« 杜の都のレッサー | トップページ | 跳ぶレッサー »

2012/08/29

姫路セントラルパークの時計台

8月26日(日)の新聞記事です。

姫路セントラルパーク: 遺志伝える時計台 交通事故死職員しのび設置
毎日新聞 2012年8月26日 兵庫県 播磨・姫路版 

昨年、姫路セントラルパークの新人職員さんにこんな悲しい事故があったんですね…

小さい頃からレッサーパンダの飼育員に憧れ、努力してやっとその夢が叶うときがきた矢先に・・・言葉がありません。

でも、きっと今頃天国でレッサーたちのことを温かく見守ってくれていることでしょう。

レッサーパンダ舎横に立てられた、元職員さんの夢と遺志の詰まった時計台。
もし姫路セントラルパークを訪れた際には、しっかり見てこようと思います。

<追記>2012.12.12
11月中旬、姫路セントラルパークを訪れました。
時計台はレッサーパンダ舎のすぐ横に立っていて、レッサーたちを温かく見守っていました。(一番上にはかわいいレッサーパンダの姿も)

Dsc_04841
上の新聞記事へのリンクが切れていましたので、別のページにリンクしておきますね。


亡き職員に捧ぐ 姫路セントラルパークに時計台
ネットメディアひめじ

|

« 杜の都のレッサー | トップページ | 跳ぶレッサー »

レッサー徒然」カテゴリの記事

コメント

たまたまセントラルパークの記事を見てたら、たどり着きました!!
記事を書いていただき、優しい言葉に感謝しかありません。
もう、3年も前のことですが、こう言った形で残していただける
のは嬉しい限りです。

本当に夢が叶う寸前でしたから、残念でなりません。
雅人は自分にとって、ハトコの関係で子供のころから当たり前に
居た子だったので本当にショックでした。
でも、色々な形でたくさんの人が見守ってくれていると思うので
嬉しいです。


記事本当にありがとうございます。

投稿: あろんそ | 2015/10/23 14:06

あろんそさん。
はじめまして。
まさかご親戚の方からメッセージをいただけるとは思ってもいませんでした。
温かいお言葉に胸が熱くなりました。本当にありがとうございます。

レッサーパンダの飼育に憧れて飼育員になられたという雅人さん。
夢がまさに叶おうとする直前での突然の不慮の事故・・・
ご本人の無念さやご親族の悲しみを思うと言葉が出てきません。
でも今はきっとこの時計台から、愛してやまなかったレッサーパンダをはじめ、姫路セントラルパークの動物たちを目を細めて優しく見守ってくれているはずです。

記事によると雅人さんは広島県のご出身とのこと…
雅人さんが勤務されていた2011年、姫センではレッサーパンダの双子兄妹が生まれたんですが、そのうち兄の「トロリ」は現在は広島(安佐動物公園)に移動しており、今年、めでたくお父さんになりました。
なんだか不思議なつながりを感じてしまいます。
きっと雅人さんも喜んでくれているんじゃないでしょうか。

投稿: SHIN | 2015/10/24 22:40

お返事ありがとうございます!

貴重な情報ありがとうございます。安佐動物公園にレッサーパンダが
移動していたの知りませんでした。
本当にSHINさんのおっしゃる通り、不思議なつながりが
あるように思えます。
自分の実家からも近いので行ってみようと思います。


本当にありがとうございました。

投稿: あろんそ | 2015/10/28 00:02

あろんそさん。
あろんそさんのご実家も広島だったんですね。
姫路セントラルパークで誕生した「トロリ」は2013年に安佐動物公園に移動して今や立派なお父さんです(^-^)
もしも帰省された際には、かわいい双子ベビー共々ぜひ会ってあげてください。
※今月から赤ちゃんの公開が始まっています。
http://www.asazoo.jp/event/news/animal/3038.php
安佐ZOOには私もしばらくご無沙汰しているので、今年中には一度訪問したいと思っているところです。

投稿: SHIN | 2015/10/28 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113034/55536396

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路セントラルパークの時計台:

« 杜の都のレッサー | トップページ | 跳ぶレッサー »