« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013/10/29

強く、たくましく。

撮影:2013年10月

池田動物園のツインズです。 スカイウォークに見事、登頂!

Dsc_002921

揃って元気に成長してくれていて、本当にうれしく思います。


男の子です。 柵を掴んでなぜかウインク。

Dsc_013121

先月訪問したときは2匹の識別に今イチ自信が持てなかったですが、もう大丈夫です。
顔立ちの違いがはっきり分かるようになりました。


なんていうか、うまく説明できませんが、より男の子っぽい顔をしている方が男の子。ってこれじゃよく分かりませんね(笑)

Dsc_010121

女の子に比べるとちょっとだけ目がツリ目なんですね。 どうでしょう、男の子の方は大地似かなぁ。


草と遊ぶ男の子。 とにかく目に入るものには何でも興味津津です。

Dsc_010621

男の子の方は女の子に比べると活発な印象で、あまり物怖じしない性格のように見えます。


一方、こちらは女の子。 顔の違い、分かるでしょうか? 目とその周りがちょっと違うんです。

Dsc_003321

この子にはひよりの血を感じます。 将来はとびっきりの美人パンダになりそうな予感。


倒木をガジガジ。 好奇心旺盛なのは男の子と一緒ですね。 

Dsc_005021

女の子は少し慎重派な性格で、前回はひよりの近くにいることが多かったですが、この日はひとりで放飼場を探検する姿も結構見られました。


カメラを向けると、少し上目遣いにジーッと見返してくれました。

Dsc_005721

ん?もしかして警戒されちゃっている?  敵じゃないので安心してください ^^;


このツインズ、女の子が男の子を慕っている印象で、イメージ的には男の子が「兄」、女の子が「妹」です。

Dsc_006421

お兄ちゃん(右)の後をついて歩く妹ちゃん。


兄妹並んで、仲良く何かを見ています。

Dsc_006921

重なった姿を横から見ると、これぞ双子!ですね ^^


「お兄ちゃん、待って~」

Dsc_011521

頼もしいお兄ちゃんがいてくれて、心強いね。


放飼場の隅で身を寄せ合う兄妹。 左が女の子で右が男の子です。

Dsc_012621

2匹とも幼いながらも意志の強そうな凛々しい顔してますね。 今から将来が楽しみです。


キーパーさんが柵に近づくと、2匹ともすごい勢いで駆け寄ってきます。 左が女の子で右が男の子。 

Dsc_013421

これからはお母さん代わりのキーパーさんからリンゴや笹をたくさん貰って、もっともっと大きくなってください。


お家へ帰るときも並んで一緒の仲良し兄妹でした。

Dsc_014221

来月決まる予定の名前も楽しみです☆

***

ツインズの元気な姿が見られて、本当によかったです。
それにしても、この子たちが双子でよかった・・・つくづくそう思います。
これからは兄妹仲良く、力を合わせて、強く、たくましく生きてほしい。 元気にすくすく育ってほしい。
今はただそれだけを願います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/10/26

ひより。ありがとう。

この秋はうれしいニュースと悲しいニュースが交錯します。

池田動物園のひよりが10月18日の朝、天国に旅立ちました。
(心臓の疾患が原因とみられるようです。)

今週始めに訃報を知ったのですが、なかなか自分の中で受け入れることができませんでした。
生まれ来る命もあれば、逝く命もある。 頭では分かっているつもりですが、あまりに突然でした。

今日、池田動物園を訪れ、キーパーさんとお話もできましたので、ここで報告させていただきます。


ひより。 (写真:2013年2月)
2009年池田動物園生まれ。母はルナ(現:秋吉台サファリ)、父はツバサ(今は天国に)。

Dsc_030631_2

まだ4才。 もっともっとたくさん生きてほしかった。

***

昨年、大地との間に初めての赤ちゃん「しずく」が生まれました。 (写真:2012年9月)

Dsc_055221

初産でしたが、立派に子育てをやり遂げました。 素晴らしいお母さんぶりだったと思います。


しずくが大きくなってからは、大地も一緒にファミリーで暮らすようになりました。

大地(左)としずく(右)に囲まれて。 (写真:2013年2月)

Dsc_003331_2

夫にも娘にも甘えられてちょっと大変そうでしたが、仲良し一家のほのぼのした光景に癒されました。


大地としずくを左右に抑えて、ひよりがリンゴをゲット。 (写真:2013年2月)

Dsc_054531

リンゴといえばしずくの印象ですが、実はひよりもかなりのリンゴ好きだったのでした。


ひよりにエサやり体験をさせてもらいました。 (写真:2013年4月)

Dscn185321

人懐っこく寄って来て、「早くリンゴちょーだい!」 (下にいるのはしずく)


今年も昨年に続き、赤ちゃん誕生。今度は双子でした。 (写真:2013年9月)

Dsc_031921

昨年同様、優しい表情で赤ちゃんのことを見守るひよりがとても印象的でした。


甘えん坊の女の子に寄り添うひより。 (写真:2013年9月)

Dsc_028221

活発な男の子に対して、女の子は少し怖がりな性格のように見受けられました。ひよりはそういうことも分かって近くにいてあげている感じでした。

本当に優しく、大らかで、人懐っこい、美パンダだったと思います。

***

そして今日の池田動物園。

心配だったツインズたちでしたが、池田ZOO名物"スカイウォーク"に登って遊んでいました。

Dsc_002221

先月訪れたときはまだ木登りはほとんどできなかった兄妹。
それがこんな高いところ(この写真では分かりにくいですが…)に登れるようになるまで成長していました。

ある日、突然お母さんがいなくなってしまったことが、この子たちの中でどのように消化されているのか分かりませんが(あるいはまだお母さんを探したりしているのかもしれませんが)、お母さんがいなくても、2匹揃って元気に暮らしている姿を見ることができて、とかにくうれしかったです。


大地(右)としずく(左)はこのとおり相変わらずです。

Dsc_037021

スカイウォークの先端でにらめっこ。 大地はやっぱり舌出してますね。


母がいなくてもたくましく生きているツインズ。そして、いつもと変わらない父と娘。そんなファミリーたちの姿を見ていたら、何だか胸が熱くなりました。
みんな、どうかひよりの分まで長生きしてほしい。心からそう思います。


ツインズの女の子の方はひより似のような気がしています。

Dsc_000821_2

しずくも、最近は角度によっては、ひよりの面影を感じるようになりました。

Dsc_030521_2

池田動物園からひよりの姿はなくなっても、残された子どもたちに、ちゃんとひよりの血は受け継がれています。

***

天国でお父さんに会えたかな? これからは空からファミリーたちを見守ってあげてください。

51

ほかのパンダよりは少し短かったかもしれないけど、赤ちゃんのときからみんなに愛されて、3匹のかわいい子どもを残して、きっと幸せなパン生だったと思います。

ひより。今まで本当にありがとう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/10/23

父になったソラ

撮影:2013年10月

茶色い瞳がウルウル、お父さんになったソラっちです。 おめでとう。

Dsc_006721

お口パカッ。 父になっても、双子赤ちゃんに負けじ劣らじのかわいさです。

Dsc_002221

暑さが大の苦手なソラですが、やっと過ごしやすい季節になってくれました。

Dsc_002721

いつものお庭をせっせとお散歩。 

Dsc_004721

キリリとしたまじめな表情もかわいいです。

Dsc_006321

カメラをジーッと。 優しい眼差しに撃ち抜かれそうです ^^;

Dsc_008921

ソラはほんとに穏やかな性格。 キーパーさんもソラが怒ったりする場面をこれまで見たことがないそうです。

Dsc_009721

性格どおり、動きものんびり、スローです。 こうやってピタッと止まって、どこかをじっと見つめている場面が結構あります。

Dsc_010521

こうやって見たら、ヒゲが長いね(笑)

Dsc_018121

"日本一カワイくて腰の低いレッサーパンダ"の称号は父になっても放さないソラなのでした。

Dsc_033921

ミンミンが子育て中の間はひとり暮らしが続いているソラですが、もしかしたらバックヤードでは母と子の姿を見たりしているかもしれませんね。

しらたま&みたらしももうしばらくしたら屋外で展示されるようになると思いますが、できればその時はソラも一緒に…とかって勝手に思ったりしてしまいます。
(ソラのほけーっとしたおっとりな性格を考えれば、素人目には親子4匹の同居も問題なさそうな気がするので)

かわいいソラとミンミンに、これまたかわいい団子兄妹(しらたま&みたらし)まで加わったとくしま動物園。これからますます目が離せません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/10/20

「しらたま」と「みたらし」

撮影:2013年10月

とくしま動物園のソラ&ミンミンの双子赤ちゃん、その名も「しらたま」と「みたらし」に会いに行ってきました!

Dsc_00382
赤ちゃんは14:30~16:30までの間、屋内展示場でお母さんと一緒に公開されています。

Dsc_03002

とくしまZOO、初のレッサーパンダ赤ちゃん誕生ということもあって、この日は行列ができるくらいのものすごい人!
ガラスの前にずっと貼りつくわけにもいかず、写真はかなりテキトーです。ボケてたり、写りこみがあったりしますが、ご了承ください。


しらたま? or みたらし?

Dsc_01322
みたらし? or  しらたま?

Dsc_02333
2013年6月25日生まれ。 母はミンミン、父はソラです。
みたらしはメス。しらたまの性別はまだはっきりしないそうですが、多分オスではないかとのことです。

個性溢れる名前はキーパーさんが名付け親。
2匹が団子のように丸まっていたこと、毛の色が白っぽい子と黄色い子だったことから、「しらたま」・「みたらし」と名づけられました。

ただ、成長するにつれて白の子(「しらたま」)の毛がどんどん黄色くなっていき、今となれば毛の色は2匹ほとんど変わらなくなってしまったのだそうです。

というわけで、この団子兄妹、パッと見は識別が難しい!(笑)
キーパーさんから聞いた見分け方のポイント「尻尾の先の黒い部分が大きい方がしらたま」を頼りに、現地ではどうにか識別できていたつもりですが、帰って写真だけ見たらもうどっちがどっちやら。
(何となく識別できる写真もあるんですが、どっちが「しらたま」でどっちが「みたらし」なのかが???なのです…)

動物園の掲示写真と見比べると、1枚目が「しらたま」で2枚目が「みたらし」のように見えるんですが、確信は持てず。。。
(掲示写真を一部拡大↓ 右が「しらたま」で左が「みたらし」です。)

Dsc_003822
そういうわけで、申し訳ございません。今回は「しらたま」と「みたらし」の識別は放棄させていただきます!
(次回訪問時はこのようなことがないよう修行を積みますので、お許しくださいませ~)


お母さんのミンミンです。 ミンファ譲りの美パンダさん。

Dsc_01641
ミンミンって"お母さん"っていうキャラじゃない印象だったんですが、キーパーさん曰く、初産ながら素晴らしい子育てぶりとのことで、"完璧なお母さん"なんだそうです。

Dsc_023522

偉大な母ミンファの血がちゃんとミンミンにも受け継がれているようで、うれしいですね。


ちなみに赤ちゃん2匹はご覧の通り、誰がどう見てもミンミン似! 

Dsc_02872

白まゆといい、目の形といい、アイラインといい、これぞ"ミニ"ミンミンです。
お父さんのソラの色は今のところあんまり出ていない気がします。


やんちゃ盛りの子どもたちを抱えて、お母さんも大変です。(寝そべっている2匹が赤ちゃん)

Dsc_02912
こんなふうにバトルも。(下が赤ちゃん)

Dsc_02471

お母さん、ほんとにおつかれさまです。


たくさんのお客さんが珍しいのでしょうか、赤ちゃんは結構ガラスに寄って来てくれます。

Dsc_03073

いやはや、かわいいです。


何かいいものを見つけたようです。 あれはなんだろう?

Dsc_01433
クンクン、ペロペロ。

Dsc_01473

まだ食べてはいないようでしたが、こうやって少しずつリンゴの味も覚えていくんですね。


この子は上の写真とは別の子だと思います。やっぱりよ~く見るとやっぱり顔に違いがあります。

Dsc_02343
お子さんの手に興味津津です。

Dsc_03453
とにかくかわいかった「しらたま」と「みたらし」、この先、どんなパンダになってくれるんでしょうか。
今はまだ屋内展示ですが、徐々に屋外にも出していきたいとのことでした。楽しみが尽きません。


赤ちゃん2匹が遊んでいる隙にお昼寝休憩、ミンミンです。 

Dsc_02981

たまにはこうして休んで育児のつかれを取らないとね。
初めての出産&子育て。慣れないことだらけだったと思うけど、ほんとによくがんばってくれました。


屋内展示場のすぐ脇には赤ちゃんの成長記録が特大パネル2枚分で掲示されています。

Dsc_00292

お近くの方はぜひ現地でご覧になってください。レサパンファンの方ならニヤニヤすること間違いなしです。
(ただ、この掲示、風雨に弱そう…大型台風が近付いているみたいなので、ちょっと心配です ^^;)


そして…もちろんこのお方を忘れてはいけません。
お父さんになったソラっち。 母子とは別でひとり屋外展示場に。

Dsc_009931

さすがにこの日は赤ちゃんに人気を奪われ気味でしたが、パパになっても相変わらずのかわいさです。
お父さんになったこと、分かってる? (きっと分かってないでしょう ^^; )
ソラの様子はまた次回に。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013/10/16

2013赤ちゃん情報11

やっと…ほんとにやっと、報道発表がありました!

とくしま動物園からうれしいニュース!!!

レッサーパンダ赤ちゃん2匹誕生 とくしま動物園、19日から一般公開 (徳島新聞)
レッサーパンダに赤ちゃん2頭 とくしま動物園 (朝日新聞DIGITAL)

って、もう名前まで決まってるし!(笑)

実はツインズ誕生のおめでたい知らせを耳にしたのは7月。
以来、正式に発表されるのをずーっと待っていたのですが、待てども待てども一向に動きがなく・・・要らぬ心配すらしてしまいましたが、本日、赤ちゃん写真とともに新聞発表されたのでした。
(早く動物園のHPにもアップを~ ^^; )


普段はミンミンのお尻に敷かれているように見えるソラっち。 (写真はいずれも2013年3月撮影)

Dsc_0579211

"日本一腰の低いレッサーパンダ"ですが、決めるときは決めてくれるかっこいいオトコだったのでした。 
さすがキキの息子!(そういえば、ソラのひとつ下の弟ジジも、今年、那須でお父さんになりました。)


一方、お母さんになったシャキシャキ娘、ミンミン。

Dsc_0651211

いつも落ち着きなくジタバタしているイメージがありましたが、初産ながら立派に子育てしているようです。
こちらはさすがミンファの娘!といったところです。


同居1年目で赤ちゃん誕生。なんだかんだで相性もよかった(?)みたいなソラとミンミンです。

Dsc_043211

とくしま動物園では開園以来、レッサーパンダの繁殖は今回が初めて(!)とのこと。
動物園にとっては慣れない部分もあったでしょうが、ミンミンの頑張りもあり、無事、赤ちゃん公開の運びとなりました。
本当におめでとうございます。

それにしても、「みたらし」と「しらたま」という斬新なネーミングには脱帽です ^^;
写真で見る限りは2匹ともミンミン似のように見えますが、さてどうでしょう?
かわいいことは間違いなし、会いに行くのが今から楽しみです。

***

~2013年のレッサーパンダ赤ちゃん情報~  2013.10.16更新

※動物園(or自治体)のホームページ、Facebook、Twitter等で公式発表された情報、その他新聞、テレビ等で報道された情報のみ掲載しています。

北海道・東北
○旭山動物園 7月19日生   1匹(メス) (母:栃(トチ) 父:ノノ)
○大森山動物園 6月26日生 1匹(メス) (母:陸 父:ユウタ)
○東北サファリパーク 6月20日生 「リーリー」(メス) (母:シーリィウ 父:ロンロン)
関東
○那須どうぶつ王国 6月12日生 「与一」(オス)・「那々」(メス) (母:ダイズ 父:ジジ)
○埼玉県こども動物自然公園 6月11日生 2匹(オス・オス) (母:ナツ 父:ミンミン)
○埼玉県こども動物自然公園 7月10日生 2匹(オス・オス) (母:リリィ 父:コウタ)
○千葉市動物公園 6月23日生 2匹(メス・メス) (母:メイメイ 父:クウタ)
○市川市動植物園 6月20日生 3匹 (母:メイファ 父:ライチ)
○大島公園動物園 6月22日生 1匹 (母:アイリ 父:コタロウ)
○夢見ヶ崎動物公園 7月1日生 1匹 (母:アン 父:ファファ)
中部(北陸・甲信越・東海)
○西山動物園 7月7日生 「ミルキー」(メス) (母:ミンファ 父:チャタ)
○西山動物園 7月18日生 「ライト」(オス)・「ヒカリ」(メス) (母:キラリ 父:ヤンヤン)
○茶臼山動物園 6月21日生 2匹(オス・メス) (母:アジサイ 父:チャオ)
○日本平動物園 7月9日生 1匹(メス)  (母:シー 父:タク)
○熱川バナナワニ園 ?月?日生 2匹 
近畿
○姫路セントラルパーク 6月24日生 1匹(オス) (母:キララ 父:トロ)
※姫センの赤ちゃんは10月初旬に天国に旅立ちました。
中国・四国
○池田動物園 6月15日生 2匹(オス・メス) (母:ひより 父:大地)
○徳山動物園 6月25日生 1匹(メス) (母:リボン 父:コタロウ)
○秋吉台サファリランド 8月15日生 2匹(オス・オス) (母:ルナ 父:コウコウ)
○とくしま動物園 6月25日生 「みたらし」(メス)・「しらたま」(オス?) (母:ミンミン 父:ソラ)
○とべ動物園 7月4日生 「優希」(オス) (母:優花 父:シャンチー)

これで個人的に見聞きして知っている赤ちゃん誕生情報はすべてです。
(もしかしたらまだ他にどこかで生まれてるかも?)

今年は昨年に比べるとかなり多くの赤ちゃんが生まれた印象です。
とくしまを始め、旭山、那須、埼玉、西山、日本平、とべでは、そのぺアにとって初めての赤ちゃん誕生のニュースも聞けました。うれしいですね。
すべての仔パンダたちに幸あれ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/10/12

徳山ZOO、パンダたちの風景

撮影:2013年9月

徳山動物園のレッサーパンダレポート、最終回です。

屋内展示場にいたのは…

Dsc_046221
徳山で5匹の子どもを育てた偉大な母、風花。 

Dsc_01611

・・・ですが、ここの屋内展示場は写りこみが激しくて、写真がうまく撮れないんです。。。
特にこの日はガラス面の前に赤ちゃんの名前投票箱が設置されていたせいもありお客さんの往来も多かったので、写真撮影は早々にあきらめました(涙)

こんな写真しかなくてごめんなさい。
顔は写っていませんがリンゴをかじっている風花です。 元気そうでした。

Dsc_03491

風花は2006年千葉市動物公園生まれ。 母はチィチィ、父は風太。
双子兄弟にユウタ(現:大森山動物園)がいます。

風花の旦那さんの賢健(ケンケン)は野毛山動物園に長期出張中。
もともとは、野毛山のキンタに赤ちゃんを!ということで、繁殖実績豊富な賢健を繁殖期だけ短期レンタルするという予定だったはずですが、賢健は今もなぜか野毛山に残ったままになっています。
ちなみに賢健とキンタ、全く相性が合わなかったようで。。。(苦笑)
賢健にとっては、踏んだり蹴ったりの出張になってしまいましたが、ファンの方のサイトによると、今は賢健は野毛山でそれなりに伸び伸びと暮らしているようです。
賢健が楽しく幸せに暮らせているのなら今のままでもまぁいいかと思いますが、そうなると風花はひとり身になっちゃうわけで… う~ん、この先どうなるんでしょう???


屋外の大放飼場。
さっきまでバラバラと歩き回っていた4匹のパンダたちですが… ありゃ? 突然ワラワラとみんな扉の前に集まってきました。

Dsc_035721_3

ん?なに?何?


答えはこれ。 待ち人現る。 リンゴタイムの始まりです。

Dsc_036021

キーパーさんが室内でリンゴを用意している音を聴きつけて扉の前に集まってたんですね。


ちょうどお立ち台(?)が4つあるんです。

Dsc_037821_2
最初のうちはそれぞれの台に乗っておとなしく食べていましたが…


終盤はもう乱れまくり ^^;

Dsc_038821
激しいリンゴの奪い合いが展開されます。 みんな若いので食欲も旺盛です。


鬼気迫る表情でリンゴを頬張るカリン。

Dsc_03821

そういば、昨年は訪れたときは風花もこんな顔してリンゴ食べてました。
さすが親子よく似ていますね。


柵に寄ってきてくれたイチゴです。

Dsc_01461
なぜか片足で立っています。 さすが風太の孫ってとこでしょうか。
カリンに比べるとおとなしめなイチゴですが、意外と人なつっこいところもあるみたいですね。


洗濯物みたいに干されてます、のんた(左)。

Dsc_041921

右で新体操みたいな格好で毛繕いしてるのはカリンかイチゴだと思います。

手で口の周りをフキフキ。 かわいい女子たちに囲まれてるので身だしなみにも余念がありません。

Dsc_041421

せっかくなので、このまま幼馴染みのカリンかイチゴとペアを組んでもらえたらとも思いますが…どうなんでしょうか?


気持ちよさそうにお昼寝しているのは、いしかわ動物園に嫁入りしたアヤメ。

Dsc_04411
今頃はいしかわZOOでアクアとお見合い中かな?

Dsc_055621

アヤメは好奇心旺盛な性格のようなので、新天地でも人(パンダ)見知りせず、きっとアクアと仲良く暮らしてくれると思います。
いつか会いに行きたいですね。

いしかわ動物園HPによると、アヤメとアクアは本日(10月12日)から公開開始だそうです。


今回の徳山動物園の訪問、一番のお目当ては今年生まれの赤ちゃんでしたが、同じくらい楽しみにしていたのが昨年生まれの3匹の成長を見ることでした。
のんた、カリン、イチゴ。みんな揃って元気に立派に成長してくれていました。
さすがに顔付きの印象とかは1年前からは変わっていましたが、3匹ともそれぞれ赤ちゃんのときの面影が残っていたのも何だかうれしかったです。

***

さて、徳山動物園の最近のトピックといえば、何といってもこれ。

スリランカから2頭のゾウが寄贈されました!

Dsc_027921

スリランカゾウのミリンダ(オス・5才)とナマリー(メス・7才)。 
どっちがとっちかな? ゾウの世界では5才や7才はまだ「子象」なのだそうですね。 

徳山ZOOでは、飼育していたサバンナゾウが昨年2月に亡くなって以来、ゾウがいない状態が続いていました。
そんな中、日本との国交樹立60周年を記念して、スリランカから友好の証としてゾウが贈られたのです。

2頭並んで砂遊び。とっても仲良さそうでした。

Dsc_028521_2

訪問日はゾウの公開直後だったこともあり、園内はゾウの歓迎ムード一色。たくさんのお客さんで賑わっていました。

童謡「ぞうさん」の作詞者まど・みちお氏が徳山出身とのことで、ゾウは徳山動物園のシンボルなのだそうです。
ゾウの再導入は決して簡単なプロジェクトではなかったと想像されますが、市民や関係者の方の想いが実を結んだ形になりました。おめでとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/10/09

徳山ZOO、ヤングパンダたち

撮影:2013年9月

徳山動物園のレッサーパンダ、屋外の大放飼場です。

Dsc_044621_3

この日出ていたのは、この面々。 全員2010'sの若~いパンダたち!

Dsc_000721

個体紹介がみんな仔パンダのときの写真のようで、今とは結構イメージが違います。
初めての方は、実物を見ても「え?どれがどれ?」ってなりそうです。


では生年月日順に登場していただきましょう。

最年長(といってもまだたったの2才だけど)のアヤメです。 

Dsc_010821

2011年徳山ZOO生まれ。母は風花、父は賢健です。

実は…アヤメ、今は徳山ZOOにいません。
この後、いしかわ動物園に"嫁入り"しました!
時を同じく、市川市動植物園からアクアが"婿入り"。
アヤメ&アクアという若いペアがいしかわZOOで新たな家庭を築くことになりました。
(ちなみにアヤメの双子姉妹スミレはひと足早く昨年末に日本平動物園に嫁入りしています。)

舌出してタレているアヤメ。 くっきりした白まゆと目の周りが黒いのがアヤメの特徴です。

Dsc_010121

近日中に引っ越す気配なんて微塵も感じられなかったので、アヤメの移動のニュースはびっくり!でした。
引っ越し前に徳山で暮らすアヤメの姿が見られてよかったなと思います。


続いて、昨年生まれ、この中では唯一のオスパンダ、のんたです。

Dsc_042221

2012年徳山ZOO生まれ。母はリボン、父はコタロウです。
先日紹介した赤ちゃんのお兄ちゃんですね。

  ちなみに昨年11月ののんたです↓

Dsc_054221
この日、成長したのんたに再会したときの第一印象は、「しずくに似てる!」でした。

Dsc_02241

のんたとしずく(@池田ZOO)は血統的にはつながりはないので、たまたまだと思いますが、モコモコした体型や少し薄めの毛の色、顔の感じとか、雰囲気はよく似てると思います。

のんたの特徴はフサフサの太い尻尾。 1匹だけ太さが違うので尻尾を見たら他のパンダとの見分けは付くと思います。

Dsc_050521

この尻尾の感じもしずくとの共通点。


そして、のんたと同じく昨年生まれの双子姉妹、イチゴと、

Dsc_018221
カリンです。

Dsc_020321

2012年徳山ZOO生まれ。母は風花、父は賢健です。
アヤメの1つ年下の妹です。

  昨年11月のイチゴ↓

Dsc_0199211
  同じくカリン↓

Dsc_0189211

小さな毛玉だったのが1年経って立派な女子パンダに育っていました。

でもこの双子姉妹、赤ちゃんのときから見分けがとっても難しかった。。。それは今も変わらずです。

個人的な見分けポイントを書くと…(マニアックなネタですみません ^^;)

○体型○
ともに体型はスリムですが、イチゴの方がよりスリム。
○毛の色○
ともに毛の色は薄めですが、おでこの毛の色がカリンの方がわずかに薄い。
○おヒゲ○
イチゴのヒゲはちょっと癖っ毛っぽい。カリンのヒゲはストレート。
○尻尾○
個体紹介にも書かれていますが、尻尾の先の黒い部分がイチゴの方が大きい。
○行動○
この日の印象は、イチゴはちょっとおとなしめ。カリンは活発に動いているイメージ。
(初対面の赤ちゃんのときも同印象でした。)

ってとこでしょうか。
カリンの個体紹介に「前足の黒い毛のところに茶色い毛が混じっている」ってありましたが、大人パンダになって茶色い毛は消えたみたいで、はっきりと確認できませんでした。

では問題。どっちがとっちでしょうか?(答えは一番下に)

①↓

Dsc_022121
②↓

Dsc_021721
③↓

Dsc_01761
④↓

Dsc_058621
答えは、 ①イチゴ、②カリン、③イチゴ、④カリン でした。

分かりやすい写真を選んでみましたが、動く姿を生で見ていると、油断してたら「ん、アレ?どっちだ?」ってなっちゃいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/10/08

姫センの赤ちゃん、安らかに

悲しいニュースをお届けしないといけません。

先日このブログでも紹介した姫路セントラルパークのレッサーパンダの赤ちゃんが亡くなりました。

姫路セントラルパーク「サファリ飼育日誌」 ありがとうございました

Dsc_00851

ウソみたいです。
あんなに元気にミルク飲んでたのに…
これから成長を見るのを楽しみにしてたのに…
まだ名前だって貰ってないのに… 早すぎるよ、ほんと。

Dsc_01491

今ごろは天国でやんちゃぶりを発揮しているかな?

短くも、みんなに愛されながら逞しく生きた君のこと、忘れません。
ありがとう。どうか安らかに。

人工哺育に従事された姫センの担当飼育員さんはじめ関係者の方にも感謝したいと思います。
「ありがとうございました」はこちらのセリフです。
キララ、途中からは飼育員さん。ふたりのお母さんの愛を受けて、赤ちゃんは幸せだったと思います。
本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/10/07

徳山ZOOの親と仔

撮影:2013年9月

徳山動物園のレッサーパンダの続きです。

相変わらず狭い場所に挟まって、ひとり遊んでいる赤ちゃん。

Dsc_008721

なかなか出てこない我が子に、お母さんのリボンが心配そうにしています (^^;

Dsc_00941
この後、しばらくして飽きたのか、赤ちゃんはやっと出てきてくれました~


赤ちゃんはもう笹をハミハミ。(さすがにまだ食べてはいないようでしたが)

Dsc_002221

お父さんのコタロウがいる隣の展示場にも興味があるみたいです。

Dsc_002621

階段状の遊具にも果敢に挑戦。

Dsc_003221

この時期の赤ちゃんはとにかく好奇心旺盛。ボーッと見ているだけで楽しいです。


遊びつかれました、眠りに落ちる3秒前です。

Dsc_053021

ZZZ・・・

Dsc_053221

しばらくするとリボンがやって来て、寝ている赤ちゃんを熱心に毛繕い。 母の愛です。 

Dsc_059921

目覚めた赤ちゃんとチュッ。

Dsc_061021

起き抜けでまだ眠そうな赤ちゃん。

Dsc_061921

父と母、どっち似でしょう? 毛の色はお父さん似かな。 この時期だとまだよく分からないですね。
このまま元気にすくすく育ってくれますように。


2年連続の出産&子育てのリボン、おつかれさまです。

Dsc_03051

くっきりした顔立ち、お美しいです。

Dsc_064421

この丸太の上がお気に入りのコタロウ。

Dsc_042621

リボンとの仲もバッチリです。

Dsc_043321

昨年は父・母・仔の同居展示の中で、コタロウの優しい表情が印象的でした。
今はまだ母・仔とは別居中ですが、今年もきっとコタロウのいいお父さんぶりが見られると思います。


赤ちゃんの名前の投票箱。 (投票受付は10月6日で終了しています。)

Dsc_01001

候補名が4つあって、そのひとつに○を付けるんですが、これがまた悩ましく。
名前は近日中に発表されるのではと思います。楽しみです。

***

(徳山動物園の話題ではないですが…残念なお知らせ)
市川市動植物園のメイファが9月5日に亡くなっていたそうです。
肺気腫だったとのこと。赤ちゃんは人口哺育に切り替えられているようです。
8月の娘娘に続いて今度はメイファ…市川で訃報が続いてしまいました。。。
今は忘れ形見の3匹の赤ちゃんが元気に育ってくれるよう願うばかりです。
メイファ、おつかれさまでした。どうか安らかに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/10/05

徳山ZOOのレサパンベビー

撮影:2013年9月

"西"のレッサーパンダベビーの第3弾は徳山動物園!

Dsc_007521

今年産まれたメスの赤ちゃんに会いに山口県周南市へ。昨年11月以来の久々の徳山ZOOです。

Dsc_00031

徳山ZOOには、屋外展示場が大・小ふたつ、屋内展示場がひとつありますが、赤ちゃん&両親が展示されているのは小さい方の屋外展示場。

Dsc_03971

レッサーパンダ舎の裏手、知らない人なら見過ごしてしまいそうな位置に小さな展示場があります。
ギャラリー側のスペースが狭く、展示場も全面が細かい柵になっているので、写真撮影にはなかなか厳しい環境。。。


赤ちゃんの両親はこちら。

Dsc_001421

お母さんのリボンです。 生まれは宮崎のフェニックス自然動物公園。

Dsc_03091

まん丸な瞳がかわいい美パンダさん。徳山パンダの中では一番のムッチリ体形です。
2011年からコタロウとペアを組んでいます。昨年産んだのんた(オス)に続き、今回が2回目の出産のようです。


お父さんのコタロウです。 生まれは多摩動物公園。

Dsc_040921

最近知ったんですが、コタロウって茶臼山のアジサイと双子兄妹だったんですね。
毛の色はアジサイと違って焦げ茶ですが、確かによく見たら目の感じとか似ています。
コタロウはリボンとペアを組む前は、栃(現:旭山ZOO)とペアを組んでいました。
古都(現:京都ZOO)や、クルミ(現:八木山ZOO)、ミカン(現:九十九島ZOO)は栃とコタロウとの間の子どもです。


昨年11月に訪れたときは、リボン・コタロウ・のんたの親子3匹の同居展示でしたが、この日の展示場は、赤ちゃんがまだ小さいこともあって、赤ちゃん&リボンの区画と、コタロウとの区画が行き来できないように分けられていました。
ただ、お互いに近くでその姿が確認できる環境になっていて、柵越しに赤ちゃんが近づいても、コタロウは優しい表情で我が子(我が子という認識はないかもですが)のことを見ていました。
赤ちゃんがもう少し大きくなれば、昨年同様、父も入れての親子同居展示が見られるんじゃないかと思います。


切り株の上で遊ぶ赤ちゃん。 2013年6月25日生まれの女の子です。

Dsc_001121

茶色い小さい3頭身がヨチヨチと・・・ レッサーパンダの赤ちゃんはいつどこで見てもかわいいです。


今度は切り株と柵との隙間にすっぽり挟まって遊びます。

Dsc_006021

こういう狭いところに入りたくなる気持ち、何となく分かりますよね。
泣いているようにも見えますが、楽しんでいる表情です、多分(笑)


そんな赤ちゃんのことを心配してか、時々リボンが見守りにやって来ますが・・・

Dsc_0061221

お母さんが外に出そうとしても反抗して出てこようとしません (^^;

Dsc_006221

この隙間が相当のお気に入りのようでした(笑) (頭の毛が柵からはみ出ています。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/10/03

2013赤ちゃん情報10

2013レッサーパンダ赤ちゃん情報も10回目。
"東"に押されっ放しだった赤ちゃん情報ですが、ここに来て"西"の反撃(?)が続いています。

姫セン、徳山ZOOに続いて、今度は秋吉台サファリランドから。
HPにはまだ情報が掲載されていませんが、公式Twitterによると「10月12日から公開予定のレッサーパンダの赤ちゃんの公開練習を行っています。」とのこと!

赤ちゃんは双子ちゃんのようですね。
過去のツイートを見ると、8月生まれのようです。今年一番遅くに誕生した赤ちゃんではないでしょうか。

両親や性別に関する情報がないのですが、おそらく母はルナ、父はコウコウだと思われます。

ルナは池田ZOOのひより&姫路ZOOのひなたのお母さん。
池田ZOOから秋吉台に引っ越して以来、2011年(野乃香&風香)、2012年(コタ&リナ)、そして今年2013年と、3年連続で双子の赤ちゃんを産んだことになります。
ちなみに2011年の野乃香&風香は、秋吉台ではなんと12年ぶり(!)に生まれたレッサーパンダの赤ちゃんだったそうです。

↓写りこみの激しいこんな写真しかなくてごめんなさい、ルナです。秋吉台サファリの屋内展示場にて。(2012年11月撮影)

Dscn17081_2
おめでとう!

***

~2013年のレッサーパンダ赤ちゃん情報~  2013.10.6更新

※動物園(or自治体)のホームページ、Facebook、Twitter等で公式発表された情報、その他新聞、テレビ等で報道された情報のみ掲載しています。

北海道・東北
○旭山動物園 7月19日生   1匹(メス) (母:栃(トチ) 父:ノノ)
○大森山動物園 6月26日生 1匹(メス) (母:陸 父:ユウタ)
○東北サファリパーク 6月20日生 「リーリー」(メス) (母:シーリィウ 父:ロンロン)
関東
○那須どうぶつ王国 6月12日生 「与一」(オス)・「那々」(メス) (母:ダイズ 父:ジジ)
○埼玉県こども動物自然公園 6月11日生 2匹(オス・オス) (母:ナツ 父:ミンミン)
○埼玉県こども動物自然公園 7月10日生 2匹(オス・オス) (母:リリィ 父:コウタ)
○千葉市動物公園 6月23日生 2匹(メス・メス) (母:メイメイ 父:クウタ)
○市川市動植物園 6月20日生 3匹 (母:メイファ 父:ライチ)
○大島公園動物園 6月22日生 1匹 (母:アイリ 父:コタロウ)
○夢見ヶ崎動物公園 7月1日生 1匹 (母:アン 父:ファファ)
中部(北陸・甲信越・東海)
○西山動物園 7月7日生 1匹(メス) (母:ミンファ 父:チャタ)
○西山動物園 7月18日生 2匹(オス・メス) 7月18日 (母:キラリ 父:ヤンヤン)
○茶臼山動物園 6月21日生 2匹(オス・メス) (母:アジサイ 父:チャオ)
○日本平動物園 7月9日生 1匹  (母:シー 父:タク)
○熱川バナナワニ園 ?月?日生 2匹 
近畿
○姫路セントラルパーク 6月24日生 1匹(オス) (母:キララ 父:トロ)
中国・四国
○池田動物園 6月15日生 2匹(オス・メス) (母:ひより 父:大地)
○徳山動物園 6月25日生 1匹(メス) (母:リボン 父:コタロウ)
○秋吉台サファリランド 8月?日生 2匹 (母:ルナ? 父:コウコウ?)
○とべ動物園 7月4日生 「優希」(オス) (母:優花 父:シャンチー)

西では、今年も昨年に続き、中国地方が熱いです。
それに比べて、我が近畿は。。。 ^^; 来年に期待!ですね。


実は…バタバタしててアップは少し先になりそうですが、先日、徳山ZOOの赤ちゃんに会ってきました~

Dsc_007621

その他赤ちゃんニュースいろいろです。

大森山動物園HP レッサーパンダすくすく子育て日記  大きくなりました~
西山動物園HP  ミンファの赤ちゃん一般公開  いよいよ公開!
池田ZOO Facebook    ツインズが仲良く並んで、もうリンゴ食べてます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »