« 夏も元気なガイア | トップページ | 小熊猫と姫路城 »

2013/08/25

ありがとう、娘娘

生まれ来る命あれば、逝く命もあり。

市川市動植物園の娘娘(ニャンニャン)が8月20日に亡くなったそうです・・・
市川市動植物園飼育日誌

娘娘は2001年旭山動物園の生まれ。
生まれてからずっと旭山で暮らしていましたが、昨年11月、11才にして市川へお引っ越ししていました。

故郷の旭山動物園では先月に娘娘の母、朝朝(チャオチャオ)が亡くなったばかりです。
まるで母の後を追うかのように天国へ旅立ちました。
朝朝は22才の大往生でしたが、娘娘はまだ12才。 まだまだたくさん生きてほしかった。。。
この秋は市川に遠征する計画を立てていて娘娘とも会うのを楽しみにしていただけに本当に残念です。


実は娘娘は管理人が初めて写真を撮ったレッサーパンダでした。

旭山動物園時代の娘娘(2010年9月撮影)。↓

1

3年前の秋、まだレッサーパンダにハマる前のことです。
北海道旅行の際に立ち寄った旭山動物園で木の上にいるレッサーパンダを見て、なんてかわいい動物なんだろうって思いました。
後になって、そのレッサーパンダが「娘娘」という名前だったことを知りました。


娘娘の市川への移動は個人的にいろいろ思うところもありました。
ずっと北海道で育った娘娘が本州の夏の暑さに耐えられるのかとか心配もありました。
市川ZOOのHPによれば、肝臓に異常が認められたそうですが、詳しい原因は調査中とのこと。
よりによって引っ越して最初の夏が記録的な猛暑になってしまいましたが、体調を崩したのがこの暑さのせいでないことを祈るばかりです。


"鼻セレプ"のモデルにもなった娘娘。

Dsc_033121

期間限定&コンビニ(ローソン?)限定販売のもの。 もったいなくて開けていません。


中国から新しいレッサーパンダがやって来たり、赤ちゃんが生まれたりと、最近急に若返った感のある旭山ZOOですが、今の旭山ZOOがあるのは朝朝や娘娘が歩んだ道があるからこそだと思います。

結果的に市川での暮らしは短いものになってしまいましたが、娘娘のパン生が幸せなものだったと信じています。
今頃、天国で朝朝との再開を喜んでいるのかな。
娘娘、ありがとう。 どうか安らかに。

|

« 夏も元気なガイア | トップページ | 小熊猫と姫路城 »

レッサー徒然」カテゴリの記事

コメント

ニャンニャン、残念なことになってしまいました。
少し前に会ったばかりで、先日ブログに書いたばかりなのですが。
記事をUPした日にはすでに天国へ逝っていたということで、ガックリしています。
とても残念に思います。
SHINさんは旭山で会っていたのですね。
私は市川でのニャンニャンは、奥のほうでチラチラッと、しかも硬い表情しか見れていなかったので、天国でチャオチャオと一緒になって、また楽しく暮らしてもらいたいと思います。

投稿: マメ太 | 2013/08/27 21:33

マメ太さん。
コメントありがとうございます。
マメ太さんのブログで娘娘を見て秋に会うのを楽しみにしていたところでした。。。
娘娘を旭山で見てレッサーパンダってかわいいなと思ったのがきっかけで、その後、時々レサパンファンの方のブログなどを覗くようになり、そのうち自分で近くの動物園のパンダを見に行くようになって…と少しずつレッサーパンダにハマっていきました。
"redpanda"らしい赤茶色の毛並みがきれいな美パンダでしたね。
北九州の到津の森公園に娘娘が残した子、凌凌(りんりん)がいるので、いつか会いに行きたいと思っています。

投稿: SHIN | 2013/08/27 22:22

こんにちは。
永久に生きているわけではないとはいえ、やっぱり死亡のニュースには胸が痛みますね。
しかも長く住み慣れた場所を離れて、移動先での早い死亡となると、ますます…。

バナナワニ園のFBに、子育てしてるレッパンの写真が載った2日後のコメントに、
その母レッパン(?別の個体なのかな?)が死んでしまったと書いてあって、
びっくりしました。

投稿: 小寅 | 2013/08/28 14:55

小寅さん。
コメントありがとうございます。
動物の命は限りあるものだとは分かっていても、病気や事故による突然の訃報はやっぱりこたえますね。。。
それが愛着のあるパンダならなおさら。
これからも一期一会の気持ちでパンダたちに会いに行こうと改めて思いました。
バナナワニ園のお母さんパンダも子育て中に、本当に残念です。
赤ちゃんのことも気になりますね。うまく人工哺育に切り替えられたのかとか、元気に育っているのかとか…
続報を待つしかないですね。

投稿: SHIN | 2013/08/28 20:21

こんにちは。

動物は身体が小さいし、喋らないし、あっという間に死んでしまって、え、って
感じで呆然としますね。
毎年の暑さは、かなりこたえそうで心配です。

バナナワニ園のお母さんが死んでしまった赤ちゃんも気になりますね。
元気に育って欲しいです。

投稿: 小寅 | 2013/08/30 11:53

小寅さん。
コメントありがとうございます。
動物は多少体調が悪くても、ムリしてそう悟られないようにするって聞いたことがあります。
野生では弱い個体は外敵に狙われてしまうので、できるだけ自分を弱く見せないための本能なんだそうです。
娘娘が亡くなった原因はなかなか特定は難しいかもしれませんが、できる限りの検証は行って、ぜひ今後の飼育に生かしてほしいなって思います。
バナナワニ園の赤ちゃんはほんとに気がかり。。。元気に育ってくれているよう願いましょう!

投稿: SHIN | 2013/08/30 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113034/58064027

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、娘娘:

« 夏も元気なガイア | トップページ | 小熊猫と姫路城 »