« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013/04/28

徳島の気になるカップル

撮影:2013年4月

四国に来たらここに寄らずには帰られません、とくしま動物園。
(最近、よくここに来ている気がする・・・)

あいかわらずかわいいソラっち。

Dsc_073221

そして、いつもシャキシャキなミンミン

Dsc_076121

さてさて、2匹の仲は進展したのでしょうか???

お昼寝中のソラ。

Dsc_03962_4

隅の角材にアゴをちょこんと乗せています。この格好が落ち着くのかな?

Dsc_03861_3

ミンミンはいつものように笹を口にくわえてせっせと運んでいます。

Dsc_04101

しばらくガジガジやってましたが、

Dsc_041821

飽きるのも早いです(笑) 笹を放り出して、視線は上へと。

Dsc_04201

エイッ!って木に跳び移って、一気に登ります。 ミンミンは運動神経も抜群。

Dsc_04222

ミンミンはソラが寝ている小屋に入りたいみたいです。 「ソラくん、私も入れてよ~」

Dsc_04261_2

ソラはそっとミンミンに場所を譲ってあげます。いつもほんとに優しいソラっち。さすが"日本一腰の低いレッサーパンダ"。

Dsc_04272

2匹のお家はギャラリーの真正面、それもすっごく近いです。みんな「かわいい~」って、大人気です。

Dsc_04351

どうも狭いお家の中、ミンミンがすぐ横にいたら落ち着かないのか、しばらくするとソラはすべり台の下に移動しました。

Dsc_04492_2

どんな場所でもどんな体勢でも寝られるソラ。 気持ちよさそう~ 

Dsc_04471

こちらはちょっぴりアンニュイな表情のミンミン。

Dsc_04521

爆睡している時間が長いソラに対して、ミンミンはあんまり長い時間は寝ない印象です。
少し寝たら、ヌクッと起き上がって、シャキシャキ活発に動き回っています。

ミンミン、後ろ足で背中をカキカキ。

Dsc_047121

ほとんど垂直に地面に顔を埋めるミンミン。何を発見したのかな?

Dsc_04911

この日、うれしいシーンを見てしまいました!
なんと、ミンミンが寝ているソラをペロペロと舐めているじゃありませんか~

Dsc_05132

ソラの背中をペロペロ、尻尾をペロペロ…一体、ミンミンに何が起こったのでしょうか?(笑)

ミンミンからの予期せぬ(?)スキンシップにソラもびっくり。

Dsc_05232

「ミンミンちゃん、いつもとキャラが違う…」 
ドキマギしながらもビミョーにうれしそうなソラっちなのでした☆

少しずつ距離は縮まっている・・・かな??? ^^;

~とくしま動物園、続きます~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/04/27

Wカイ@のいちZOO

撮影:2013年4月

池田ZOOでエサやり体験をした後は、瀬戸大橋で海を渡ってダーッと南下。
高知ののいち動物公園に閉園1時間前にすべりこみました。

のいちZOOでは、この春、新しいペアが誕生しました! カイ&カイです。

Dsc_03171

それまでカイちゃんとペアを組んでいた陸が1月に池田動物園に移動。その後、3月に市川市動植物園からカイくんがやって来ました。

※このブログでは、レッサーパンダを紹介するときは、親しみを込める意味で「○○くん」、「○○ちゃん」っていう敬称(?)はあえて付けていないのですが、のいちでは2匹とも「カイ」になっちゃったので、この個体紹介のように「カイくん」&「カイちゃん」と呼ばせていただくことにします。

屋外ではなく屋内展示でしたが、2匹の同居が始まっていました。

Dsc_028321

いつものことながら、のいちの屋内展示場はガラス面への写り込みが激しくて写真撮影が難しいです。。。

優しそうでお上品な顔立ちのカイちゃん。ほんとかわいいです。

Dsc_027121_2

一方のカイくん、初めまして! ですが・・・笹の影に隠れて寝たり、起きたり。よく見えないよ~

Dsc_032521

そんなカイくんにカイちゃんが近づきます。

Dsc_029121_2

お、カイくんが起き上がった? と思ったら、またこの後すぐに寝てしまいました。

カイちゃん、じーっとカイくんの方を見ています。

Dsc_029821_2

カイちゃんは寝ているカイくんにソーッと近づいてクンクン匂いをかいでみたり、触ろうとしてみたり。新しいお婿さんに興味津々な様子です。

カイちゃんも今年で8才。そろそろかわいい子どもを見てみたいな。

Dsc_030221_2

手をピーンと横にして毛繕い。毛繕い中も視線の先はカイくんです。

Dsc_031321

これまでペアを組んだレン(現:ズーラシア)、陸(現:池田ZOO)とはなかなか相性が合わなかったカイちゃん。今度こそ!です。

Dsc_031521

そういえば、茶臼山動物園にいるタイチ(カイちゃんと双子です)の様子も気になるところ。風鈴との仲はどうなんでしょうか???

・・・この後、閉園時間が近づき、カイちゃんはバックヤードに入っていきましたが、カイくんはその間もずーっと寝たまま。。。
(カイくんは市川でもよく寝るコだったのかな?)

あ~、今日はもうカイくんの写真は撮れないかなぁと思っていたところ…ヌクッと。
閉園時間10分前くらいの写真です。

Dsc_033121

市川時代、カイくんは動物園のホームページに「タヌキ顔」って紹介されていた気がするんですが(うろ覚えの記憶なので間違っていたらごめんなさい)が、確かに、顔も目も丸っこくて親しみのあるかわいい顔立ちです。

寝起きで不機嫌?ちょっぴり目つきが悪いカイくんです。

Dsc_034321

って、また寝るんかい!(笑)

Dsc_034421

残念ながらそろそろ閉園時間。かわいいカイくんが元気に動き回る姿を観察するのはまた今度来たときの楽しみに。

キーパーさんお話では、カイくん、まだ新しい環境に慣れきっていないけれど(先々週の話)、食事はちゃんと食べていて元気とのこと。
しばらく屋内展示を続けてゆっくり環境に馴染ませていきたいとのことでした。
のいちでは高知の暑い夏を考慮して、6~9月は屋外展示は行っていないそうなので、カイくんを屋外で見られるのはもしかしたら秋になるかもとおっしゃっていました。
キーパーさん、いろいろとありがとうございました。

***

この後は温泉に浸かって高知に泊。翌日は吉野川沿いを上流から下流へと地道の国道を走って、徳島へ。

Dsc_035621

Dsc_03781

Dsc_038521

クルマの運転が大好きなので、よくドライブ旅行に出かけています。
旅先では、よほど急いているときでなければ、高速道路ではなく地道(下道)を走っています。
高速代が浮くという現実のメリットもありますが、好きな音楽を聴きながら、地道を走って、その地の風景や空気を肌で感じるのが好きなんですよね。
ふと目に入った名所やお店とかにもさっと寄り道できますし。
最近はドライブの目的地に動物園が加わった感じです。(次の行き先の徳島でも ^^; )

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/04/21

仲良しファミリー@池田ZOO

撮影:2013年4月

池田動物園のレッサーパンダ放飼場に新たな遊具が出現!

Dsc_00491

この日はまだ"工事中"でしたが、東側の陸&フィンフィンの放飼場に現れたのは「見晴らし台付きジャングルジム」。
(工事中のため資材等が放飼場内に置かれていたせいで、この日は陸&フィンフィンの展示はお休みでした。)

Dsc_00561

今は既に完成していて、一番上に「見晴らし台」が設置されているようです。
この新しい遊具がきっかけで、陸とフィンフィンとの距離か縮まるといいな。

向こう側に見える西側放飼場のリニューアルしたスカイウォークとあわせて、ちょっとした要塞(?)のような楽しい雰囲気が漂います。

ちなみに、これ全部、キーパーさんの手造り(!)なんだそう。すごいです。

前回記事のエサやり体験イベントといい、ハード・ソフトともに進化が止まらない池田ZOOです。

***

西側放飼場のいつもの仲良しファミリーの様子。

スカイウォークの上から顔を出す大地 ↓ ファミリーの大黒柱です。

Dsc_002921

大地はこうやって舌を出している場面をよく見ます。

笹ウマウマ~な大地。

Dsc_01261_2

大らかで優しい雰囲気がにじみ出ているひより

Dsc_008721

スカイウォークの上で熱心に毛繕い。

Dsc_008921

ひよりはちょうど換毛期のようです。写真にも少し写っていますが、毛繕いすると抜けた毛が風で飛んでいくのが見えました。

あいかわらずかわいい若きお母さんです。

Dsc_01851

そして、大地とひよりのひとり娘、しずく

Dsc_003921

涼しげで凛々しい目は大地似ですね。毛の色はひよりに似た感じですが、ひよりよりもさらに白いです。
モコモコの体は誰に似たのかな?(ただの食べ過ぎとの噂も ^^;)

大あくび~

Dsc_00631

映画のワンシーンのようなキスシーン(笑) 大地としずくです。

Dsc_01031

そしていつものように父と娘のプロレスごっこが始まります。

Dsc_01061

ステージを地面に移して寝技の掛け合いです。もうぐっちゃぐちゃ(笑)

Dsc_01171

ボールは友だち、しずくです。 こういうの見るとまだまだ仔パンダだなぁと思いますね。

Dsc_015621

寝転がって木の切れ端(?)をガジガジ。

Dsc_01471

立って笹をムシャムシャ。気が付けば何かを食べている、とにかく食いしん坊なしずくです。

Dsc_021921_2

スカイウォークの上で家族そろってのお昼寝シーン。左から大地、ひより、しずく。

Dsc_00761

ここのファミリーはいつもほんとに仲良し。見ているだけでほんわかした気分になれます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/17

夢の体験@池田ZOO

撮影:2013年4月

レッサーパンダにリンゴをあげて、頭をなでなで・・・池田動物園でそんな夢のような体験をしてきました。

1

これです! 4月から始まった「レッサーパンダのエサやり体験」。

Dsc_00991

平日の月・金曜日だけのイベントなのですが、仕事をほったらかして(休暇を取るという権利を行使して(笑))参加してきました。

先着2名だけのプレミアムチケット(?)なので、当日は開園時間までに到着するつもりでしたが、平日朝の高速道路の混雑具合を完全に読み誤って、池田ZOOに着いたときは既に開園時間を過ぎていました。
ヤバッ!と思ったのですが、運良くまだチケットは売れずに残っていてゲットできました。

では早速、レポート。
(~以下はすべてコンデジで撮った写真です~)

まず放飼場に入る前に準備が3つあります。

①キーパーさんが着ているのと同じ青色をしたジャンパーを羽織ります。
②靴にビニール袋をかぶせて足首のところで輪ゴムで止めます。
③手を消毒します。

①はレッサーパンダの警戒心を少しでも和らげるためと思われます。
あとは、エサをあげる人間側ができるだけ目立たないようにっていう配慮もあるのかもしれません。ギャラリーの方にとっては、主役はあくまでもレッサーパンダですからね。

②と③は感染症等に弱いレッサーパンダのことを考えての措置ですね。参加者が変な菌を持ち込んでもしものことがあったら大変です。
ちなみに②はこんな感じになります↓

1131_2

準備が終われば、キーパーさんと一緒にいよいよ放飼場の中に。
(この日のキーパーさんはいつもの主担当の方ではなく代番さんでした。)

121

いつも柵越しに見ているこの放飼場に入れる日が来るなんて…感激です。

リンゴが5切れほど入ったミニバケツをキーパーさんから受け取って、それを自由なペースでレッサーパンダにあげていきます。
ただし、食事の量はきちんと管理されているので、あげられるのは特定の1匹にだけ。
この日、管理人はひよりの担当になりました。

ひよりです。今日はよろしくね。 それにしても近い!

131

リンゴを前に「早くちょーだい!」って舌舐めずり。 かわいすぎです。
もともと人懐っこいタイプのひよりですが、青いジャンパーでニセ飼育員に扮した管理人にもグイグイ迫ってきます。

リンゴを差し出すと、パクッってくわえてくれます。

141

リンゴを片手に持って、丸太の上でかがんで食べるのがひよりのスタイルです。

151

ちなみに放飼場の中では写真は撮り放題。
そしてなんと、レッサーパンダに触るのもOK!です。
リンゴを食べているときは警戒心がユルユルなので、なでなでしても全然嫌がりませんでした。
レッサーパンダを触ったのは茶臼山のロン以来2回目です。

ひよりにリンゴをあげていると・・・食いしん坊のしずくが足元に寄って来ました!

161

「リンゴ、ちょーだい!」
片手にまだ食べかけのリンゴを持っているのに、なんとまぁ欲張りな(笑)

普段は目が小さなしずくですが、リンゴを前にすると目の大きさが2倍くらいになりますね。
父の大地似だと思っていましたが、こうやって上から見ると母のひより似なところもあるかも。

そして・・・なんと!足を登って来ました!

171

いやはや、びっくり&感激でした。まさかこんな体験までできるなんて。うれしすぎです。
しずくもひよりと一緒で警戒心はほぼゼロですね。
ちなみに爪はやっぱりチクリと痛かったです(笑) 

こんなふうにおねだりされたらついついしずくにもリンゴあげたくなっちゃいますが、そこはじっと我慢。
この日のじすくへのエサやり担当はキーパーさんです。

キーパーさんにコラコラ~って怒られる(?)しずく。 「ん? そっち?」  

181

ということで、しずくはキーパーさんからリンゴをもらいます。

191

こうやって両手でリンゴを抱えて、立って食べるのがしずくのスタイルです。

201

「おいしー!」 おっさんみたいな表情ですが、一応、若い女のコです  ^^;

211

ん? ところで大地はどこへ行った?
・・・遠くからしょんぼりとこの様子を眺める大地(笑)

221

大地は警戒心が強いタイプで、リンゴタイムのときはここから下には降りて来ないんですね。
謎の侵入者がいるから警戒しているわけではなく、普段からこうなんです。
リンゴが欲しくてたまらないのに、下には降りられない。ってことで、この場所から切ない表情でじーっとこっちを見ている大地なのでした  ^^;
(ちゃんとこの後、この場所でキーパーさんからリンゴをもらっていました。)

キーパーさんからのリンゴを完食したしずく。またもや飛びかかって来ました!

231

視線の先は右側に写っているミニバケツ。この中にリンゴが入ってるんです。
ごめ~ん、しずく、これはママの分なんだよ。

しずくはリンゴ食べるのがめちゃめちゃ早いです。ひよりが1つ食べている間に2つか3つくらい食べています。 

ひより、立ち上がって「リンゴちょーだい!」  

241

足元にはしずく。しずくはひよりが食べているリンゴを平気で取ろうとする全く油断ならないヤツです ^^;

ひよりもリンゴを完食。今日はありがとう。

251

しずくはまだ満足できず何か食べ物が落ちていないか探していますね。

・・・いや〜ほんとに夢のような体験でした。
(写真が残っているのできっと夢ではないはずです(笑))
放飼場に入れてもらっている間、きっとずーっとニタニタしていたんじゃないかと思います(汗)
キーパーさん、ありがとうございました!
こんなイベントを企画・実現してくださった池田ZOOに感謝です。

レッサーパンダファンの皆さん、これはぜひ一度体験してみる価値アリです。
実施日が平日の月・金なので、働いている方が参加するにはややハードルが高いかもしれませんが、休み取って土・日とくっつければ3連休。遠方の方も旅行がてら参加しやすい曜日設定になっていますよ ^^

~池田動物園、続きます~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/04/10

チーム天王寺の面々

撮影:2013年3月

先々週末、みさき公園の帰りに天王寺動物園に寄り道しました。

久々のチーム天王寺の面々。まずは古参のパンパンおばあちゃん↓

Dsc_11501

(天王寺のレッサーパンダ屋外放飼場は全面ガラス貼りになっているため、ガラスを通しての写真撮影となります。一部写り込み等がありますがご了承くださいませ。)

1994年茶臼山生まれのパンパンは今年で19才。
関西の動物園の中では京都の茶々おじいちゃん(今年20才)に次ぐ長寿レッサーパンダです。

歩き方はゆったり、のんびりですが、まだまだ元気いっぱい!

Dsc_12201

眼光鋭く、放飼場を歩き回っていました。いつまでも長生きしてほしいですね。

Dsc_144521

続いて、上野動物園からやって来てもう1年、すっかり天王寺に馴染んだ感のあるテンテン

Dsc_117321

テンテンはどうも換毛中のようですね、なんだか随分とスリム(っていうのかな?)に ^^;

Dsc_120521

テンテンといえばモコモコのイメージなので、ちょっと違和感アリです(笑) 早くモコモコが復活するといいね。

以前、最初にテンテンを見たときに、「フィンフィン(@池田動物園)に似てる!」って思ったんですが、実はテンテンとフィンフィンは従兄妹同士なんですよね。

Dsc_130021

テンテンの母リンリン(@とべ動物園)。フィンフィンの母ファンファン(@多摩動物公園)。この2匹が双子姉妹なんです。

ちなみに…↓池田動物園のフィンフィン(2013年3月撮影)。 この角度で見たらやっぱりよく似てるわ~

Dsc_0669211

真ん丸で親しみのある顔立ちのフィンフィン、ギャラリーにも一番人気っぽい感じでした。

Dsc_120921

そして、チーム天王寺のキャプテン、言わずと知れたシュウナ

Dsc_123921

目の周りが黒くてキリリとした顔付き。 テンテンとはあまりにも違うビジュアルです(笑)
シュウナは換毛しないタイプなのかな? 毛並みがとってもきれいです。

日本平動物園で生まれたシュウナ。
天王寺に嫁入りする前のシュウナの様子が、日本平のホームページから読むことができます。
でっきぶらし 175号(2007年04月) レッサーパンダ「シュウナ」のお嫁入り
母ナラ(すでにお星様)のシュウナへの愛情のくだりはちょっとした感動モノです。

Dsc_133521

屋内展示場でタレるシュウナ。半開きの目とペロっと出した舌がかわいいね。

Dsc_11771

今年の恋のシーズン、テンテンとはどうだったのかな? 

Dsc_139921

テンテンとシュウナの子どもってどんな感じになるんでしょうね、ちょっと想像が付かないですが、ぜひぜひ見てみたいです。

天王寺の面々、みんなマイペースな感じで、あっち行ったり、こっち行ったり、気持ちいい春の午後を楽しんでいる様子でした。

***

天王寺動物園の残念なところ・・・それはレッサーパンダのネームプレート(個体紹介の掲示)が無いことです。
パンパン、テンテン、シュウナ。それぞれ生まれた動物園でちゃんと名前を付けてもらったのに、天王寺では、一般の来園者の方には、名前はおろか、性別も、年令も分からないんですよね。
簡単なネームプレートならパソコンがあればほとんど時間もお金もかけずに作くことができるはずなんですが…
っていうか、もう自作して持って行って、勝手に貼ってしまいたいくらいです(笑)
動物園の方。それぞれ個性のあるレッサーパンダたちをぜひ名前入りで紹介してあげてください。どうかよろしくお願いします m(_ _)m

***

「アジアの熱帯雨林ゾーン」のバックに見えるのは、高さ日本一(300m)となる超高層ビル「あべのハルカス」。

Dsc_13551

あべのハルカスは、ホテル、オフィス、美術館、百貨店などが入る予定の複合施設。
2014年春のグランドオープンに向けて、着々と整備が進められています。

あべのハルカスが新しいランドマークだとしたら、昔からのランドマーク(?)はこれ、通天閣。園内からもよ~く見えます。

Dsc_13461

園を出た辺り一帯は大阪の中でも指折りのディープスポット。

Dsc_11381

コテコテの濃縮された大阪が味わいたい方はぜひ天王寺へ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/07

春のみさき公園

撮影:2013年3月

みさき公園のレッサーパンダ、紅一点のコウセイ

Dsc_093821

やんちゃそうなコウコウ&フウフウに比べると優しい顔立ちをしているコウセイ。
でも、みさき公園HPのスタッフブログによると、結構気が強い性格のようです ^^;

Dsc_094421

ところで、「コウセイ」っていう女の子っぽくない名前にはちょっとした逸話が。
コウセイは、ズーラシアで2000年に生まれたときは男の子だ思われていたそうなんですね。
で、名前の由来は、その年に開かれたシドニーオリンピックの男子柔道金メダリスト、井上"康生"(!)なんだとか。
その後、「婿」入りしたはずのひらかたパークで、なんと実は女の子でした!と判明。
ですが、慣れ親しんだ名前はそのままに。ということのようなんです。
2011年にみさき公園に来てからも、もちろん「コウセイ」です。
男子パンダにもつっかかっていくという強さは、まさに"康生"かもしれません(笑)

東屋の屋根の上から何かを見つめるコウセイ。

Dsc_095121

この春はフウフウとの交尾も確認されたとのこと、今年で13才なので繁殖はギリギリの年令かもしれませんが、いいニュースが聞けるといいな。

Dsc_096421

最長老のヨウヨウは屋内展示でしたが、ガラス面への写り込みが激しく、まともな写真が撮れませんでした。。。代わりに個体紹介ボードを載せておきますね。

Dsc_08711

みさき公園スタッフブログによれば、ヨウヨウは気が弱いタイプのようで、高齢なことにも配慮してでしょう、ストレスにならないように今は他の3匹とは分けて屋外・屋内の入れ替えをしながら展示をしているようです。

屋外組の無理やり3ショット。 奥から順に、カメラ目線のフウフウ、毛繕い中のコウセイ、お昼寝中のコウコウです。

Dsc_110821

コウコウとフウフウ。やっぱり双子の仲良し兄弟、近くにいることが多かったです。

Dsc_11231

そろそろ"おじいちゃん"の年令ですが、こんなふうにいつまでも仲良く元気に暮らしてほしいですね☆

***

動物たちのバックにはたくさんの桜が。

Dsc_09281

この時期ならではの風景ですね。

Dsc_10921

園内、少し歩けば大阪湾が一望できます。 ん~、それにしてもいい天気だ。

Dsc_09991

イルカショーも楽しんできました。

Dsc_103721

イルカたちの頭の良さと運動能力の高さにはほんと感心! 素晴らしいパフォーマンスでした。 

Dsc_100121

イルカはやっぱりかわいいですね~

初のみさき公園でしたが、春らしい陽気とたくさんの桜の下で、まったり楽しい時間を過ごせました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/04/05

桜とレッサーパンダ

撮影:2013年3月

3月最後の週末、快晴の青空の下、みさき公園へ行ってきました。

Dsc_08341

大阪府の岬町にあるみさき公園、初めての訪問です。

みさき公園は鉄道会社(南海電鉄)が経営するレジャーランドで、動物園と遊園地、それから夏にはプールもあります。

関西では、USJのオープン後、少子化の影響などもあって、この手のレジャーランドの多くは廃園になってしまいましたが、いろんな努力・工夫によって、みさき公園の経営は今も順調なようです。
そういう意味ではタイプ的には京阪電鉄が経営するひらかたパークに近いかもしれませんね。

みさき公園は住所こそ大阪府ですが感覚的にはほとんど和歌山県(実際、和歌山県との県境に位置しています。)。
管理人の自宅からだと軽く2時間オーバーコースです。

もともと、「レッサーパンダもいるみたいだし一度行ってみたいな」と思っていたみさき公園ですが、この時期に訪れようと思ったのは、ここが桜の名所と知ったからです。

園内は・・・噂に違わぬ見事な桜でした! 

Dsc_09801

遊園地エリアも至るところに桜が。

Dsc_10671

8分咲き~満開といったところ。お花見客もいっぱいでした。

Dsc_10681

レッサーパンダ舎の周りにも桜の木がちらほら。

Dsc_09171

みさき公園には現在4匹のレッサーパンダが暮らしています。

Dsc_10821

年令順に、ヨウヨウ(♂。1995年ひらかたパーク生まれ)、コウコウフウフウ(♂の双子兄弟。1999年ひらかたパーク生まれ)。ヨウヨウとコウコウ&フウフウは兄弟でもあります。
そして、コウセイ(♀。2000年ズーラシア生まれ)。コウセイは2011年までひらかたパークにいたんですが、その後、みさき公園に引っ越して来たようです。

ん?個体紹介ボード、1匹足りないぞ?
実は「おとこのこ」3匹の右側には、もともと紅一点、コウセイの紹介ボードが貼ってあったそうなんですが、飼育員さん曰く、「強風の日に飛んじゃいました~」とのこと。
新しいの早く作ってあげて!^^;

ということで、みさき公園のレッサーパンダはすべて20世紀生まれ(?)のアダルティな面々です。

今日はコウコウ&フウフウの双子兄弟から。東屋の中で笹をムシャムシャしているのは…

Dsc_08491

コウコウ(光光)です。やんちゃそうなかわいい顔立ち。

Dsc_084521

コウコウ、東屋の屋根にも登っちゃいます。

Dsc_085221

しばらく屋根の上でウロウロしていましたが、再び笹のところへ。
今度はフウフウ(風風)(手前)も一緒にムシャムシャと。

Dsc_085921

七夕生まれの双子兄弟、生まれた時からずっーと一緒だけあって喧嘩もせずとても仲良しな感じでした。

Dsc_09151

今年で14才ですが、繁殖のための移動(異動)が頻繁に行われるレッサーパンダの世界において、双子パンダが生まれた時からこれだけの長期間、一緒に暮らすのは相当珍しいんじゃないかと思います。
他には、秋吉台生まれ、現:日本平のアーヤ&アーニャ姉妹くらいじゃないでしょうか。

フウフウ&コウコウ、東屋を出て行動開始です。

Dsc_087821

フウフウ(手前)は換毛中なんでしょうか、コウコウに比べると毛が薄い感じでした(特に背中の辺り)。
でも、毛並みの違いのおかげで初見でも2匹を見分けることができました。

フウフウです。春の新芽でもかじっているのかな? タンポポやオオイヌノフグリが春を感じさせます。

Dsc_088321

コウコウもしきりに地面の草をクンクンしています。

Dsc_088721

コウコウ、丸太の上をお散歩。フウフウに比べると毛並みが綺麗です。

Dsc_09051

フウフウ、東屋の中で毛繕い。 気持ちよさげに後ろ足で体をかきかき。

Dsc_09141

今週末は「春の嵐」だとか。。。桜も一気に散っちゃいそうですねぇ。

~みさき公園、続きます~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »