« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013/06/30

姫路城のお膝元

撮影:2013年6月

お久しぶりな姫路市立動物園。 2匹のかわいいペアが暮らしています。

相変わらずなイケメン、ひなた。 (2009年池田動物園生まれ)

Dsc_005021

ひなたは池田ZOOのひよりと双子の兄(弟)。
2年連続出産したひよりにはもう"お母さん"な雰囲気が漂っていますが、ひなたはまだ幼さを感じる少年っぽいところが残っています。

Dsc_005121

↓この角度だとちょっとひよりに似てるかな?

Dsc_001421

そんなひなたのお嫁さん、バナナ。 (2007年市原ぞうの国生まれ)

Dsc_002721

柵と重なっちゃってごめんなさい。
同居しているひなたとの仲はどうなんでしょう~? 

Dsc_00211

見た感じはケンカとかもなく、いい感じに見えるんですが、キーパーさんの話では、来年に期待!なんだそうです。

Dsc_007521

う~ん、今年はうれしいニュースはお預けのようで。
まぁまだ若い2匹ですし、仲も悪くなさそうなので、これからに期待しましょう☆


姫路市立動物園は、姫路城(世界遺産・国宝)のお堀の中という、とても珍しい立地環境にあります。
姫路城は「天空の白鷺」とも呼ばれる日本屈指の美しい城郭ですが、現在、大規模な保存修理工事中。天守はお城の絵が描かれているシートで覆われています。

↓動物園から見た(工事中のシートで覆われる)姫路城天守

Dsc_016721

写真右下の木々に囲まれた中に見える小屋がレッサーパンダ舎。文字通りお城の"お膝元"で暮らしているひなたとバナナなのです。
お城天守の保存修理工事の竣工は2015年3月の予定なのでシートが取れるのはもう少し先になりますが、その美しい姿が見られるのが今から楽しみです。


バナナが尻尾でひなたを釣り上げる?のような写真が撮れていました(笑)

Dsc_006221

姫路ZOOでは15時頃にお食事タイム。
キーパーさんが中に入って来ると2匹揃って一目さんに駆け寄ります。

Dsc_01401

この光景はどこの動物園でも一緒ですね。

「リンゴ、リンゴ」とおねだりするひなた。 

Dsc_013421

リンゴを数切れ手渡しでもらった後は、バナナはバックヤードに、

Dsc_014321

ひなたは横の小さい方の屋内展示場に移って、お皿にどっさり盛られたご馳走をいただきます。

Dsc_014621

姫路ZOOのお食事はなかなか豪華。
リンゴ、オレンジ、キウイ、食パン(!)、煮干し、ペレットなど。 それにしてもカラフルです。

Dsc_014721

ひなた、お食事の後はタレタレ~

Dsc_01781

まだまだ暑くなるこれからのシーズン、この姿を見ることも多くなりそうですね。

↓オマケ動画。ひなたのお食事タイムの様子です。

***

7月以降、少し忙しくなりそうです。スローな更新になるかもしれませんが、のんびりお付き合いいただければ幸いです m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/28

2013赤ちゃん情報

なんと、那須どうぶつ王国のダイズ&ジジに赤ちゃんが!!!(o^-^o)
那須どうぶつ王国Facebook

写真で見る限りは双子っぽいですね。
初めての子どもですが、ダイズはしっかり子育てをしているようです。

管理人はダイズとジジには直接会ったことはないんですが、実は2匹とも隠れファン(?)だったりするので、めちゃめちゃうれしいです。

ダイズ&ジジ、おめでとう!

***

管理人が今のところ把握している今年生まれのレッサーパンダの赤ちゃん情報です。

○6月15日生 池田動物園 2匹 (母:ひより 父:大地)
○6月20日生 市川市動植物園 3匹(!) (母:メイファ 父:ライチ(?))
○6月21日生 茶臼山動物園 2匹(オス・メス) (母:アジサイ 父:チャオ)
○6月23日生 千葉市動物公園 2匹 (母:メイメイ 父:クウタ)
○6月?日生 那須どうぶつ王国 2匹 (母:ダイズ 父:ジジ)

↑<追記> 2013.6.30  茶臼山動物園の赤ちゃん情報を追記しました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/27

池田ZOOのミニミニツインズ

池田動物園で6月15日に生まれた双子のレッサーパンダ赤ちゃん。

動物園のFacebookで赤ちゃんの様子が短いですが動画でアップされていました。

動画の終わりの方ではピーピー鳴く(泣く?)声も聞こえます ^^

ひより、鋭意子育て中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/26

名前決定!烏龍&茉莉花

少し前のニュースですが…中国から京都市動物園にやって来た2匹のレッサーパンダの名前が決まりました!

レッサーパンダの愛称について(京都市動物園ニュース)


男の子が『ウーロン』くん。2011年重慶動物園生まれ。 (2013年5月撮影)

Dsc_041021

女の子が『ジャスミン』ちゃん。2010年重慶動物園生まれ。 (2013年5月撮影)

Dsc_025421

来園者を対象に行った名前投票で、最も得票数の多かったものがこの2つだったようです。

名前投票は、中国と京都に共通する文化である「お茶」の関係の名前候補5つずつの中から選んで投票する仕組みでした。

「京都の元祖"お茶"はワシじゃ!」 茶々です。(2013年2月撮影)

Dsc_07071

先日、6月23日は茶々の記念すべき20才の誕生日でした!
おめでとう。どうかいつまでも長生きしてください。

<追記>2013.6.28
茶々の「成人式」(京都市動物園「飼育員ブログ」)

※動物園に貼ってある個体紹介には生年月日が「1993年6月23日」となっていましたが、こちらでは誕生日が6月27日みたいな書き方になっていますね。どっちが正しいのかな?

「ウーロンくん、なかなかのイケメンかも~」 古都です。 (2013年2月撮影)

Dsc_083721

ウーロンは古都にとって待望のお婿さんになります。
来年の繁殖シーズンはジャスミンも交えてどんな恋模様が繰り広げられるのでしょうか。

賑やかになった京都ZOOのレッサーパンダたち。また会いに行きたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/24

祝! トロリの婿入り

日本平動物園のミウが広島の安佐動物公園に移動することになり、昨日、動物園でお別れ会が開かれたようですが、そのニュース記事の中で驚きの記載がありました。

嫁ぐレッサーパンダ「ミウ」お別れ会 日本平動物園 (アットエス 地域ニュース・中部)

びっくり!!!だったのは、記事の最後にさりげなく書かれたこの一文です。(引用させていただきます)

「・・・安佐動物公園では、姫路セントラルパークから移される雄のトロリと一緒に生活し繁殖を目指す。」

ん? え? はぁ!? トロリが安佐に移動??? 
びっくりでした(笑)

2011年に姫センで生まれた双子の兄妹、トロリ(♂)とキラリ(♀)。
今年2月に西山動物園に嫁入りしたキラリに続いて、トロリが安佐動物公園に婿入りするようです。

トロリ (2011年姫路セントラルパーク生まれ) (2012年11月撮影)

Dsc_052721

母はキララ(2005年茶臼山動物園生まれ)、父はトロ(2004年埼玉県こども動物自然公園生まれ)です。

↓ちなみにこちらはトロリと双子のキラリ(現:西山動物園)。 姫セン時代の写真です。

Dsc_051621

顔や毛色はあまり似ていませんでしたが、とっても仲のいいツインズでした。

姫センは管理人の地元ZOOのひとつでもあるので、キラリに続いてトロリまで引っ越すことになったのはやっぱり少しさびしいですが、繁殖が期待される若いパンダたちにとっては、これは仕方のないことなのかもしれません。
おめでとう!と言って送り出してあげたいと思います。

どうか広島でのミウとの新しい暮らしがトロリにとって幸せなものとなりますように。
引っ越しが終わって落ち着いた頃、また安佐動物公園に元気なトロリの姿を見に行きたいと思います。

(jilllucaさん、情報ありがとうございました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/22

赤ちゃん誕生!!!池田ZOO

動物園から公式アナウンスがされるまで待っていましたが、今日、池田動物園の公式ツイッターに正式に発表されました。

池田動物園のひより&大地ペアに6月15日、赤ちゃんが生まれました!!!

しかも今年は双子!!!(o^-^o)

※赤ちゃん写真はこちら

まだ目も開いていない小さな小さなカワイイ赤ちゃんです。
(写真では既に2匹の毛の色に違いがあるようにも見えますね。)

先々週末、池田ZOOを訪れたときにパンパンに膨れ上がったひよりのお腹を見て「絶対、何か入ってるでしょ!」って思ったんですが、その1週間後に赤ちゃんが生まれました。
そりゃお腹も大きかったわけだ。

ひよりは昨年に続き2年連続の出産です。おめでとう!
双子なので今年の子育ては昨年の2倍の忙しさかも(笑) がんばれ~。

どうか元気にすくすくと育ってくれますように。
秋にふたつのモコモコ・モフモフに会える日を楽しみにしたいと思います☆

(写真は池田ZOOの仲良しファミリー。左から父の大地、母のひより、お姉ちゃんになったしずく。(2013年2月))

Dsc_003321

<追記>2013.6.25
池田動物園のホームページの「飼育日記」-「赤ちゃん誕生!」にも掲載され
ましたのでリンクを貼っておきます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013/06/21

祝1才!しずく(後編)

1才になった池田動物園のレッサーパンダ、しずく。成長記録の後編です。


~2012-13年冬~

-12月-

冬になると、父の大地も一緒に放飼場に出るようになりました!

Dsc_049421

左からひより、しずく、大地。 文字どおりファミリーでの暮らしが始まりました。

父と娘のプロレス。 上が大地で下がしずくです。

Dsc_032421

2匹のプロレスは今も変わらず見られる光景ですが、この頃はまだ圧倒的に大地の方が優勢で、常にしずくがやられている感じでした ^^;

でもしずくはやられても果敢に向かっていく強い娘です。 父に向かってガオーッ!

Dsc_036421

一人っ子で生まれたしずくにとってはちょうどいい遊び相手(ちょっと手強いですが)ができたようです ^^

プロレスだけじゃなく、大地(上)は時々しずくの毛繕いもしてあげていました。

Dsc_024121

しずくが自分の子だという認識はないはずですが、まるでお母さんのような微笑ましい姿。

体に食べカスを付けながら、リンゴを頬張るしずく。

Dsc_011921

見ているこっちが笑っちゃうくらいもの凄い勢いで口にしていました。
食いしん坊っぷりもますます成長してきた感じでした。

-2月-

池田ZOO名物スカイウォークの上で一家揃って。 左から大地、ひより、しずくです。

Dsc_005221

このファミリーの仲良しっぷりにはいつ見に来ても癒されます。

しずくはこの頃には体も両親と変わらなくらいまで(っていうか両親よりも大きく?)成長しました。

Dsc_009821

スカイウォークの上から身を乗り出します。

Dsc_025221

落ちそう!でも絶対に落ちない! さすがレッサーパンダです。


~2013年春~

-3月-

春の訪れとともに、ますます大物感が漂い始めたしずく。

Dsc_061121_2

父とのプロレスでももう互角以上の戦いぶり。

Dsc_072421_2

大地(下)に見事な抑え込みを決めています。大地は口を開けてギブアップの様相。

プロレスが終わってもしばらく顔つきは戦闘モード。 ジロッとにらまれちゃいました ^^;

Dsc_087931_2

それにしてもオットコ前な女子パンダに育ちました(笑)
一見すると、誰に似たのかよく分からないしずくですが、ちょっぴりつり目なところも含めて目元は大地、目の周りの黒い部分はひよりの血を引いた感じです。
少し白っぽい薄めの毛の色はひよりの父ツバサ(今はお星さま)を髣髴させます。キーパーさんもおっしゃっていましたが、おじいちゃんからの隔世遺伝なのかもしれません。
顔がデカいのは…はて、誰に似たのかな?

-4月-

この春に始まった「エサやり体験」をさせてもらいました。
平日の月・金、先着2名限定ではありますが、放飼場に入って直接リンゴをあげられるという、マニアにとっては夢のようなイベントです。

この日管理人はひよりの担当だったんですが、なんと手に持っているリンゴ目がけてしずくが足を登ってきました!

Dscn184421

感謝、感激。 レッサーパンダの爪のチクリとした痛みも体験できました(嬉)
見慣れぬ侵入者にも全く警戒心なく飛びかかってくる弾丸娘です。

ファーッと大あくび~

Dsc_006421

サッカーボールで遊びながらも、地面の葉っぱをガジガジ。

Dsc_015921

いつもいろんな行動、仕草、表情を見せてくれるしずく。
野性味溢れるエンターテイナーなパンダに育ってくれました ^^

***

そして2013年6月19日、しずくは1才の誕生日を迎えました。

Dsc_029831

ケガや病気もなく、すくすくと元気に、逞しすぎるくらいに逞しく育ってくれました。
初産でしたが見事に子育てをやり遂げた母のひより。遊びながらしずくを鍛え上げた(?)父の大地。そしていつもパンダのことを見守ってくれているキーパーさん。みんなに感謝したいと思います。

どうかこれからもずっと元気に健康で、幸せな暮らしが送られますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/19

祝1才!しずく(前編)

今日、6月19日、池田動物園のしずくは1才の誕生日を迎えました。おめでとう!

しずく(♀)/2012年6月19日池田動物園生まれ

Dsc_042521

母:ひより(2009年池田動物園生まれ)

Dsc_017621

父:大地(2009年東武動物公園生まれ)

Dsc_046021

しずくは2匹の間に生まれた初めての子どもです。


レッサーパンダ放飼場に掲示されているしずくの赤ちゃん時代の写真。

Dsc_000821

生後3日目の写真…横に並べられたライターとほとんど変わらないくらいに小さくて、体も真っ白。今のしずくの姿からは想像もできませんね。
こんな小さな赤ちゃんをひとりで育てるわけですから、母はほんとに偉大です。
生後35日目の写真がかわいくて個人的に気に入っています。

こちらは展示室にあったレッサーパンダの巣箱。

Dsc_024121

母のひよりが実際にしずくの出産・子育てに使っていたものです。
巣箱の中のたくさんの笹は、ひよりが生まれてくる赤ちゃんのために出産前にせっせと自分で敷き詰めたものです。
誰に教えられたわけでもないのに、こういうことが自然にできる野生動物の本能と愛情にはほんと心を打たれます。


しずくは赤ちゃんのときから成長を見守ってきたパンダなので、愛着もひとしおです。
そんなしずくの今までの成長を2回に分けてダイジェストで振り返ってみたいと思います。

~2012年秋~

-9月-

一般公開が始まった最初の週末に会いに行きました。
まだこの頃は名前も決まっていなくて、「女のコの赤ちゃん」でした。

Dsc_064831

体は小さいのに、尻尾だけやたらと立派! この世のものとは思えないかわいさでした。

お母さんのひよりにベッタリ。 こうやって並ぶと体の小ささがよ~く分かります。

Dsc_055221

ヨタヨタ歩きながらも、しっかりつかまり立ち。

Dsc_073521

-10月-

放飼場前で名前募集が行われました。

Dsc_04961

体も少し大きくなりました。 目に入るもの全てに興味津々な様子。

Dsc_05411

この時期は首の後ろの毛が白いのが目立ちました。
(結局、成長するにつれて白い毛はだんだん目立たなくなっていきました。)

ひよりの真似をして笹をガジガジ。

Dsc_074621

よく見るとかじっているだけで、まだ食べてはいないようでした。こうやって食べる"練習"をしているんですね。

この頃にはアスレチックでも遊ぶようになっていました。

Dsc_078121

落っこちそうになったり、ひっくり返りそうになったりしながら、遊具に果敢に挑んでいました(見ているこっちの方がハラハラでした^^;)。
今思えば、この頃から物怖じしない強いハートを持っていたようです。

-11月-

「しずく」という、かわいい名前がつきました!

Dsc_012321

体はさらに大きく。行動も元気いっぱいです。ロープと格闘中。

Dsc_014621

ボールで遊ぶしずくとそれを見守るひより。 我が子を見つめる母の目のなんと優しいこと。

Dsc_048821

しずく(下)はこの頃には笹をかじるだけではなくムシャムシャ食べるようになっていました。

Dsc_021921

しずくにぴったり寄り添ってペロペロ毛繕いしてあげているひよりがすごく印象的でした。
今回が初めての子育てでしたが、ひよりは完璧な"お母さん"だったように思います。
しずくはそんな母の事は見向きもせず、ただひたすら笹を食しています(笑)
食いしん坊の片鱗がこの頃から見えますね。

~後編に続く~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/17

似ている兄と弟@池田ZOO

撮影:2013年6月

池田動物園の陸と大地。ともに東武動物公園生まれの兄弟です。
ちなみに父は海(現:野毛山動物園)、母はチヒロです。

お兄ちゃんの陸(2006年生まれ)↓ 今年の1月に池田ZOOの新しい仲間に。

Dsc_025521

弟の大地(2009年生まれ)↓  今年もひよりとの相性はバッチリ?

Dsc_034621

目元と毛の色がほんの少し違う以外は、ほんとによく似た兄弟です。


さて問題。どっちがどっちでしょう。

シーン① お顔カキカキ 

Dsc_026821

Dsc_012021

シーン② 舌ペロ~ン

Dsc_035921

Dsc_029021

シーン③ リンゴタイム

Dsc_037521_2

Dsc_042121

(上から順に、陸、大地、陸、大地、陸、大地です。)

放飼場の真ん中の区画を挟んで隣り合わせで暮らす兄と弟。
当人たちにはお互いが兄弟だという認識はないでしょうが、ひよりやしずくはもしかすると「よく似たヤツが隣にいるなぁ」とか思ってたりして(笑)


以下は大地のお茶目な様子です。

仰向けにひっくり返って、お腹をボソボソ。 完全におっさんです。

Dsc_022021

タイヤやロープで遊ぶ大地。 子供っぽい一面も見せます。

Dsc_031421

スカイウォークの上で。 何してんの、君は(笑)

Dsc_045721

こうやってレッサーパンダの楽しい行動が見られるのも、キーパーさん手造りの豪華遊具のおかげですね。感謝!

***

4月に生まれたアカハナグマの赤ちゃんが公開されていました。

Dsc_00171

アカハナグマの赤ちゃんって初めて見ましたが、かわいいですね~

Dsc_001821

Dsc_003821

Dsc_051421_2

檻のために撮影が難しくて単体ショットの写真しか撮れませんでしたが、赤ちゃんは4姉妹です。
4匹があっち行ったりこっち行ったり元気いっぱいに動き回る姿はめちゃかわでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/15

かわいい母と娘@池田ZOO

撮影:2013年6月

池田動物園ではこの時期は屋外と屋内との出入りが自由になっています。
暑い!たまらん!と思ったら、レッサーパンダの意思で冷房の効いた屋内に入られるようになってるんですね。

出るべきか、出ざるべきか。しばし立ち止まって考えるしずく。(奥に見えるのは母のひより)

Dsc_005821

結局、外へ。 屋内で涼みたい気持ちよりも放飼場で遊びたい気持ちが勝ったようです。

Dsc_006721

でもやっぱり暑い・・・遊具の上で体をブラリン。

Dsc_016821

いつも自然発生的に始まる父の大地(左)とのプロレスごっこ (笑)   

Dsc_028721

オヤジの相手はしてられん!と、途中でとんずら~

Dsc_028921

大地の「おい、どこ行くんだ、逃げるな!」の表情が笑えます。

気付いたら第2ラウンドが始まっていました ^^; 

Dsc_030721

ん? タクトを振る指揮者がいますね。

Dsc_032721

リンゴタイムのしずく。立ち上がって、キーパーさんにおねだりです。

Dsc_042621

しずくはもうすぐ1才になります。

昨年の9月、公開された直後に見に行って、短い足で母ひよりの後をヨタヨタついていくあまりのかわいい姿に悶絶し、その後も成長を見るのが楽しみで池田ZOOにはよく足を運びました。
あれよあれよという間に大きくなって、今では池田ZOOのレサパンファミリーの中では体も態度も(笑)一番ビッグになった気がします。
管理人もエサやり体験の際に身を持って経験しましたが、リンゴをゲットするためとはいえ、初めて放飼場に入った人間に対しても全く物怖じせず飛びかかって来るそのアグレッシブさには感心せずにはいられません。
愛すべき"大物"に育ってくれました ^^


続いて、もしかして妊婦さん?のひより。 ひよりも外に出るか迷っているようでしたが、

Dsc_014721

やっぱり外へと。 どうですか、体の後ろ半分がボテッとしてるように見えませんか?(笑)

Dsc_015921

上を見上げてポカーン。 

Dsc_017821

横になってリラックス。

Dsc_048721

スカイウォークで休憩中のひよりに大地がそっと近づき、傍らで見守ります。

Dsc_047121

この写真だけ見たら大地がめちゃ男らしくカッコよく見えますね。
(実はこの後近づきすぎて、ひよりに嫌がられていたのは内緒です ^^;) 

~池田動物園、続く~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/13

タレぱんだ競演

撮影:2013年6月

池田動物園、レッサーパンダたちのタレ姿。

ひょっとして妊婦さん?のひより。タレタレ~

Dsc_046821

大地もタレタレ~

Dsc_007221

もういっちょ、タレ大地。

Dsc_019821

しずくもタレタレ~

Dsc_001221

場所を変えてタレタレ~

Dsc_019721

親子3匹、同じ向きでタレタレ~

Dsc_01871

フィンフィン、いつものお気に入りの木の中でタレタレ~

Dsc_008921

陸も負けじとタレタレ~

Dsc_022521

陸とフィンフィン、無理やりタレタレツーショット。(手前が陸、奥がフィンフィン)

Dsc_050221

やる気ナッシングなレッサーパンダのタレ姿は、夏の風物詩ですね。

***

それにしても、まだ6月前半だというのに、昨日からの西日本のこの暑さは何なんでしょう ^^; 
今日は神戸は36度、池田ZOOのある岡山は37度…、6月としては観測史上最高を記録したんだとか。
って、こんな記録うれしくないし!(笑)
きっと池田ZOOのパンダたちも今日は1日中タレてたんじゃないかと思います。

全国のレッサーパンダさま、そしてウォッチャーの皆さま、熱中症には気を付けましょう。

~池田動物園、続く~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/12

初夏の池田ZOO

撮影:2013年6月

お久しぶりの池田動物園。
ほんわかな幸せ気分を味わいたい方には、ここのレッサーパンダは鉄板です。

Dsc_00521

西側の放飼場のヤングファミリーたち。

"スカイウォーク"の上から大地

Dsc_046321

黙ってたらカッコいいタイプ?(笑)

カメラ目線ありがとう。ひよりです。

Dsc_016521

いつも大らかで優しい雰囲気の美人ママさん。

そんな大地とひよりのひとり娘、しずくです。

Dsc_006121

うら若き乙女…と言いたいところですが、お転婆を通り越して、誰も手を付けられない弾丸娘に育ちました ^^; 

いつものように父と娘はプロレスごっこ。 母ひよりは屋内から呆れ顔で(?)見ています。

Dsc_028021

とにかく仲のいい一家、ポケーッと眺めているだけで癒されます。 

東側の放飼場にいるのはです。

Dsc_036721

舌をベローッと。池田ZOOに引っ越してくる前にいたのいちZOOでも陸のこんなポーズをよく見ました。
ちなみに陸は大地の3つ上のお兄さんです(ともに東武動物公園生まれ)。

陸と同居しているフィンフィン

Dsc_038121

この日は気温が少し高めだったんですが、フィンフィンはどうも暑いのが苦手な様子。
最初、木の中に隠れるように寝ていましたが、気が付いたら屋内(ガラスルーム)に入ってしまっていて、そこから出できませんでした。
なのでこんな写真しか撮れませんでした。。。
フィンフィン、ちょうど換毛中だったため体はほっそりでしたが、元気そうでした。

***

陸&フィンフィンのいる東側放飼場の"見晴らし台付きジャングルジム"。
前回来た時はちょうど"工事中"でしたが、見事に完成していました。

Dsc_00511

すべてキーパーさんの手造り。すごいです。

西側放飼場の"スカイウォーク"とあわせるとなかなか壮観な眺め。

Dsc_009721

池田ZOOの遊具は形状や構造が変化に富んでいて、そのおかげでレッサーパンダたちのいろんな行動が見られます。

"衣替え"とは、うまい言い方ですね。

Dsc_00101

換毛中のレッサーパンダを見て、病気じゃないの?って心配されるお客さんを時々目にしますので、こういう掲示があるといいですね。

***

思わずニンマリしてしまうニュース。

Dsc_018121

写真では分かりにくいですが、ひよりのお腹が「絶対何か入ってるでしょ!」(笑)っていうくらいふっくらしていました。

キーパーさんによると、やっぱりその可能性大!とのことです ^^

昨年、しずくが生まれたときよりもお腹は大きいそうで、「双子かも」とおっしゃっていました。
(ひょっとしてひょっとすると三つ子の可能性も???)

ひよりは昨年のしずくが初産でしたが、立派に子育てをやり遂げました(偉い!)
もしも今年も出産ということになれば2年連続になります。
今でもワイワイ楽しいファミリーですが、ますます賑やかになるかもしれません。
期待して待ちたいと思います☆

~池田動物園、続く~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/08

王子ZOOの王女

撮影:2013年5月

気が付けばもう6月。
レッサーパンダにとってのベビー誕生シーズンがやって来ました。
今年はどこでどんな新しい命が生まれるんでしょうか。

そんな中、個人的に一番気になっている、ぜひぜひ赤ちゃんを見たいペアが、王子動物園のガイアとルナなのです。

ガイアがイケメン王子だとすれば、こちらは麗しき王女さま。ルナです。

Dsc_021721

笹をムシャムシャ、この日はいつになく食欲旺盛なルナでした。

Dsc_020421

一心不乱にガジガジと。

Dsc_024321

「何見てんのよぉ」  (わざと目つきの悪い写真を選びました~)

Dsc_024621

放飼場の草もパクパクと。

Dsc_027121

バックヤードへの入口に体を突っ込んでタレるルナ。

Dsc_033221

この時期はついついお腹に目がいっちゃいますが、なんかちょっとふっくらしてない?
気のせいかな ^^; 

キーパーさんは「う~ん、あまり期待はしないでください(笑)」とのことでしたが、期待せずにはいられない!ってものです。

散歩道を歩くルナ。 前から歩いてくるガイアのことはルナの目にはどう映っているのでしょうか。

Dsc_055421

ガイアとルナ、それぞれが元気にのびのび暮らしてくれたらそれで十分とは思いますが、

Dsc_056221

やっぱり地元民としてはそろそろうれしいニュースが聞きたいところです。

Dsc_062121

今年は王子さまの想いは王女さまに届いたのか???
夏を少しだけ期待して(?)待ちたいと思います☆

***

ここからはオマケです。愛すべき地元動物園なので、レッサーパンダ以外の風景もちょこっと紹介。

珍しく起きているコアラに会えました。 

Dsc_036921

この子はソラ(♀)。横浜市立金沢動物園の出身です。

ジャイアントパンダもばっちり起きてました。

Dsc_044121

ジャイアントパンダといえは今の世間の関心は専ら上野ZOOかもしれませんね。
でも実は王子動物園にもジャイアントパンダがいるんです。この子はタンタン(旦旦)(♀)。
2010年にオスのコウコウ(興興)が亡くなってしまってからはひとりでのんびり暮らしています。

ホッキョクグマ。 レッサーパンダも真っ青のタレっぷり ^^

Dsc_038021

白蟻駆除の会社がオオアリクイの動物サポーターやってました(笑)

Dsc_042021

動物科学資料館の展示室では10月末まで「どうぶつえんのうらがわ」と題した特別展が開催されています。(これがかなり凝った立派な展示でびっくり!)
こちらはレッサーパンダのエサ作りを疑似体験できるコーナー。

Dsc_042121

定番のリンゴに加えて、ミカンやニンジンの姿も見えますね。

園路でお散歩中(?)のカメさんに遭遇。 小さいお子さんに大人気でした。

Dsc_043521

続いて、この春に増えた新しい仲間たち。

4月に生まれたシマウマの赤ちゃん(手前)。男の子です。

Dsc_040021

「チャッピー」っていうかわいい名前が付きました。親子揃ってお食事です。

こちらは3月にロシアからやって来たアムールヒョウのアムロ(♂)。

Dsc_050221

アムロって名前はアムールヒョウの「アムール」をガンダム風にした(!)んだとか。

アムールヒョウは野生下にはたったの数十頭くらいしかいないらしく、絶滅の危機に瀕している超希少動物です。

こちらは以前からいるポン(♀)。 お婿さんが来てくれてよかったね。

Dsc_049821

アムロとポンの赤ちゃん誕生も楽しみにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/05

王子ZOOの王子

撮影:2013年5月

地元なのにご無沙汰していました、神戸の王子動物園のレッサーパンダ。

久しぶり!ガイアです。

Dsc_032621

気が付けばもう9才になりますが、相変わらずのかわいさ。 永遠の(?)王子さまです。

そんな王子さまが夢中になっているのはこちら、ルナ

Dsc_061921

関西が誇る美パンダカップル。今年の恋のシーズンはどうだったのかな?


繁殖期も終わったしそろそろ単独展示に戻ってるかなと思いましたが、この日はまだ一緒に放飼場に出ていました。
左で水をゴクゴクしているのがガイア、右で笹をムシャムシャしているのがルナです。

Dsc_022921

いつものようになんともビミョーな距離感。。。 ^^;

2匹のプロフィールです↓

Dsc_027721

ほぼ同時期に神戸に来てもう4年になります。 そろそろうれしいニュースが聞きたいな。


今日はガイアの写真を何枚か。

木々の間から顔を覗かせるガイア。 ん~、やっぱりイケメンすなぁ。

Dsc_01903

時々ピタッと立ち止まって一点凝視。

Dsc_025021

目鼻立ちがくっきり、キリリ。   

Dsc_025221

ガイアの自慢は立派な尻尾です。 

Dsc_029421

手入れも抜かりなく。

Dsc_030121

どこかをじーっと見つめます。 何を見てるんでしょうか?

Dsc_030521

ニカッと。

Dsc_034021

いつも元気にお散歩。 ルナに比べると歩くスピードもかなり速いです。

Dsc_058421

二足立ち。バックヤードへの扉の向こうが気になるガイアです。

Dsc_059521

自慢の尻尾を下げて木の上でひと休み。

Dsc_032421

もう実はミドルエイジ(?)な年頃なのに、いつまでも少年ぽさが残るガイア。
いつ見に行っても「かわいい~」と歓声を浴びている、王子ZOOの王子さまです ^^

***

王子動物園の放飼場はこんな感じです。

Dsc_037521

バランスよく配置された中木・低木、岩場を模した擬石など、立体感のある環境。かなりいー感じです。
緑が多い分、パンダが草や葉っぱに隠れて見えにくいときもありますが、動物たちには野生の自然環境に少しでも近い生活空間で暮らしてほしいと思うので、これくらいでちょうどいいです。

ん? 笹を食べるルナの上、岩場から水が噴き出てる・・・

Dsc_054321

!!! ミスト噴出装置が稼働していました。

Dsc_054121_2

こんなの昨年の夏はあったかな? 気付かなかったです。
暑さが苦手のレッサーパンダですので、これからの季節、こういう配慮はうれしいですね。
見ている人間の方もなんだか涼しく感じられます。

~王子動物園、ルナの様子は次回に~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/01

京都のレサパン(♀パンダ編)

撮影:2013年5月

京都市動物園のレッサーパンダ、女子パンダ編。

中国からやって来た2010年生まれの女の子。 現在、名前投票の受付中です。

Dsc_025421

お転婆ッコそうな顔しています ^^

この日、女の子が展示されていたのは"北グラウンド"。

Dsc_02291_2

動物園の中でもひときわ目立つメタセコイアの木が真ん中に立っています。

この日は人の高さくらいのところに巻物をして、それ以上登られないようにしていました。

Dsc_02521

公開初日だったので、たくさんのお客さんに顔を見てもらうための臨時措置(?)ですね、きっと。
上の方に登っちゃうと肉眼ではよく見えなくなっちゃいますので。

ガラスをゴシゴシするキーパーさん。この日は新聞社の取材も入っていましたので、お掃除も入念?

Dsc_03501

初めて見る日本のお客さんを前に、キョロキョロと少し落ち着かない感じの女の子。

Dsc_02633

タレるときも、丸太で組まれた台の上であっち向いて寝たり、こっち向いて寝たり…
自分の居心地のいいポジションを探している感じでした。

Dsc_028421

後ろ姿。

Dsc_02411_2

舌長いね~

Dsc_030531

このコも男の子と一緒でギャラリーの前まで来て愛想を振りまいてくれます。

Dsc_054221

京都での暮らし心地はどうですか?

Dsc_070321

きっとこれから京都ZOOの人気者になってくれるでしょう。

で、上の女の子の一つ年上の先輩、古都(コト)はといえば・・・

屋内(バックヤード)と北グラウンドとの間のチューブ(空中通路)の中に閉じ込められていました ^^;

Dsc_030321

京都ZOOの展示場所は、北グラウンド、南グラウンド、屋内展示場の3つ。
そのすべてが埋まっちゃっているので仕方ないのですが、ちょっぴりかわいそうな境遇…(笑)

まぁ、当の本人はそんなこと気にもせず、チューブの中で笹をおいしそうにムシャムシャしていました。

Dsc_06651

真上から。細かい網のせいで顔がよく見えないのであります。

Dsc_06871_2

ん~、こんな写真しか撮れずにごめんなさい ^^;

この後、午後になって暑くなってきてからは屋内側のバックヤードとは出入り自由に。
涼を求めて(?)古都は中に入っていきました。

というわけで、メンバーが増えて賑やかになった京都ZOOのレッサーパンダ。
キーパーさんに今後の展示の仕方についてお話を伺ったところ、
・中国からの新しい2匹はしばらくはお披露目も兼ねて単独展示の予定。
・落ち着いたら、様子を見つつ、女の子の方と古都とはメス同士なので同居展示をしてみたい。
・繁殖期は、相性を見ながら、中国からの2匹の組み合わせ、古都と中国からの男の子との組み合わせで、ペアリングを試してみたい。
とのことでした。

新しい2匹にどんな名前がつくのか。この先、どんなパンダ模様が展開されるのか。しばらく京都市動物園のレッサーパンダからは目が離せなさそうです☆

***

京都市動物園は京都大学野生動物研究センターと連携協力して、動物たちの教育研究を行っています。
その研究の一端が展示室にポスター形式で貼り出されていました。

Dsc_03731

レッサーパンダの研究発表もありました!

Dsc_037221

一時期、過剰な毛繕いが見られた古都に対して、食事の量を増やしたり、寝室に巣箱を設置したりして環境を変化させることで、行動にどういう変化が見られるかっていう研究でした。
(写真はあえて上半分だけにしています。興味のある方はぜひ動物園でご覧くださいませ~)

***

動物園からの帰りはすぐ近くの「インクライン」(インクラインについてはこちら(国立国会図書館のページより)から)を歩いてみました。

Dsc_073021

新緑の中、線路の上をてくてくと。 気分は『スタンド・バイ・ミー』 ^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »