい雰囲気がアクアの魅力ですね。


もしかするとそろそろアヤメと同居が始まってるかなぁと思ったのですが、引っ越してきて日が浅いこともあり、この日はまだ別展示でした。  

Dsc_00261

アクアはこの日は屋内展示場。老若男女から大人気でした。
(屋内なので写真がきれいに撮れませんでした。。。照明の関係で顔もずいぶん黄色っぽく写っています。ごめんなさい…)


こちらはアヤメです。 2011年徳山動物園生まれ。 母:風花、父:賢健。

Dsc_087221

キリッとした小顔の美パンダです。
アヤメには9月に徳山で会ってるんですが、別の動物園で会うと何だか変な感じですね。


アヤメはこの日は屋外展示場。

Dsc_092521

徳山の大放飼場ほど広くはないですが、中木やアスレチックがいい感じで配置されていて、なかなか素敵な環境です。


そんな2匹の見分け方ポイント。 とにかく体型が対照的なペアです。

Dsc_082521

まぁ、同居が始まってもこの2匹を見間違えることは絶対にないでしょう(笑)


寝顔がかわいいアクア。

Dsc_078321

立派な尻尾をしています。 毛並みもきれいで健康優良児って感じでした。

Dsc_094221

一心不乱に笹を食しています。 食欲旺盛なのは元気な証。 

Dsc_095621

小さい男の子に「おデブちゃん」って呼ばれてました ^^;

Dsc_089621

「ん? 誰がデブだって?」   不敵な笑みを浮かべるアクアです。

アクアってなんか独特の不思議な魅力を持ったパンダですね。市川で愛されていた理由がよく分かりました。


アヤメのお食事風景。 体はスリムなのに意外と大食いのようです。 手を伸ばして次から次へと笹を口にします。 

Dsc_091621

食べてる間も表情豊かです。

Dsc_082821

Dsc_083021

Dsc_083821

いっぱい食べた後はいっぱいお昼寝。 

Dsc_099221

新しい環境にも完全に慣れ親しんでいるようで、アヤメらしいマイペースな様子が見られました。

アヤメは好奇心旺盛で、細かいことを気にしない大らかなパンダのように思います。
きっとアクアとも仲良くやってくれるでしょう。
もしかして今頃は同居暮らしが始まっているかな? 若くてかわいい2匹の今後に期待!です。

<追記>2013.11.15
いしかわ動物園のホームページにアクアとアヤメの近況が紹介されていました。
どうぶつえん日記(アクア、アヤメ近況 11月13日)を参照。
まだ同居はしていないようですが、金網越しに"お見合い中"とのこと、この先が楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/11/12

かわいいソウちゃん

撮影:2013年11月

西山動物園のソウソウ。 ここしばらく北側の屋外展示場が定位置になっています。

Dsc_034221

2012年西山動物園生まれ。母ミンファ、父チャタ。
ミルキーのひとつ上のお兄ちゃん、チャーミンのひとつ下の弟です。
(ソウソウ、ずっとチョコチョコ動き回っていたので、柵越しだとまともな写真がほとんど撮れませんでした。。。ごめんなさい。)


ソウソウは頬っぺたの茶色い毛の部分が少ないんです。 顔の下半分がとても白っぽい印象。

Dsc_034321

兄妹に比べると鼻がキュッとしています。 キツネっぽくてかわいいです。

Dsc_049921

ソウソウは、ミンファの育児中に尻尾に傷が付いてしまい、尻尾の保護のために途中から人工哺育で育てられました。
なので、キーパーさんは第二のお母さん。とっても懐いています。

Dsc_044021

キーパーさんの服を爪と歯でしっかりつかまえて放しません。 

Dsc_04581

頭撫でられたり、顔をぐしゃ~と潰されたり。 楽しそうです。

Dsc_046821

まだまだ遊びたい年頃。屋内で単独展示だとどうしても退屈しがちですが、キーパーさんがいい遊び相手なってくれています (^-^)
ちなみにキーパーさんには「ソウちゃん」って呼ばれてました(笑)

***

動物園のある西山公園。 いつ来ても手入れが行き届いていて、ほんときれいです。

Dsc_013021

西山公園に来たら、この子にもあいさつしとかないといけません。

Dsc_05381

公園からは鯖江市内を一望できます。

Dsc_05351

公園南の大階段の西側には道の駅が建設中。 来年春のオープン予定です。
(「道の駅西山公園」については鯖江市HPで)

Dsc_05431

工事の仮囲いにはレッサーパンダの写真が貼られていました。さすがです(笑)
公園へアクセスするエレベーターと渡り橋もできるみたいですね。
ここから動物園はめちゃくちゃ近い!です。 全国で唯一の「レッサーパンダに会える道の駅」(西山ZOOは入園無料)になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/09

楽しいチャーミン

撮影:2013年11月

この日の西山動物園に展示されていたレッサーパンダは、みんなミンファファミリー。


南側の屋内展示場にいたのはチャーミン。 今回、チャーミンに初めて会えました。

Dsc_050721

2011年西山動物園生まれ。母ミンファ、父チャタ。ミルキーのふたつ上のお兄ちゃんです。


笹食べる顔、ちょっと姉のミンミン(@とくしま)に似てると思いました。

Dsc_050421

西山生まれ、西山育ちのチャーミン。ニンジンも大好きなようです。

Dsc_015421

とっても綺麗な毛並み。 

Dsc_04391_2

体も大きくて(西山ZOOのFacebookによれば体重は7kgとのこと)、なかなかのイケパンさんです。


チャーミンって見てたらめっちゃ楽しいです。

ひとりでクルクルでんぐり返ししたり。 (ピンボケすみません…)

Dsc_016221

笹と戯れたり。

Dsc_016521

溝の中で仰向けになって、尻尾とペットボトルを相手にジタバタ格闘です。

Dsc_017921_2

それにしてもあまりにきれいに溝にフィットしています。 ギャラリーみんな大爆笑 (^-^)


チャーミンが展示されている南側の屋内展示場はガラス越しに屋外展示場ともつながっています。
チャーミンは外にいるミンファ&ミルキー親子に興味津津。 ジーッと視線を送っています。

Dsc_030121

ガラスにペタッと貼りついて、親子を観察するチャーミンです。

Dsc_051521

どうも小さいミルキーのことが気になっている感じでした(笑) 一緒に遊びたいのかな?


今回が初めましてのチャーミンでしたが、名前のとおり、とってもチャーミングな楽しいパンダくんでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/11/06

ミンファ&ミルキー

撮影:2013年11月

生後4カ月の仔パンダにしてはかなり立派な体格のミルキー。

Dsc_025851

ミンファママの頑張りもあって、体重もすでに約3kgと、成育は順調そのものです。


放飼場の周囲に掘られた溝に下りてきたミルキー。

Dsc_036821

ギャラリーのカメラを興味津津で見上げています。 

しばらくひとりで遊んでいたらミンファが登場。

Dsc_038021

ミルキーを散歩に連れ出します。


溝の中を母と子が行進です。 

Dsc_038521_2

フサフサの尻尾を揺らしながらミンファの後をテクテクついていくミルキーのかわいいこと。


どうでしょう、ミンファ似かな? それともチャタ似?

Dsc_040321

もう少し大きくならないとまだ分からないですね。 成長を楽しみにしましょう。


ミンファから熱心に毛繕いを受けるミルキーです。

Dsc_048121

でも本人的にはちょっと嫌みたい? ^^;

Dsc_048521

笹いっぱい食べて、元気にすくすく育ってください。

Dsc_029621

Dsc_052021

ミンファも子育ておつかれさま。

Dsc_032521

ん~それにしても美パンダだ。


園内に掲げられていたパンダたちの写真入りパネル。

Dsc_014421

左から、チャタ、ミルキー、ミンファ。
国際レッサーパンダデー(9月の第3土曜日)のイベントに合わせて作られたもののようです。


今年、西山動物園ではキラリ&ヤンヤンのペアからも初めての赤ちゃんが生まれています。
こちらは双子。 女の子が「ひかり」、男の子が「ライト」と名付けられました。

Dsc_014621

左から、キラリ、…えっと、どっちがとっちだ ^^; ひかり&ライト、そしてヤンヤンです。
今は飼育スペースの関係で非公開施設にいますが、ファミリーみんな元気とのことでした。
キラリもヤンヤンも管理人お気に入りのかわいいパンダ。赤ちゃんがお披露目されたらぜひ会いに行きたいです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/05

ミルキー!

撮影:2013年11月

この仔はだ~れだ? 

Dsc_033421

5月のGW以来、半年ぶりに鯖江市西山動物園を訪れました。

赤ちゃんは7月7日、七夕生まれの女の子。名前はミルキー! 

Dsc_039421

西山ZOOで生まれた今までのパンダのネーミングとはちょっと系統の違う、甘~い(?)名前になりました。


ミルキーのお母さん、ミンファ。 実は屋外でミンファに会うのは今回が初めてでした。

Dsc_023721

外だと一段と美しさが映えるミンファ。 メイファの分までこれからも元気に長生きしてください。

Dsc_028921

そうそう、徳島に嫁いだミンミン、今年お母さんになったよ! 


お父さんのチャタ

Dsc_019521

動物園に着いたのがちょうど母子との入れ替え寸前で、こんな写真しか撮れなかった~。
実際のチャタはもっと、もっとかわいいです。 ごめんなさい ^^;   
変わらず、元気そうでした。


ミルキー、ママの真似してリンゴを手にはしたものの・・・

Dsc_027821

うまく食べられません。

Dsc_028521

っていうか、どう見てもそのかけらは君には大きすぎる気が(笑)


「リンゴはこうやって食べるのよ!」 ママに教えてもらいます。

Dsc_03051

リンゴに続いてニンジンの食べ方も。

Dsc_03501

ミンファがニンジンをきれいに完食しているのって初めて見たかも。

Dsc_03571

確かニンジンはあんまり好きじゃないって聞いたけど…
愛娘の前では、教育上、好き嫌いも言ってられないってことでしょうか(笑)
お母さん、おつかれさまです。

***

いつも西山ZOOへ行くときはJR鯖江駅から歩くんですが、この日はあえて武生駅から福井鉄道に乗ってみました。

Dsc_012321

一度、乗ってみたかったんです、福井鉄道。(乗った車両はコカコーラのラッピングがされていました。)
住宅街の中をのんびり走るのが新鮮で楽しかったです。 


西山公園駅ではちゃんとレッサーパンダが迎えてくれます。

Dsc_012721

つつじともみじの名所、西山公園。 この日はまだ紅葉には早かったですが、11月16日・17日は「もみじまつり」が開催されるそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/11/04

大好きな池田ファミリー

撮影:2013年10月

泊まりの出張が入ったり、少し体調崩したり…で、間が空いちゃいましたが、池田動物園レッサーパンダファミリーの続きです。

相変わらずの変テコな親子コンビ。大地(右)としずく(左)です。

Dsc_018321

ベタベタちょっかいをかけてくる親父とそれを嫌がる若き娘(笑)

Dsc_053621

リンゴ取り合ったり、プロレスしたり、でもいつも仲良しな、見ていて楽しい父と娘です。


スカイオォークの上でペロペロ毛繕い。父の大地です。

Dsc_02021

いつものように舌出し&変顔。

Dsc_020721

あ、凛々しい大地も載せとかないと怒られちゃいますね。

Dsc_024321

大地って"黙ってたらかっこいいタイプ"だと思います ^^;


娘のしずく。スカイウォークの先端から下界を見渡しています。

Dsc_039521

1才の女の子とは思えない王者(女王?)の風格。


今度は梯子の上で仁王立ち。

Dsc_026021

何がしたいのかなぁと思って見てたら…

突然、身を縮めて、ガオーッ。

Dsc_026621_2

意味不明。。。生粋のエンターテイナーですね、彼女は。


リンゴを手にして、ニンマリするしずく。 リンゴへの情熱は池田ファミリーの中では断トツです。

Dsc_019021_2

珍しく思慮深い顔してます。 時々、大人っぽい表情も見せるようになりました。

Dsc_021321

横顔がひよりに似てきたなぁと思ったり。

Dsc_020621

そろそろお年頃。将来は、お婿さんを迎える or お嫁に行く、ということもあるでしょう。
愛着のあるパンダなので、できればこのままずっと池田ZOOにいてほしいと思いますが、しずくが幸せな暮らしを送ることができるのなら、仮にお嫁に行くことになったとしても、喜んで送り出してあげたいと思っています。
(しずくの相手を務めることのできるタフな男子が果たしているのかという問題がありますが(笑))


父と娘のリンゴタイム。 

Dsc_049521

しずく(手前)はいつもキーパーさんの近くでリンゴを食べていますが、人への警戒感が強い大地(奥)は絶対に下に下りてきません。
それにしても毎日顔合わせてるのにこの警戒心っていうのは解けないもんなんでしょうか ^^;

しずくが丸太の上でかがんでリンゴを食べている姿、この日初めて見ました。
リンゴタイムではよくひよりがこの場所、この格好でリンゴを食べていました。
しずくも年頃になってお行儀がよくなったのかな?お母さんに似てきたのかな?と見ていたら…

Dsc_050421

結局、食べているうちにテンションが上がってきたのか、いつもの"しずくスタイル"に戻っていました(笑)


隣の放飼場の2匹も元気です。

です。 大地とは兄弟だけあって、顔の模様とかはよく似ています。

Dsc_035821

リンゴを美味しそうに頬張ります。

Dsc_044821

陸は大地と違って、とても人懐っこいです。
キーパーさんにおねだりしながら、いつも立って食べています。(しずくの食べ方に近い感じ)
同じ動物園(東武動物公園)で、同じ母(チヒロ)から育ったのは大地も一緒なのに、人に対する警戒感やリンゴの食べ方が全く違うのは不思議だなぁと思います。


フィンフィンです。 木の中から一瞬、顔を出したところを激写。

Dsc_042421

毎度のことながら、フィンフィンの写真を撮るの難易度高し!です。 
木の中か、ガラスルームの中にいることが多くて、なかなかお美しい顔を見せてくれません。

フィンフィンはリンゴを食べるのもガラスルームの中です。

Dsc_046821

秋になって涼しくなったら放飼場を闊歩する姿も見られると思ったんですが…こんな写真しか撮れなくてごめんなさい。次回こそ!

***

ひよりの姿がないことを除けば、池田動物園のレッサーパンダ舎はいつもと変わらない景色の中、いつもと変わらない時間が流れていました。
やっぱり自分はここのレッサーパンダたちが好きです。改めてそう思いました。
個性溢れるかわいいパンダたちやキーパーさんに感謝しながら、これからも池田ZOOのファミリーの姿を追いかけたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »